眠い土曜日

2006年09月30日(土) 17時47分
薬のせいにしてはいけないのでしょうが、
とにかく眠いのです。
朝は2度寝。
昼は3度寝。
眠たくて何もする気が起きません。
日中、涼しくは無いのですが、ベッドの中に潜り込んでしまいます。
気分的にはどちらかと言うと、鬱の部類に入るかと思います。
精神の方もなかなか安定しません。
生活が仕事も無く安定していないからなのか、
生活自体が安定していないのか分かりませんが、
とにかく精神の安定と血糖値の安定が望まれるところです。

精神的に寄り添える相手なる存在が見つかれば最高なんでしょうが、
何せ経済的には火の車です。
相手を安心させる要素も無いまま、自分の安定だけを考えて上手くいくのかどうか疑問になります。
これって、やっぱり薬の副作用なんでしょうかねー。

車検な日

2006年09月29日(金) 19時40分
今日は、車検の日でした。
代車置いていってもらってたけど、乗ることも無く、
家ではベッドのなかで寝ておりました。
薬を飲み始めたせいか?
やっぱり眠たいのです。
なにもしたくない。
どこにも行きたくない。
ちょっとヒッキーな自分でした。
唯一外に出たと言えば、犬のお散歩程度。
犬と言えば、家の麗ちゃん下唇の辺りが赤く腫れ上がっています。
昨日、動物病院で診てもらったところ、”水虫”だとのこと。
犬に水虫あったんですねー。
しかも、下唇って顔ですよ顔。
とりあえずは、塗り薬で対処できるみたいです。
来週の月曜日には、避妊手術に連れて行かなければなりません。
予約を入れてあります。
車は無事車検を終えて返ってきました。
日〜月曜日と久しぶりに雨が降りそうです。
夕方の高畑誠さんの天気予報を見ていたら、
9月下旬の岡山の降水量は0.0mm.で、
日照時間も平年の204%と雨が一滴も降らない日々となってしまいました。
月が変わって日〜月曜日の雨、潤いの雨になるといいです。
それと、昼間起きていて夜しっかり眠れるようになりたいです。
ソロソロ1月へ向けてやる気を出さないといけません。
やる気 VS 眠気
この闘い当分続きそうなのでした。

イルマーレ

2006年09月28日(木) 18時58分
木曜日です。
メンズデイ映画¥1000の日です。
イオン倉敷のMOVIX倉敷に行ってきました。

今日観たのは、
「イルマーレ/THE LAKE HOUSE」

14:50〜16:40の回です。

女医のケイト・フォレスター(サンドラ・ブロック)
建築家のアレックス・ワイラー(キアヌ・リーブス)との間の
大恋愛storyである。
2006年の現在を生きる女医のケイト
2004年の過去を生きる建築家のアレックス
共通するのは、湖の畔に建つ1件の別荘。
共に同じ犬を飼っている。
それも2年の年月が隔てられている。
湖の畔の別荘の〒ポストで交わされる、恋愛の文章のやりとり。
会えそうで会えないもどかしさ。
それでも、過去の事実を伝えることで、
未来の状況を知ってもらおうと苦悩するケイト
2年後のイルマーレというレストランに予約を入れるアレックス
会えそうで会えないのだが。

共に恋人が居ながら、それを振り切って、
愛しあってしまう関係にまで発展するが、
命の隔たり、時間の隔たりは大きなものだった。
交通事故で死んでしまうアレックスの事を知り、
湖の畔の別荘に誘うケイト
愛しているのなら来てはいけない境界線があるのだが、
それをも乗り越えて、最後は深いキスで出会えるのだった。



う〜ん、こんな手紙のやりとりやってみたーい。
お互いが確認できなくても愛し合えるって素敵じゃないですか。
時間を超えてまで、思い続けられる愛しさに心が揺さぶられる想いで観ました。

想いだけの恋愛に終わらせずに現実にさせたいものもある。
実に綺麗なstoryでした。
こんなstory実際に描いてみたいものですねー。

薬大幅に減らす

2006年09月27日(水) 16時23分
前回に引き続き、1週に一度の予約で、M心療内科クリニックに行くことになっています。
薬をもらうのがほとんどの目的です。

もらったお薬は、
●デプロメール錠50・・・夕食後2錠(14日分);抗鬱薬
●リボトリール錠1・・・夕食後1錠(14日分);気分安定化(抗躁鬱病)薬
●ベゲタミン-B・・・寝る前1錠(14日分);睡眠薬
●アモバン錠10・・・寝る前1錠(14日分);睡眠薬


以上です。

待合室には誰も居ませんでしたが、
1人前に診察されている人がいたので、順番待ちです。
それでも、すぐに診察室に入り、カウンセリング。
今日も母が同伴だ。

私「こんにちは。」
師「こんにちは〜。」
 「調子はどう?」
母「今回は、昨晩薬を全く飲んでいません。」
 「液体の薬も1週間全然飲んでいません。」
 「それでかどうだか、首が曲がらなくなりました。」
私「元気すぎるくらいです。」
 「母がリスパダールの液体の薬を出さないから飲んでいません。」
 「あと、睡眠薬のベゲタミンも外して飲んでいます。」
母「24日の日にも全く飲んでいません。」
師「リスパダールは1包出しておいたよね。」
 「飲んでないの?」
母「インターネットで調べたら、パーキンソン病の1種の副作用が出るから飲まない方がいいかと思って飲ませていません。」
師「薬はなー減らしすぎるのも問題があるんですよねー。」
 「減らしすぎて、再発しても困りますし、薬は飲んだ方が良いです。」
母「飲まない方が、よく喋るようになったし、元気に明るいみたいなんです。」
 「全部飲まなくってもいいんじゃ〜ないかと思ったりしています。」
師「薬を飲んだり飲まなかったりすると、効き目が解らなくなるので、区切りをつけて段階的に減らすのがいいと思います。」
 「それで、どれの作用で症状が出るかが解りますから。」
 「じゃ〜どれか減らしてみますか。」
 「リスパダールは全然飲まないにして、ヒルナミンも無くしてみましょうか。」
 「ただし、どちらも妄想や幻覚を訴えるようになるかも知れません。」
 「睡眠薬はどうしようか。」
私「ベゲタミンは外していますが、2つとも欲しいです。」
師「それじゃ〜1週間後?2週間後?」
私「2週間後で・・・。」
師「2週間空けるけれど、もし何か変わった事があったら、早めに来てくださいよ。」
 「それが約束で、薬減らします。」
 「それじゃ〜お大事にぃー。」
私、母「ありがとうございましたぁー。」

会計で少し待って、
1割負担分を払って、処方箋を貰って出て行くことになった。
帰り際に、今日も、
私「お世話になりましたー。」
受付嬢「お大事にぃー。」
の挨拶が笑顔で出来たので安心している。

そして、薬局へ、
こちらも1割負担分で、分封してもらうのを待っていた。
血圧計があり、測ってみたが、倉中のより低めの値で表示される。

最後に、母が向かい側の「天満屋の地下の食料品売り場に行きたい。」
と言うので、言ってみたが、殺風景で、古臭くて、賑やかさもなくて、寂しい感じがして残念な想いをして何も買わずに帰った。

抗統合失調症薬が一度に無くなったので不安も残るが、
回復へ向けて、徐々に薬を減らす方向にある。
再発も怖いけれど、何とか少ない薬でやりとりしたいものだ。

あとは、仕事が見つかって生活にメリハリが付けば良いのだが、こればかりはどうにもなりません。

外来16

2006年09月26日(火) 17時05分
倉敷中央病院。
糖尿病教育入院での退院後、外来16回目です。5週に一度の予約日です。
「糖尿病内科」もあるのが、何故か初診の時から、「内分泌代謝科」です。
担当医師は、内分泌・糖尿病専門です。
以下、今日の採血、採尿の結果。
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が6.5%でした。前回が6.9%だったので、減少したということで先行き明るい情報です。1〜2ヶ月前の朝夕の食前の血糖値の平均値には特に変化はありませんでした。長い目で見た(数ヶ月単位の)注意が必要です。

昼食後の血糖は220mg/dl。
インスリン打っているのにこの高さ!
食後にしても高い値です。
今日の昼食は、カップ焼きそばの「UFO」でした。
これがいけなかったのか?べらぼうに高い数値となりました。
総コレステロールが180mg/dl、
HDLコレステロールが34mg/dl、
中性脂肪が249mg/dlとよくありません。
前回の374mg/dlに比べれば若干マシ。
中性脂肪は赤字(高数値)で出ていましたからいけません。
メチャクチャ高い値だぁ〜。
中性脂肪(TG)の基準・臨床参考値は40〜150mg/dlなので、
血糖値よりもこちらの方が心配。
GOT/GPTも50/81と若干悪い値でした。
ちょっぴり悪化の肝機能。
引き続き注意が必要です。
尿検査での尿糖は(2+)陽性反応で、ちょといけません。
尿に糖が降りる状態に変わりは無く、
糖尿病だなーと言う結果でした。
ケトン体、蛋白は(−)でよかったです。
血圧は136/81mmHgと前回より下がったのでまあまあでしょう。
20分前に測ったら
血圧は140/89mmHg
血圧にも注意は必要です。

今日の身長は175.7cm。
脈拍:86〜90bpm。
自転車などで運動しても、体重が減る傾向に向かいません。
体重が96.2kgと0.9kg減。
体重は増えなければ良しということで、減らせる努力が必要です。
平均標準体重までは身体を1/3減らさなければなりませんがね。
そういう意味では体重増加は禁物事項です。
血糖値はいいけれど中性脂肪と肥満が問題です。
長期的に体重は減らさなければなりません。
インスリン量は据え置き6-4-6-N4です。

・ヒューマログ注射キット(効果がとても速く現れるタイプのインスリン製剤。血糖を下げます。)これを2本。
・ヒューマカートN注射キット(効果が長く続くタイプのインスリン製剤。血糖を下げます。)これは貰いませんでした。
・グルテストNeoセンサー(専用試験紙と採血用穿刺針)これを3箱。
・マイクロファイン 31G 5mm(注射針)

以上をもらって帰りました。
高額医療です。
高額医療ですが、
失業中で収入が無いということで、
1割減額の2割負担で済むようになる手続きをしました。

医「調子はどうかな?」
私「なかなかやる気が起きなくて、運動とかできていません。」
医「自転車とか乗るって言ってたじゃない。」
 「まぁ〜美味しい秋だから、無理せず、1日1日を我慢して頑張ろうや。」

〜以下、割愛〜

 「次回は10/31でお薬出しときますから、お大事に。頑張ってください。」

いつも、診察1時間前に、血液検査と尿検査をするのですが、
血液はいつでも採血できるから良いにしろ、
尿の方がなかなか出ませんでした。
予定より30分くらい早く病院には着いて、
ペットボトル2本のお茶とカップコーヒーを1杯飲みました。
そうして、やっとこさ、濃い尿が出ました。
その結果が、尿糖(2+)という陽性反応となりました。
なかなか、糖尿病も侮れません。

YAMATO

2006年09月25日(月) 17時58分
2日続けて、イオン倉敷行って来ました。

イオンが出来て、7年が経ちます。
映画館のMOVIX倉敷でも、7th Anniversaryと題して、
9/16(土)〜10/13(金)〜10/20(金)の期間中に各種特典が付いてきます。
その一つとして、
ワンコイン(¥500)上映実施企画がありまして、
9/23(土)〜9/29(金);「男たちの大和/YAMATO」
10/7(土)〜10/13(金);「オペラ座の怪人」
10/14(土)〜10/20(金);「ALWAYS/三丁目の夕日」
が、¥500で観られます。

「ALWAYS/三丁目の夕日」は観たことがあるので、観たことのない内の
「男たちの大和/YAMATO」は是非とも観たいというので、曜日関係なく、本日、観てまいりました。

先日の、「出口のない海」
に続いての戦争映画です。

「男たちの大和/YAMATO」

13:20〜15:55の回の感想をチョイト書き記しておこうかと思います。

⇒内容STORYは

鹿児島県・枕崎で生きてきた老漁師の神尾(仲代達矢)は、内田真貴子(鈴木京香)と名乗る若い女性に懇願され、東シナ海を西へと、小さな漁船を走らせていた。「内田二兵曹……」。
神尾の胸に、鮮やかに、そして切々と甦ってくるのは、60年前の光景、戦友たちの姿……。


昭和19年2月、神尾たち特別年少兵が、大和に乗組む。その威容に、10代の少年たちの目が輝く。がそれも束の間、厳しい訓練が始まった。彼らの前に、際立って魅力的な、かつ尊敬できる上官が二人現われる。機銃射手である内田二兵曹と、烹炊(ほうすい)所の班長を務める森脇二主曹。

森脇(反町隆史)と内田(中村獅童)は、配属場所こそ違え、気心の知れた仲で、柔道で激しい申し合いをするなどお互いに切磋琢磨し、大和の下士官の中で異彩を放っていた。


同年10月、レイテ沖海戦に出撃する大和は、襲来する 米軍機の激しい爆撃、機銃掃射にさらされる。負傷した内田を戦時治療室に運んだ森脇は、初めての実戦に戸惑う神尾(松山ケンイチ)ら特年兵たちを叱咤激励し続ける。事実上連合艦隊が壊滅に追い込まれたこの海戦で、重傷を負った内田は、呉の海軍病院送りとなり、大和の任務から外れることになった。


翌20年3月、乗組員たちは出撃前最後の上陸を許される。まだあどけなさの残る恋人との逢瀬、苦労を掛けた母との再会、馴染みの女との一夜……。あまりにも短く、切ない時間を過ごし、大和に戻っていく男たちの群れに、軍規違反を覚悟で病院を抜け出した内田の姿が混じっていた。


4月1日、米軍機が沖縄に来襲、参謀長より遂に伊藤司令官、有賀艦長に対して、沖縄への大和の特攻の命が下される。

各々の覚悟と想いを胸に秘めた3000余名の乗組員たちが前甲板に勢揃いする。

4月6日、いよいよ大和以下10隻の艦隊が、豊後水道を南下、翌7日、その動きを察知したアメリカ軍艦載機が来襲。全速力で進む大和に、次々に襲い掛かる、爆撃機、雷撃機。迎え撃つ46cm主砲が火を噴く。

応戦する大和艦内各所で、乗組員たちの、最後の奮闘が始まった……


ですが、感想は一言で言えば、
「吐きそうだった、酔いそうだった」
です。。

残念だが

2006年09月24日(日) 19時57分
今日は、過去に書いたと思いますが、
「やえ」姉の49日法要の日です。
よって、両親は朝早くに出かけて行きました。

なので、こちらも、姉と一緒にイオンに行きました。
開店間も無くの店内です。
姉は部屋に緑を買い求めていました。
僕は、CDと本です。
気象マニア熱とTOMORROW/岡本真夜な感じです。
今週は、映画「男たちの大和/YAMATO」が¥500ワンコインで観られます。
明日どうしようかな〜。
変える前に食料品売り場のジャスコにも行きました。
そこでは、大北海道店やってました。
じゃがいももち、
コロッケ、
チーズケーキ
等を買いました。
そんな中で、ありましたありました。
じゃがいもっこり、
まりもっこり、
スーパーまりもっこり、
という北海道御当地キャラのストラップが!!
買い込んでしまいました。

家に帰って、携帯やら何やら触ってましたが、今一つやる気が起きません。
そんな中、偶然にも(いや必然か?)PCの前に1枚の絵葉書がありました。

星野富弘 詩画集絵はがき 16「やさしいこころ」―――
―――●野に咲く花のように(オオイヌノフグリ)


オオイヌノフグリの絵と共にこんな詩が書かれていました。

なにもしたくない
誰にも会いたくない
しゃべりたくもない
野に咲く花のように
静かに一人でいたい

しかし腹がへった
残念だが
腹がへってしまった


まさにやる気の無い僕の気持ちを代弁してくれたかのようなこの一詩。

なにもしたくない
まことに残念だが
やる気がない

明日が来るのが怖い
今夜寝てしまうのが怖い
薬から離れるのが怖い

いっそ、明日が来なければ良い。
でも、TOMORROW/岡本真夜を聞いて、
涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように♪
今日よりも明日の方が強い自分で居られる筈だと心に励ましを与えることが出来るのでした。

寝巻きで朝青龍

2006年09月23日(土) 18時16分
1日中寝巻きです。
寝たり起きたりを繰り返しております。

昨夜は、睡眠薬のベゲタミンと抗統合失調症薬のリスパダールの液体を飲まずに寝たら、
夜中ですが、時々覚醒が入りました。
寝ているような、起きているような・・・。

今もヤットの思いで起きていますが、
何もする気が起きません。

それでも、TVで横綱 朝青龍 VS 大関 千代大海
を観て、18回目の優勝の決まった朝青龍がカッ!と来てハリサシにいって負ける相撲を観て興奮してしまった次第です。

何か、人を興奮させるような出来事と言うのが最近少ないなーと言う感じもしておりますが、なかなか興奮して起きておくのは難しいなーと言うのが実感です。

眠い秋

2006年09月22日(金) 18時22分

眠たいです。
寝てました。

昨夜は久しぶりに12時頃までTVを見ていました。
睡眠薬を減らしたからか、夜長く起きられるようになりました。
その反動でか?
朝が眠いです。
夢を見るくらい眠りこけています。
昼間もそれなりに寝ています。

夜がきちんと寝られて、昼間活動的になれると嬉しいのですが、
身体が、いや精神が、それに追い付いてきません。

薬の副作用のせいにばかりも出来ないし、
なんとか昼間起きられて、
出来れば図書館にでも行きたいものです。

そう言えば、チボリ公園の市民無料入場可能なのはいつまででしたっけ?
チボリ公園にも散歩がてら立ち寄ってみたい眠さ溢れる秋の日和なのでした。

出口のない海

2006年09月21日(木) 17時13分
今日は木曜日です。
メンズデイ?かと思ってましたら、
今日は、OPEN記念日で全員映画¥1000の日でした。
それを知ってか知らずか、母が「観たい」と言っていた、映画を見に行くことになりました。
それは、
「出口のない海」

です。

戦争映画です。
主人公は、並木浩二(市川海老蔵)です。
脱出装置の無い、大量の爆薬を積込んだ”回天”魚雷に乗り込んで突撃するまでのドラマを描いたもの。
大学では野球のピッチャーをしていて、高校の時には甲子園にも出場していた、並木
恋人も居たし、妹や両親も居た。
そんな並木だが、2度とは帰れない道を選択してしまう。
敵機に激突することもなく、岩に座礁するという無残な形での死を迎えた。
1度海に入れば戻ることの出来ない世界。
それが、「出口のない海」なのでした。
同僚の運命も、残っている家族の運命も、皆を捨てて出て行った、並木
海軍への志願から、回天への志願へと、守らなければならない人達のことを思い出撃していく。
個人とは何か?国とは何か?
絶えず、自問自答しているような心境だった。

最後の終わり方が、無残というか、冷酷だなーと感じさせられた映画でした。
攻撃すら出来ず、ただ海の中で死を待ち続けた男、並木だった。
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像みっこ
» 退院直前に大停電!! (2018年07月10日)
アイコン画像♪さ〜とん♪
» 復活祭 (2018年04月02日)
アイコン画像みっこ
» 主食を食べない人生 (2018年03月30日)
アイコン画像kaorin
» さくらんぼ や 水仙 の花々 (2018年03月17日)
アイコン画像xxyumexx
» さくらんぼ や 水仙 の花々 (2018年03月17日)
アイコン画像浜ちゃん
» 今月最終週から来月にかけて・・・入院決定 (2018年03月10日)
アイコン画像みっこ
» 8年越しの花嫁 (2018年03月02日)
アイコン画像ちえ
» 8年越しの花嫁 (2018年03月02日)
アイコン画像ちえ
» 大腸がん の疑い (2018年02月06日)
アイコン画像denou
» 異常無し (2018年02月06日)
以下のランキングに
それぞれ参加中。
↓↓全部クリックしてね!!

人気サイトランキング
日記・ブログランキング
くつろぐ
Blog人気ランキング
人気blogランキングへ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログ王ランキング
年代別ブログ図鑑
BESTブログランキング
みんなのプロフィールSP


BlogPeople - ブログ情報ポータル・ブログランキング




ブロ電™切符

ブロ電™切符



人気ブログランキング - 想像創造そう!象
ブログホイホイ
オレンジトラフィック

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:snowyzou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年7月23日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:岡山県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-ちょっとした海外あり、船旅
    ・自転車-しまなみ海道完全走破
    ・読書-聖書、理数工学科学専門書
読者になる
岡山人の倉敷人。人として心強くなりたい。 日々のありのままの様子を綴っています。 SNOWこと雪色象がお送りする岡山・倉敷周辺情報もあります。 ココに立ち寄られた際には是非とも米人(コメント)残していってくださいね。!! ”気象予報士”への道宣言!
■プロフィール■
■□■
SNOW
■↑似顔絵↑(似顔絵メーカー)■
■□■
SNOW
■雪色象■
■SNOW■
■MONS■
■Akyler■
■□■
■性別:♂■
■獅子座・初日・獅子頭■
■辰年■
■某大学院修士課程単位取得後中退■
■未洗礼キリスト教(プロテスタント)■
■□■
■ニート■
■自由人■
■旅行人■
■御天気屋■
■プチ作家■
■科学者■
■哲学者■
■思想家■
■浪費家■
■お宝探し■
■寂しがりや■
■十二指腸潰瘍(安定)■
■長年の十二指腸潰瘍による出血のため
鉄分が基準値の5%しか無いという
重症の貧血経験有り■
■自律神経失調症■
■統合失調症(分裂病)■
■躁鬱(そううつ)病■
■睡眠障害■
■糖尿病■
■脂肪肝■
■手掌多汗症(手術済)■
■小学生の時足の骨骨折経験有り■
■小学生の時足を毒蛇のマムシに噛まれ
救急救命室に入院経験有り■
■□■
↓↓私SNOWこと
横溝AkylerのHP↓↓
是非クリックしてね!!
” 横溝 AKYLER ”のHome-Page
” 横溝 AKYLER ”のHome-Page

シャール
シャール

麗
https://yaplog.jp/snowyzou/index1_0.rdf