« 4月から施行された診療報酬改定 その効果と国民生活への影響とは | Main | 一夜限りの復活を果たした伝説の番組「電波少年」を再配信 »
阪急電鉄、日本初“カーボンニュートラルステーション”を開業――オールLED照明などでCO2排出量を半減 / 2010年04月03日(土)
 パナソニック電工は3月30日、3月14日に開業した阪急電鉄京都本線の新駅「摂津市」に合計349台のLED照明を納入したと発表した。阪急電鉄によると同駅は日本初の「カーボンニュートラルステーション」で、鉄道駅舎での本格的なオールLED照明の導入事例となる。

 LED照明が設置されたのは、駅のホーム、コンコース、待合室、改札、地下通路、トイレなど。ホームに設置されたライン型LED照明器具には、乗降客や乗務員がまぶしく感じないように30度の遮光板が取り付けられている。天井が高いコンコースでは、高出力なLEDダウンライト200形を2灯1組で配置して高照度を確保。トイレは人感センサーで不要時には消灯するようにして、さらなる省エネ化を図っている。

 阪急電鉄によると、オールLED照明化によるCO2排出量の削減効果は約13%。これ以外にもさまざまな取り組みによって、CO2排出量を約51%削減する。さらに、直接的な削減が困難な残りの49%はCO2排出権の購入で相殺し、駅起因のCO2排出量をゼロ(カーボンニュートラル)にする予定。【栗田昌宜】

【4月2日16時21分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000022-zdn_mkt-bus_all

Posted at 14:04/ この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/sivywyqapwzmws/archive/22
P R
カテゴリアーカイブ
   
Powered by yaplog!