例えばこの先挫けてしまっても 握り締めた手をもう離さない...

« 信じること。 それだけが真実 | Main | 約束する 君のそばで眠ろう »
愛したことを忘れる人を 愛したわけじゃない / 2004年10月06日(水)
お互いの限界が近くて、ここ最近の空気は異様だった。
それは最初私の勘違いかと思ってた。
でも、あの人も同じことを思っていた。


あの人は板ばさみになってたっていう。
その言葉が発端だった。


私だって限界だった。
私だって寂しかった。
大事な日に私はいつも隣にいれなくて。
それがどんなに悲しくて悔しくて惨めで。


駄目なとこを指摘されるのはいつも私で。
私は頑張るよ、ごめんね。っていうしかなかった。
私の意見いえなかった。
そういう時のあの人には、何を言っても無駄だから。


私たちは今までやってきて、また振り出しになったのかもしれない。
それでもいいから。
ここから始めれるのならば一緒にいたい。

Posted at 21:36 / 恋愛 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/snowberry1220/archive/54
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

   
Powered by yaplog!