最新コメント
アイコン画像hkal
古民家 (2004年10月10日)
アイコン画像よすけ
古民家 (2004年09月22日)
アイコン画像18
つい (2004年09月07日)
アイコン画像よすけ
つい (2004年09月06日)
アイコン画像よすけ
冥福 (2004年08月04日)
アイコン画像18
冥福 (2004年08月02日)
アイコン画像よすけ
冥福 (2004年08月02日)
アイコン画像ヨウコ
坊主 (2004年07月28日)
アイコン画像塩田
坊主 (2004年07月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:skal
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 9.11A | Main | 古民家 »
9.11B / 2004年09月12日(日)
次の日、インターネットカフェで再び情報収集をした。そのときすでにビンラディンだということは分かっていたんだっけな?イラクとかの事もニュースで言ってたような気もするな。日本からはいますぐ戻ってこいとのメールが入っていた。家族としては当然だろう。僕らもその頃にはNYには行けないだろうな、と思い始めていた。そうすると航空券を払い戻してもらわなければならないので、再び空港へ行くことにした。前日と変わらずドア一つからの出入りの制限が続いていた。空港ではアラブ系の人達が片っ端から連行されていた。顔が似ているというだけで連れて行かれたのだろう。すごく嫌な気持ちになった。航空会社のカウンターに着くと、職員に「チケットは払い戻してくれるのか?」と問い合わせた。結果はNO。格安チケットであったため、払い戻しやルート変更が効かないのだそうだ。復興後に同じルートでならこのチケットは使えるよ、という結果だった。日本行きのチケットを新たに探さなければならなかった。異国の地で言葉が通じない。ツアーじゃないから2人だけという状況の中で、インターネットのありがたみをしみじみ感じた。これなら日本語でミラノの旅行会社を探せるのである。早速探し出した日系の旅行会社に行って、日本行きのチケットを買おうとしたが、最短でも1週間以上先しかない。仕方なくそのチケットを買った。ホテルの予約もこの日で終わりだったので、ホテルを探さなければならなかった。今回ミラノでは2箇所のホテルに泊まっていたのだが、最初に泊まっていたほうのホテルに幸い空き室があったので、歩き回ることなくホテルは決めることが出来た。こうして、10日間ほどミラノに滞在した後に日本へと帰った。
このように、僕にとって9.11は事件としてだけではないのだ。9.11の映像を見るたびに、僕はこの旅での出来事を思い出すおかげで、この旅は色あせることがないものになってしまった。

Posted at 00:43 / 家庭的雑記 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/skal/archive/23
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
   
Global Media Online INC.