企画SS《70-2》

February 20 [Sun], 2011, 1:11
企画SS《70-1》の続きです。



***
「さよちゃんは可愛いね」
『っ!?///』

ガタガタッと大きな物音を立てて私は席を立った。
しかし、周りの目には急に椅子が倒れたとしか見えない。

「どうかしましたか?」
「いーえ、何でもありません」

朝倉さんがその場を誤魔化すと、クラスの中の数人は私の起こした心霊現象(所謂ポルターガイスト現象)だと気がついているのか静かに笑っていた。



***

『朝倉さんは意地悪です。久し振りに先生に注意されてしまいました』

決して先生に注意されたわけではないけれど、憤然やる方無しと言った様子で頬を膨らました私はふよふよと校舎を彷徨っていた。

今はお昼の休み時間。
朝倉さんが購買に行くと言ったので私は一人で散歩に出掛けていた。

『ふん…だ。私がいなくて心配すれば良いんです』

完全に拗ねてしまった私は周りが見えていないのか、グングンとスピードを上げて廊下の角を曲がった。

「失礼しました」
『あっ!!』

曲がった先で扉を開けて出てきた少女と鉢合わせる。
車は急には止まれない…は比喩だけれど、この場合幽霊も例外ではなかった。

『と、止まれない!…あ、でもすり抜けるから大丈b』

"大丈夫"という言葉は最後まで言えなかった。



――――
―――
――




『何やの…一体…』

ボーとする頭を振って体を起こすと、ウチの目の前には廊下の床に倒れている"ウチ"がいた。

『?』

訳が分からず取りあえず顔を覗き込んでみる。
すると、突然"ウチ"が目をパチリと開けた。

『び、ビックリさせんといてよ"ウチ"!』

呼び取りあえず突っ込んでみたは良いけれど、"ウチ"はその声が聞こえていないのかフラフラと立ち上がった。

『ちょお待って!どこ行くん!?ウチの体!!』

追いかけながら自分の身に起きていることを考える。

瞬間にして意識が暗転し気がついた時には自分の体と精神が離れてしまった。

『これって…幽体離脱?』



――――
―――
――




目が覚めた私はボーとする頭のままフラフラと立ち上がった。

「私は何を…体が痛いです。……えっ?」

テクテクと。
2〜3歩歩いて違和感に気付いた私はその場でクルリとターンを決めた。

ふわりと持ち上がる黒髪とスカートに目をしばたかせる。

  • URL:https://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/480
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる