企画SS《40-6》

July 28 [Wed], 2010, 8:42
企画SS《40-5》の続きです。



***
部屋に着くと布団が既に敷いてあった。

「「……///」」

えー…と、コメントしにくいんやけど布団は一式しか用意されていなくて、枕が二つ並んでいます。
いかにも"二人で使ってね"と言わん許りの旅館の心遣いが見えてくるようで反応に困ります。

「ま、漫画みたいやな」
「ペアチケットだったのできっと間違えてしまったのでしょうね」

二人で渇いた笑いを漏らして、それから沈黙が訪れた。


ウチはそっとせっちゃんを盗み見た。
顔を真っ赤にさせて下を向くせっちゃんは何かを必死に考えているようで、握った手の平にしっとりと汗をかいていた。

「せっちゃん?」

声を小さくかければビクッと大きく肩を跳ね上げ反応するせっちゃん。
ウチはその様子を見て肩の力が抜けるのが分かった。

「ほな、寝よか」

グイッと引っ張るようにせっちゃんを布団まで連れて行くと、有無を言わさず押し倒した。
鍛えておるはずなんにウチが相手やからか、せっちゃんは簡単に組み敷かれてしまった。

「お、お嬢様?」
「せっちゃんばっか甘えてズルイ」
「ズルイって…そんな…」

困った顔をしたせっちゃんに少しの罪悪感。
理不尽なことを言うてるのは分かっとる。
せやけど、このままやと消化不良になりそうや…

「今度はウチが甘える番な」

言うが早いかギュウッと抱きついて、全身でせっちゃんを堪能する。
せっちゃんの香り、せっちゃんの体温、せっちゃんの心音…全てが今、ウチだけのもんやと思うと嬉しくてしゃあない。
グリグリとおでこを押しつけてその嬉しさをアピールすると、不意に優しく頭を撫でられた。

一度離れて見てみれば、頬を真っ赤に染めながらも蕩けるような笑顔を浮かべているせっちゃんがおった。

「せっ…ちゃん?」
「あ、は…はい。すみません…///」

謝りながら手を引っ込めようとするせっちゃんに、ウチは首を横に振って"止めないで"と行動で示した。
せっちゃんは躊躇いながらもその手をまたウチの頭に乗せて、ゆっくりと髪の上を滑らせるようにして梳いた。

「甘えたさんですね」
「甘えたさんやもん」

テストで100点取った時も、短距離走のタイムが縮んだ時も、料理が美味しく出来た時も…ずっとずっと欲しかった笑顔と温もり。

やっと手に入れた…



  • URL:https://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/238
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる