企画SS《102-4》

October 11 [Tue], 2011, 20:26
企画SS《102-3》の続きです。



***
木乃香の近くに移動した刹那は深く頭を垂れ、許しを請う。木乃香は意に介していないようで、「ええんよ」といって明日菜の指定する色を待っていた。

「すぐに交代するんだから!」

気合い十分の明日菜が辺りを見渡し、そして不適に笑う。

「若菜色!」
「わっ…??」
「何、その色!?卑怯だぞ、美術部!」
「何と言われようが色は変えないわ!ちぅちゃんタッチ!」
「ちぅって呼ぶな!くそっ…」

瞬殺で明日菜の餌食となった千雨は、実につまらなそうな顔で次の色を指定した。

「#ff6699」
「どんな色よ!」
「それって色なの!?」

逃げまどうクラスメートたちは口々に叫ぶ。
ネギも同様に逃げながら考え、そして閃いた。

「分かりました!ウェブカラーコードです!皆さんピンク…桃色を探して下さい!」
「コードとか、ややこしいっての!」
「まきちゃん、こっちにおいで!」
「いいや、こっちだ!」
「えぇっ!?」

まき絵争奪戦でパニック寸前の教室内。千雨は一人落ち着いて獲物を物色していた。

「どいつにしようか…ん?」

まき絵の周りがカオスな空間と化していた頃、そちらに交ざらなかった他の生徒は各々所有しているピンク色の物に触れているのに対し、木乃香と刹那だけはただただ見つめ合って立っていた。

「お前ら…やる気あるのか?」
「ちぅちゃんには見えへんの?ウチらのピンクいオーラが」
「見えるか!っていうか、ちぅって呼ぶな!!取り敢えず、鬼交代だ」

そう言って木乃香に触れようとした千雨の手は、刹那が木乃香の体を引いたために空振りに終わる。

「お嬢様には指一本触れさせません」
「桜咲、お前なぁ…」

千雨が呆れ顔で見ていると、木乃香がその間に割って入った。

「せっちゃんおおきに。やけど、ルールはルールやしな」
「諦めたか」
「ううん?こうするんよ」

木乃香は千雨に背を向け刹那と向き合うと、刹那の両手を自身の頬にあてがい、木乃香自身も刹那の頬を包み込んだ。

「おじょ…」
「し、黙って…」















「交代だ」

目のやり場に困りながらも、千雨は平然を装って木乃香に触れた。

「えぇっ!何でなん!?」
「桜咲をよく見て見ろ」
「ふぇ……?あぁっ、せっちゃん!?どないしたん!?」
「あはは、おほしさまがみえます〜」

どうやら、木乃香の読みは外れてしまったらしい。



End.
  • URL:https://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/687
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる