このせつSS『ひとりじめ』2

December 31 [Sat], 2011, 18:18
このせつSS『ひとりじめ』1の続きです。



***
寮に近づくにつれ、ウチらは何となく無口になる。

この沈黙はせっちゃんも同じ気持ちやから?

そうやったら嬉しいて思うてウチは話しかける。

「なぁ、部屋に寄っていかへん?」
「よろしいのですか」
「うん」

せっちゃんが嬉しそうに「よろしくお願いします」て言うから、ウチも嬉しくなって笑顔で応対した。








「はい、どうぞ」
「ありがどうございます。いただきます」

ウチの出した緑茶の湯飲みを両手で包むようにしてせっちゃんは持ち上げ、ゆっくりと口を付ける。

その所作があまりに優雅で見とれていると、せっちゃんが首を傾げてウチに視線を送ってきた。

「私の顔に何か付いていますか?」
「ううん、お茶がよう似合うなぁって」
「お嬢様も良くお似合いですよ」
「そうやろか?」
「はい」

お嬢様は大和撫子の京美人です、なんて恥ずかしげもなく言うてウチを困らせるせっちゃん。

これが素やから質が悪い。

「…もうっ」

ウチが赤い顔を隠すようにそっぽ向くと、せっちゃんは途端に慌てた様子でウチの顔色を伺ってくる。

「ご気分を害されましたか?」
「ううん、ちゃうよ」

そう言うて、さり気なくせっちゃんに寄り添う。

せっちゃんは、そんなウチのことを横目でチラチラと覗き見しながら落ち着きなくしている。

「あの…」
「いや?」
「滅相もございません!」
「ほなら、このままでもええ?」
「は、はい…お嬢様さえ宜しければ…」

学園とか外やと、人目を恥ずかしがるせっちゃんには思い切り引っ付けへんから、ここぞとばかりにその温もりを堪能しとると、ウチの視界にあるものが映った。



そっと、重ねてみる。



「っ…!?」

せっちゃんの肩がビクッて跳ねて、体を強ばらせるのが手に取るように分かる。

「お、おおおお嬢様!?」
「ん〜?」
「お…、お手が触れておりますが…」
「うん、せやね」

分かり切った質問にウチは至極当然のように答える。

「あ、あの…その…」

茹で蛸のように真っ赤になったせっちゃんは、ウチのことを意識してくれてるんやって思えて嬉しいんやけど、やっぱりウチはこれだけやと物足りない。

そないなこと言うたらせっちゃんに節操ないて思われてしまうかもしれへんから、絶対に言えへんけど。

ウチは喉元まで出掛かった言葉を飲み込んだ。

  • URL:https://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/739
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる