企画SS《136-2》

June 29 [Fri], 2012, 6:57
企画SS《136-1》の続きです。



***
「あの…」
「んぅ?」

眠りに落ちる直前に小さく声を掛けられて瞼は閉じられたままだけれどどうにかこうにか返事をすると、刹那の手が腰に回されたのが分かって木乃香は首を傾げる。

「なぁに?」
「いえ、その…」

珍しく歯切れの悪い返事をした刹那は、労るように木乃香の腰を何度か撫でて様子を窺っているようだった。

「んー…」

眠いと体は訴えているけれど、脳は刹那の行動の意図を知ろうとゆっくりとだけど動き始め、いつもよりも時間をたっぷりと使ってようやくもしかしてという考えに木乃香は思い至った。

「んっと…足りひんかった、とか?」
「あ、の、それはっ…その、ですね…」

明らかに動揺している刹那の体温が平熱よりもほんの少しだけ高くなる。そんな風にして焦る刹那が可愛くて木乃香はくすりと笑うと重たく閉じられていた瞼を持ち上げた。

「えっち」
「…あ、ぅ」
「ケダモノ〜」
「…っ、仕方ないじゃないですか!好きなんですから!」
「えっちが?」
「ち、がっ…貴女が、に決まっているでしょう!」
「うん、知っとるよ」

からかっていた口調から一転して木乃香は熱っぽい瞳で刹那を見つめた。

「ウチも好き」
「……そんなこと言って、どうなったって知りませんよ」

いつもの大人びた表情とは打って変わって、今の刹那はまるで幼い子供のようで益々木乃香は笑みを濃くする。

「ええよ、しよ」



まだ雨は上がりそうにない。



End.
  • URL:https://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/826
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる