企画SS《70-9》

February 26 [Sat], 2011, 21:16
企画SS《70-8》の続きです。



***
その優しい瞳に吸い寄せられるように魅入っていると、突然朝倉さんが今にも泣き出しそうな辛そうな表情をした。

「でも、ごめん。今はその気持ちに応えられない」
「私が…生きてない、からですか」

震える唇からやっとの思いで出した言葉に朝倉さんは小さく頷くことで応えてくれた。

「そう…ですか」

何となく分かっていたけれど、失恋がこんなにも苦しいものなんだって知りませんでした。
想いを伝えた時と同じくらい…いいえ、それ以上の量の涙を零しながら私は思った。

「朝倉さん…最後のわがまま、良いですか」
「ん、何かな?」
「目を…瞑って下さい」
「…こう?」

静かに閉じられた朝倉さんの整った顔をぼんやりと見つめる。

大好きな朝倉さん。
優しい朝倉さん。
大切な朝倉さん。
ごめんなさい、私の所為でいっぱい傷つけて…嫌な思いをさせちゃって。

これで諦めます。
さようなら、私の初恋……



そっとその唇を重ねようとしたその時、間に手が割って入った。

「だめだよ、さよちゃん」
「な…んで。接吻もだめなのですか?私、これで朝倉さんのこと諦めようと」
「それがだめ」
「え…」

ポンポンと頭を撫でられて目の前にニッと笑う朝倉さんの顔が広がる。

「さよちゃんは私を好きでいてくれなきゃ困る」
「な、何でですか!?」
「だって未練が無くなっちゃったらさよちゃん消えちゃうんでしょ?」

何故、そんな分かりきった答えを聞くのか分からなかった。
ただ、朝倉さんはまだ好きでいても良いのだと言ってくれている。
それが嬉しくて仕方なかった。

「まだ成仏するには早いよ。後70年は居てくれなきゃ」
「な…70年って、私が死んだ時から今までと同じくらいなんですけど…」
「うん。そして私が寿命で天に召される時と同じかな」

…え?
言っていることがやっぱり良く分からなくて首を傾げると朝倉さんは目を細めた。

「私がそっちに行くまで待ってて」
「…っ!!」

それから朝倉さんは天国での第2の人生についての抱負を熱く語ってくれた。
そのどれもが暖かい未来予想図で、私の心は幸福感でいっぱいになった。

「だからさ、さよちゃんと私は…」










「…さよちゃん?さよちゃん!!」

目の前にいたさよちゃんは突然意識を失った。
次に目覚めた時、人格は木乃香に戻っていてそれから彼女には会っていない。
  • URL:https://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/500
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる