企画SS《70-6》

February 26 [Sat], 2011, 21:11
企画SS《70-5》の続きです。



***
思いも寄らない所で火の粉が自分に降り懸かってきて焦った声を出す。
記憶力には自信があるつもりなんだけど、何を言ってしまったのか全く思い出せなかった。

「何て言ったの?」
「近衛さんと…私が似ているって…」
「…あぁ」

言われてみれば言ったような気もする…いや、言った。あの時確かに口に出したつもりはなかったけれど思ったことだった。

「聞いてたんだ」
「隣りにいましたからね」
「それで入れ代わっちゃったの?」
「多分…」

俯くさよちゃんに頬を掻いてどうしたものかと悩む。
私の言葉で入れ代わったのなら、私の言葉で元に戻る可能性が大きいわけで…やはり私が何とかしないといけないのだろう。

「さよちゃんは入れ代わって何がしたかったの?」
「え…」
「いや、それが分かれば元に戻れるんじゃないかと思って…」
「そう…ですよね。このままで良いわけがありませんし…」

悩んだ末にさよちゃんが言った言葉はクラスの皆を驚かせるのに十分過ぎる言葉だった。

「私、恋愛がしたいです」



***

言っちゃった…///

周りの様子をおずおずと窺うと皆呆然と立ち尽くしていた。
その中で一人だけ朝倉さんは困ったような顔して悩んでいる。

「あ…の………すみません」
「ううん、さよちゃんが謝ることじゃないよ。ただ…木乃香の中に入っている以上さよちゃんと本当の意味で恋愛出来る人はいないと思うんだ」
「はい…」

何となく分かっていたけれど、やはり幽霊の私を好きになってくれる人なんてこの世にはいない。その事実に抑え切れない悲しみが込み上げてくる。

「私を除いては」
「え?」

赤くなった頬を掻きながら言った朝倉さんの言葉に私は耳を疑った。

「いや…その、さよちゃんさえ良ければ私が相手にって………ごめん、誰でも良いわけじゃないよね」
「いいえ!いいえ、そんなこと…朝倉さんは宜しいのですか?私が相手でも…」
「うん」

にっこりと微笑みかけられて私は天にも昇る思いになった。(実際になったらシャレにならないけど)



***
  • URL:https://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/497
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる