本のご紹介

October 27 [Wed], 2010, 21:42

昨日、お仕事帰りに本屋さんへ立ち寄り買ってしまった本。
もちろん大好きなお山の本ですが、こちらはイラストの要はマンガ本です。
鈴木みきさんというイラストレーターの方が書いた山の本です。
『あした、山へ行こう!』が山雑誌に紹介されており、それだけを買いに行ったら実はもう1冊『悩んだときは山へ行け!』が去年にも出されていたようで見つけてしまったので思わず2冊をまとめ買いしてしまいました。

昨夜は『悩んだときは山に行け!』を読破しました。
マンガなのでとても読みやすいですし、くすっと笑ってしまうギャグ漫画(←っぽい…)なので面白いです。
そして今夜は『あした、山へ行こう!』を読破しました。

そう!
そうなんですよ!
山に行く理由はそこなんです!

と声を大にして叫びたいくらい同じなんですねぇ。。。
なんだかモヤッとしてストレスやら悩み事があるから山へ行くのです。

なぜ山なのか?

現実逃避です。
山はとても静かで、鳥のさえずりも虫の羽音も木々のざわめきも自分が踏み歩いているその音も息遣いも鮮明に聞こえてくるのです。
特にひとりで登っている時などは、途中で立ち止まると何も聞こえない不思議な感覚になります。
昔、その時に働いていた会社の会長さんが趣味でダイビングをやっていたのですが、ダイビングの良さをこう語っていました。

ダイビングしてるとね、呼吸が苦しくなるんだけど、それが何も考えなくていいんだよ。
携帯も出なくていいし、仕事から解放されるんだよ。

山も似た感じなのかな。
登っている時は息が切れて苦しくて、日々の嫌なことだったり悩み事だったり考えてなんかいられないのです。
だけど立ち止まると自然な音以外は聞こえない世界で時がゆっくりと動いているような、自分だけの自分のペースで時が動いているような、そんな感覚です。
頂上を目指すと言う1つの目標は必ずあるので、達成感もありますし、山頂からの景色はそれまでの登りの苦しさがあるからこそ感動の気持ちを更に増幅させるのです。
自分の悩みがちっぽけに思えてくるのは当たり前ですよね。
そして無事に下山できたらまたそこでひとつの達成感。
ひとりで山に登れたことも嬉しくなるのです。
もちろん友達と行けばその楽しさも共有でき、ひとりでは味わえない楽しさがあります。
きっと、毎日がとても幸せで満足した日々を送っていたなら山へ行こうとは思わなかったのかもしれません。
山に行くことは精神安定剤のようなものなのかもしれません。
でもみなさんも運動した後はすっきりサッパリしませんか?
山はその感覚が何倍も大きく味わえるのです。
そりゃハマりますよ!(笑)
なんだか最近眠れないな…とか、モヤモヤしてイライラして自分がイヤ!とか、そんな方は山へ行けば解消できますよ!
人によっては…かもしれませんが。。。
山へ行けば疲れて夜はぐっすり、素敵な景色とのご対面にうっとりで心も晴れるし、体力もつきますし、小旅行した気分にもなれるのでいいこと尽くめです。

山へ行ってみようかな〜なんて思ってくれた人は是非一緒に行きましょう!
大歓迎です!
山友募集中です!

例えばですが…
私をデートに誘いたい!なんてモノ好きがいたらの話ですが…
山に行こう!と誘ってくれれば可能性がずば抜けて上がります(笑)
飲みに行こう!なんかより全然乗っちゃいます!
そのくらい山が好きです。
私と遊んでくれる方、ぜひ山へ!!

山だらけ

October 25 [Mon], 2010, 20:34
最近は寝ても覚めても山のことを考えています。
山へ行く為の日々。
お金の使い道も山関係。
自分でもビックリするくらい飲みに行かなくなりました。
少し前まではあんなに飲んで騒ぐのが日課だったと言うのに…。
飲み代にお金を使うくらいなら、山グッズを買い山へ行く時にお金を使いたい!
と思うようになったのはやはりあの時から…。

そうです。
憧れだった燕岳へ行き、その素晴らしい景色をこの目で見てしまったからです。

あの時から私の頭の中は山だらけになってしまいました。
雑誌を買うのも山の本。
ショッピングもアウトドアショップ。
暇さえあれば山のガイドブックを見、山の地図で妄想をし、毎週末のお天気が気になると言う毎日を送っております。
おかげで色々な山の名前を覚えました。
登ってみたい山も増えました。
妄想が膨らみ過ぎて耐えられない!!(笑)

思えば最初に山に興味を持ったのは前にお付き合いしていた彼が山好きだったからです。
簡単に登れる2000m級の山へ連れて行ってくれ、そこから少しずつ登るようになったのです。
残念ながら別れてしまった後は山へ行く機会もなく、最近まで山への興味も少し薄れていました。
しかし今年はよく遊ぶお友達が山に興味を持ってくれた為、再び山心が復活したのです。
お友達は小さい頃に山好きの親に連れられて何度も山登りをしていたそうなので、山の経験は私よりも断然上です。
大人になってから久々に登ったとは言え、教わることは数知れず。
いつもスパルタな隊長に必死で着いて行きます。
そんな週末が続き、山への自信も少しずつついてきたので、今年は冬山に挑戦してみようかな!と考え始めてる始末です。

冬山は危ない!!

このことだけは忘れず、少しずつレベルアップできたらと思います。
ソロ山登りも安全にできるよう、これからも精進し楽しみながら素晴らしい景色に会いに行きたいと思います。

山のせいで飲みのお誘いをかなり断っていると思いますが、たま〜にはお付き合いしますのでお友達の皆さま、愛想を尽かさずにいてくださいね☆

本日の山行き延期

October 24 [Sun], 2010, 10:42
本日は八ヶ岳へ行く予定でしたが、お天気が悪そうなので延期にすることにしました。
とても楽しみにしていたのですが、お天気が悪いのは仕方ありません。
雨に当たって体が冷えて辛い思いをするかもしれないし、同時に危険を伴いますから。

と言うことで、本日はゆっくりのんびり山研究でもしようかと思います。
本当はアウトドアショップでも見て回ろうかとも思いましたが、それも雨に降られると嫌なので…。
ただの面倒臭がり屋なだけかもしれませんが(笑)

早く秋雨時期が終わってほしいですね。
来週は降水確率0%の文句ない晴れを期待しつつ今週は体を休めます。

どうか晴れますように…☆

秩父へお散歩

October 23 [Sat], 2010, 19:31
私のブログを見て心配になって電話やメールをくれたお友達が何人かいました。
もう少し落ち着いたらお話させていただくので、今は自分の中で生理整頓させてくださいね。
でもとても嬉しかったです。
ありがとう。

さて、本日は弟と秩父へお散歩小旅行に出かけました。
池袋から特急秩父号で。


この特急に乗るのは本当に久しぶりです。
小学生途中までは毎年夏には児童館の旅行で秩父まで遊びに行ってましたが、あれから何年経ったことでしょう。
秩父と聞くとあの頃を思い出します。
児童館では夏は秩父へ川遊び、冬は新潟へスキーと言うのが定番でした。
子供だけではなく親も一緒に行くので安心でした。
なので今でも親同士の仲が良くたまに集まったりしているそうです。
秩父では毎年同じ民宿に泊まるのですが、そこにある漫画を読んだり腕相撲大会をしたり目の前に流れる川へ水着を着て遊びに行ったり夜はみんなで花火をしたり…。
新潟のスキーでは1回変なコケ方をして膝を負傷したこともありましたね。
とても楽しい幼少時代を過ごしました。

そんなことを思い出しているとウトウトとしてきてしまい気がつくと次は西武秩父駅でした。
そこからまた乗り換えです。


秩父駅に隣接する仲見世通りを通り抜け2、3分歩くと秩父鉄道の御花畑駅があります。
名前が可愛らしいですよね。


2つ先にある浦山口駅まで行く為に乗り換えです。
ふと見てみると私達が乗る電車のすぐ後にSLが通るみたいです。
浦山口駅でSLが通り過ぎるのを見てみることにしました。


浦山口駅は停車駅ではないので通り過ぎるだけ。
なのでホームの1番端まで行き鉄ちゃんのようにカメラを構えて撮りました(笑)
SLは決まった日に1日上りと下りで1本ずつしか運行されないそうなので、偶然見られた私達はラッキーでした。

そしてそのままキャンプ場のある川へ行くことにしました。
案内板を頼りに駅からはほんの数分。
途中で見かけた鳥居。


かなり上の方まで伸びていますが急坂なので下から撮影するだけに…。
そしてそのまま進みキャンプ場へ行ってみると…

あれ?
通行禁止??

ロープが張られ通行禁止の札がかかっているではないですか。
弟と相談した結果、通行することにしました。
キャンプをするわけではないし、川で少し遊ぶ程度なのでいいでしょう。
きっとシーズンが終わったので勝手にキャンプやBBQをしない為に通行禁止にしてるのだとは思いますが、でしたらキャンプ場の案内板にその旨を書いておいてほしいものです。


川の水がとってもキレイ!
人気もなく(通行禁止なので当たり前ですが)のんびりできます。
今回目的の水草探しをしなければ!!
しかしどこを探してもありません。
魚はいますが水草はなし。
苔が生えている小石1つと、水草かもしれない草を1本だけ持参したビニール袋に入れ持って帰ることに。
やっていることが小学生並みですが、そんなことがまた楽しかったりするのです♪
他の川も行き、橋の上から眺めてみましたがそこにも水草らしきものは見当たらず、これだけで帰るのもつまらないので鍾乳洞へ寄ってみることにしました。

山の中を少し進み、巡礼道を歩き、秩父札所28番の橋立堂に橋立鍾乳洞があるようです。


なんだか後ろの岩が崩れてきそうですごいところです。
特に巡礼しているわけではないので手も合わせずそのまま隣接する鍾乳洞へ。


ここでひとり200円を払い中へ。
中は写真撮影禁止なのでそれはちゃんと守ります。
ですが、想像していた鍾乳洞とは違っていて大変!
今まで行ったことがある鍾乳洞は中が結構広くてひんやりしていてそれなりに楽しめたのですが…。
そこは入り口からしてとても狭く、私も弟もザックを背負っていたので屈みながらの見学。
階段もかなりあり、狭いうえに階段をよじ登りゆっくり見ることもできずアスレチックの競技をしているかのようです。
漸く外に出ることができたと思ったらそこはさっき写真に撮っていた大きな岩の上でした。
あの岩の中が鍾乳洞だったんですねぇ〜と感心することもできないくらい運動不足の弟は疲れていました(笑)
帰りは無口な弟…。
疲れた…眠い…と言いながら再び西武秩父駅へ戻りました。


行きからずっと見てきた武甲山。
秩父の他の山と比べるとひときわ目立つ山でした。
近々登りに来るか!と写真を撮っておきました。
武甲山帰りの登山者とも何人かすれ違っていたので気になっていたのです。
いつ登るかな…。
楽しみだな〜。

そんなことを考えながら秩父駅の近くにあったファミレスに弟と入り遅めのお昼ご飯。
本当はご当地の料理を食べようかと弟と話していたのですが、探してみても蕎麦ばかり。
秩父は蕎麦が有名なんでしたっけ?
蕎麦だったら他のが食べたいね〜と結局ファミレスへ。
お腹いっぱい食べた後、秩父号に乗り帰路へ。
帰りの特急の中でもウトウト。。。
気付くと池袋でした。

運動不足の弟。
今日1日お疲れ様でした!

この1週間

October 22 [Fri], 2010, 21:00
特に何もなく過ごした1週間。
しかし考えたり悩んだりすることはたくさんあった1週間。
明日は気晴らしに弟とふたり、仲良く川遊びに行こうかと思います。

この時期に川遊び?

と思う方もいらっしゃると思いますが、紅葉が綺麗だったりするのではないでしょうか。
先週の土曜日に金魚好きな弟と熱帯魚屋さんへ行ったのです。
恐らく近辺では1番大きなお店ではないでしょうか。
もちろん熱帯魚だけではなく金魚や爬虫類や水草なども取り扱っています。
そこで目にした水草がとても可愛らしくて探しに行くことにしました。
恐らく見つからないとは思いますが、川遊びも兼ねて楽しそうだなと思いまして…。
今日お仕事から帰る時にふと思い立ったことなので、夕飯時に弟に提案してみたところ行くことになったのです。
明日はお天気も良さそうなので楽しみです。
因みに爬虫類の類も好きな私なので、先週行った熱帯魚屋さんはとても楽しかったです。
店員の女性とカエルの話で盛り上がりました。
カエルは両生類ですけどね。

それでは…。

瑞牆山トレッキング

October 17 [Sun], 2010, 17:50
本日も山へ行ってきました。
実は1時間くらいしか睡眠を取っていなかったので、少し心配でしたが…。
今回は目標を決めていたので頑張りました。
行ってきた山は “瑞牆山” です。
標高は2230.2mです。
そして今回も百名山です。
紅葉を楽しみにして行ったのですが、まだ色づき始めと言ったところでしょうか。
見ごろはまだまだのようです。
参考コースタイムは5時間です。
本によっても6時間だったり4時間40分だったりと同じコースでも参考タイムは違って紹介されているので当てになりません。
なので昭文社から出ております “山と高原地図” でのコースタイムを参考にしています。

さて、瑞牆山荘駐車場登山口をAM6:20に出発。
歩き始めは緩やかでした。
そのまま進みひと登りすると富士見平小屋です。
ここは以前登った金峰山との分岐点になります。
休憩はせず、そのまま進みます。
その途中で撮った写真。


少し見えずらいですが、これから向かう山頂です。

暫くすると急な下り坂に。
下っていくと沢が流れる巨大な大岩のある開けた場所に着きました。
ここで小休憩。


この大岩、桃太郎岩と言うそうです。
その横にある階段を登って行きます。
ここからが急登です。
と言うより、岩登りです。
それなりの岩を両手両足を使いながら登りました。
筋力のある方でしたら両手はほとんど使わないのかもしれませんが、私に至っては足の筋肉が情けないことに未発達なもので両手をフル活用しないと登れませんでした。
所々に鎖場的な縄場があったり大岩の穴を潜り抜けたりしてかなりのアドベンチャーです。
息は上がりますが楽しいですね!
しかし下りがキツそう…。
そんな感じの登山道がずっと続き、はしごを登り終えると数歩で山頂到着です。
山頂到着時間はAM8:20です。

やった!!
目標達成!!

実は今日は登りは2時間!って目標をたてていたので、文句なく達成です。
嬉しいな〜♪


山頂はこんな岩場の上なので結構怖いですね。
先は断崖絶壁です。
今日は曇り空でしたが眺望はまずまずでした。
今年の山登り初富士見!


今までガスってたりで全く拝めなかった富士山でしたが、本日漸く見ることができました。
この前登った金峰山も一緒にツーショットです。

そして八ヶ岳。


今度は八ヶ岳に行ってみたいですね!
すごく綺麗に見えてます。
結構近いですね。

残念だった紅葉ですが…


こんな感じでした。
見ごろの時期はそれは綺麗な景色が見られるのでしょうね。
本当に残念です。

そして最後に…


富士山に見とれた後、すぐに下山開始です。
山頂は狭いので登頂者に場所を譲らないといけないのです。

やはり岩場の下山は大変でした。
膝が少し痛みます。
登りと同じ場所プラス富士見平小屋で休憩。
そんなこんなで駐車場にAM10:45に戻りそのままカップラーメンタイム。
とってもお腹が空いていたのでいつもより早食いでした。
食べ終わった後はすぐに帰路へ。

東京に戻ってきてからお茶の水の山ショップを見て回り、家に着いたのがPM15:30頃でした。
今回もとても楽しかったです。
お疲れ様でした。

本当はこれからもどんどん山に登りたいのですが、もしかしたら諦めなくてはいけなくなるかもしれないのが残念です。
理由は色々とありまして言えないのですが、できれば山にだけは行きたいですね。

では…。

レディースクリニック第2弾

October 13 [Wed], 2010, 20:46
今日は口コミで評判の良かった池袋にある “優レディースクリニック” へ行ってきました。
さすがに予約が取りづらく、前回の某レディースクリニックで嫌な思いをした当日に早速インターネットで検索し漸く取れたのが本日だったのです。
会社を早退させてもらい予約した時間より少し遅れて到着。
遅刻してすみませんでした…。

待合室はそれほど広いわけではないけれど、アロマのいい香りが漂っていて落ち着けました。
待ち時間も完全予約制のおかげでそれほど待つこともなく名前を呼ばれました。
カウンセリングや問診票を書く場所が通り道?のような場所の端に机と簡易椅子が置かれておりその場所での質疑応答。
少し落ち着きませんが、スペースが足らないので仕方ないのでしょう。
その後、待合室にて再び待ち、すぐに名前が呼ばれお次は院長先生がいるお部屋でのカウンセリング。
とても温かい言葉で親身になってくれ涙が出そうでした。

「ここまでの症状だとつらかったでしょ」

の一言に、大げさではなく涙がこみ上げてきました。
女性の悩みは女性でないと分からないもの。
この前の某レディースクリニックでは男性の先生に酷い言われようだったので、今回の院長先生は女性ならではの気遣いがとても嬉しかったです。
そしてその後は処方されたピルの説明をしてもらう為、またも別室へ。
そのお部屋もとても狭いのですが、こちらの質問にもきちんと答えてくれちゃんと説明をしていただきました。
これまた前回の話ですが、某レディースクリニックでは早口で簡単な説明をされただけでよくわからなかったので、帰宅してから自分でインターネットを使い飲み方などを調べたのです。
比較してみると雲泥の差です。
こちらのクリニックを選んで良かったです。
最後に血圧と体重をはかり、尿検査を行い終了でした。

そう言えば、体重は増えてましたね…。
きっと筋肉です!!

とりあえず、低用量ピルで様子を見てみることになりました。
少しでも良くなりますように。。。

安達太良山

October 11 [Mon], 2010, 18:36
本日はひとり山歩きを楽しんできましたよ!
福島県にある日本百名山の1つ、安達太良山です。

大宮から “やまびこ41号” に乗り朝食タイム。


母が作ってくれたのりなしおにぎりともちろんお茶と豆乳です。
おにぎりの具はおかかです(笑)
ご馳走様でした!
さて、次は郡山駅なので乗り換えしないと!

ウチから1番早く着く路線で行ったにもかかわらず、二本松駅からタクシーに乗り安達太良山の駐車場付近にさしかかるとなんと渋滞していました。
駐車場は第3?第4くらいまであるらしいのですが、全ての駐車場がほぼ満車状態。
優しいタクシーの運転手さんは途中でメーターを止めてくれました。
どうもありがとう!!
間もなく到着しすぐにゴンドラの乗り場へ。


年配の3人グループと相乗りでしたが、楽しく会話をし終着。
そしてAM9:00登山開始。

始めはこんな木の道でとても整備されており歩きやすかったです。


ただ、ガスがすごくて景色は楽しめず…。
たまにさす陽が紅葉した葉を綺麗に見せてくれます。


始めからかなりの混雑で、自分のペースでなかなか登れず…。
途中の休憩ポイントでも大混雑!


ゴンドラを使ってしまうと本当は休憩などいらない行程なんですけどね。
でも目指す安達太良山がとってもキレイ!
さて、休憩は取らないので休憩ポイントはそのままスルー。
そして進むこと数分。
またも大渋滞。


この大渋滞で休憩できるのでOKなのです♪
山頂はもうすぐなので頑張りましょう!

途中からまたガスってきてしまい、気がつくと人だかりが見えました。
近づいて行くと…。

あ!
ここが山頂なのですね!


みなさんが我先にと写真撮影会をしていました。
私はひとりなのでその様子を写すだけにしました。
そして時間を見るとAM10:00です。
ほぼコースタイムなのですが、私としてはもっと早く登頂したかったです。
途中の渋滞が悔やまれる…。

そんなこんなでとりあえずここで休憩。
景色は何も見えず、ガスなのか小雨なのか髪の毛は半分濡れて寒々しい感じです。
寒いからロングパンツにしなさい!と行く前に友達に注意されたのですが、やはり動きやすいので短パンで来てしまいました。


意外と寒くなく、これで良かったと思いました。
ただ、もう少し標高が高い山だったら寒くてダメでしょうね。

少しの休憩後、下山開始。
時間はAM10:15です。
元の道を戻るのではなく、グルっと1周する感じで下山します。
帰りはゴンドラ抜きです。
下山にはやや自信があり、ズンズンと進めましたが何せ足場が悪いのです。
道は濡れていてグチャグチャです。
滑らないよう注意し歩きました。
途中でとても綺麗な紅色発見!


今日の1番!
とてもキレイ☆

下山ももれなくガスっていたのですが、微かに見える紅葉にうっとりしながらどんどん進みました。


下山でも途中大渋滞。
なかなか思うように進めません。
そういう時は周りの紅葉を見ながら待ちます。

そして気がつくともうくろがね小屋に着いてしまいました。


ここもかなりの混雑ぶりです。

あれ??
私が紅葉の次に楽しみにしていた沼ノ平はどこ??

ガスっていて思いっきり見逃してます。
きっと周りが何も見えなかったあの辺でしょう…。
とても残念な気持ちになりながら休憩も取らずそのまま歩き続けました。


下山の山道の方がとても歩きやすいです。
道幅が広いおかげだからでしょうか。
なので紅葉を楽しむ余裕があります。

しかし綺麗だなぁ〜。
ガスってなければどんなに素晴らしかっただろう。


また来年の紅葉時期の晴れた日に訪れてみたいです。
本日はかなり悔しい天候でしたね。
下は晴れているのに山の中はガスと小雨。
残念でなりません。

そんな感じでそのまま何人も抜かし続けること数十分。
途中で旧道への分岐点がありました。
今日はあまりにも歩きやすい道ばかりだったので、少しアドベンチャー的な思いで旧道へ変更!

したものの…

なんだ!?
ぬかるみ過ぎ!!

登山靴の半分まで浸かってしまうほどのグチャグチャな道でした。
細くて歩きづらいです。
大嫌いな虫も急に出始めてきました。
ひとりでギャーギャー騒ぎながら虫から逃げるように勢いよく下っていたら案の定…。
2回ほど滑ってコケました。
旧道なんか入るんじゃなかった!
と後悔し始めていた頃、先ほどの林道へと抜けました。
また旧道への分岐がありましたが、2度と入るか!と心に決め林道をそのまま爆走。
かなりのペースで下ったはずです。


ゴール!!
ゴンドラ乗り場まで下りてこられました。
とりあえず無事で何よりです。
時間はPM12:20です。
そのまま近くのホテルに入りフロントでタクシー会社の番号を聞きお迎えが来るまで暫く休憩。

早く帰りたいな…。
まだかな…。

と、落ち着きなくいるのも何なので、外に設置してあった水道で靴の汚れを取ってみました。
しかし泥は頑固ですね!
置いてあったブラシを使って洗ってみたのですが履いたままだったのでうまく洗えず、何となく泥を落とした程度になってしまいました。

ま、こんなもんでいっか!!

と、ホテルの前でぼーっとタクシーを待っていました。
待つこと40分。
漸くお迎えタクシーが来て二本松駅へ。
二本松駅で郡山からの新幹線の指定席を取ろうかと思ったら満席とのこと。
仕方なく自由席のチケットを購入し電車が来るまでゆっくりしました。
電車が来たのは30分後。
東京じゃあり得ない。
待ちくたびれてソワソワしてしまったくらいでした。
そして郡山駅で新幹線に乗り換えました。
運よく自由席で座れましたのでまたもお食事。


朝の写真の使いまわしではないですよ!
母はおにぎりを2つ握ってくれていましたので残りの1個を食べました。
具は梅干しです。
ご馳走様でした。

そして家に着いたのはPM16:15です。
今回は全く疲れず、コースタイムよりも早く下山でき、ひとりで新幹線にも乗れましたし(笑)、大満足です!
もしかしたら多少は体力がついたのかもしれませんね。
登山道も急登は全くなかったので余計でしょうか。
楽しい1日になりました。
次はどこの山でしょうか。
楽しみです☆

灰となった私

October 07 [Thu], 2010, 22:59
抽象的ではありますが…

ここ数日間、一気に何個もの爆弾を投げられました。
たまにならひとつずつ消化できそうですが、一気に何個も投げられたので消化しようにもできません。
燃え尽きて灰になりました…。
ここまで嫌な思いをしたのは久々です。

再び心に色をつける為に11日は紅葉を見に行こうかと思います。
爆弾が潜んでいる神奈川県から逆方向の山へ。
ひとりで山に登るのは久しぶりなので、ゆっくり気ままに楽しんでこようかと思います。
嫌なことも少しは忘れられるかな〜。。。

全てがすっきり忘れられたらどんなにいいだろう。
と記憶喪失が羨ましく思えるくらいです。

今回の爆弾事件は心に深く傷が残るでしょう。
少しでも癒すことができる努力を自分なりにしていきたいと思います。

レディースクリニック

October 04 [Mon], 2010, 13:26
今日はお休みを頂き、レディースクリニックへ行ってきました。
池袋にある某レディースクリニック。
初診だったせいか待ち時間が約2時間半。
空調機の直下だったので体が冷え過ぎて落ち着けませんでした。
移動しようにも待合室は満席なので動けませんでした。
体の芯まで冷え込んだ頃、漸く名前が呼ばれ診察室へ。
院長先生がおひとりで診察しているらしくそれで時間がかかったのですね。
その先生、印象的には嫌な感じでした。
すごい早口で聞くのも大変ですし、こちらの症状も伝えるのに急かす始末。
「動悸がする」と伝えた時に「心拍数は?」と聞かれましたが、心拍数が上がっているかどうかなんてわかりません。
動機には心拍数が上がるタイプと、強く感じるタイプあると説明されましたが、動悸がしてる時に心拍数など数えませんし、日々の心拍数ですら把握してませんし、何度聞かれても「わかりません」と答えるしかありませんでした。
すると、「普通は分かるはずなんですけどねぇ〜」と言い捨て「ま、いいです。今度は自分で心拍数を測ってみてください」とのこと。
そして次回の受診の説明も案の定早口過ぎて聞き取れず、それを聞き返したところ、「フンッ…ですから…」と鼻先で笑いながら呆れた声で再度説明されました。
「はぁ〜…」とため息が出てきそうでした。
もう少し優しい話し方をしてくれても…。
時間がないのはわかりますが、それを前面に押し出されるのは嫌な感じです。
一応患者なのですからひとりひとり大切にしてほしいものです。

今回受診してきた理由は “PMS” についての受診です。
プライベートな事情をお話するのもあまり気が進みませんが、女性の方で悩んでいる方も多いはずですので少しでも参考になればと思いました。
私の場合、生理前になると非常に情緒が不安定になり体の内側に熱がこもり仕事中座っていることも困難なくらい怠くなってしまいます。
イライラはもちろん頭痛や乳房痛、めまいや息切れ、気分も急に落ちてしまい知らずに涙が出るほどです。
そして生理が始まると落ち着いてくるのです。
生理が始まる1週間〜10日前くらいから症状が現れるらしいのですが、私の場合生理後1週間〜2週間くらいから出てきてしまうのです。
故に殆んどが情緒不安定。
PMSが酷い時は生理痛も酷いです。
逆にPMSが軽い時は生理痛も軽いのです。
こんな状態がずっと続くのは嫌なので思い切って受診してみることにしたのです。
そうしたら上記のような対応…。
最悪です。
余計に落ちてしまいますよね。
そんなこんなでとりあえず低用量ピルを頂き経過を見てみることになりました。
ピルと聞くとすごく抵抗感がありましたが、調べてみると今はそうでもないみたいですね。
副作用の可能性もありますが、副効用もあるようです。
しかしなんとなく副作用が怖くて飲む気になれません。
生理開始1日目から飲用ですので、それまでじっくり考えてみようかと思います。
そしてレディースクリニックも別のところに行ってみようかと思います。

では…。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:MAyumi
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
ひとり暮らしのひとり遊びの日記として始めましたが、早くも実家での生活となりました。

と言う訳で、これからは日々のOL日記とさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いします☆
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像MAyumi
» 山…行きたい… (2012年02月07日)
アイコン画像makoto
» 山…行きたい… (2012年02月07日)
アイコン画像MAyumi
» 山…行きたい… (2012年01月28日)
アイコン画像はりむー
» 山…行きたい… (2012年01月28日)
アイコン画像読者
» バニーも… (2011年06月10日)
アイコン画像MAyumi
» 安否報告 (2011年03月18日)
アイコン画像Goma
» 安否報告 (2011年03月15日)
アイコン画像Goma
» 安達太良山 (2010年10月11日)
アイコン画像MAyumi
» 平日久々の… (2010年08月27日)
アイコン画像aco
» 平日久々の… (2010年08月26日)
Yapme!一覧
読者になる