フラメンコスケッチ☆

September 09 [Sat], 2006, 0:13
夏コース(7〜9月)の合同野外スケッチは、フラメンコダンサーを呼びました。
とあるダンススタジオを借り切って、みんなでダンサーを取り囲みました。



とにかくいつもの『動かないもの』を描くにも、もっと勢いが欲しい。
もっと自分の中の『描きたい!』気持ちを紙にぶつけて欲しい。

いつもそんなことを思っていたので、この時ばかりと「もっと肘を動かして!」「肩から描くくらいに!」と激をとばす。
柔軟体操代わりに、練習用スケッチブックに『動き線』を描いてもらう。

今回はなかなか描けないモチーフだろうと思って、一般参加も受け付けました。
元生徒さんやぺんすけメンバーも来てくれて、いい刺激になったかなぁ。
『スケッチ』というつながりがあると初対面でも話題にはこと欠かないな〜。

いつか私の周りのスケッチをする人を集めて何かしたいと思っていたので、ちょうど良かった♪
秋コースも何か企んでますよ、私〜。へへへ。



動き線の感覚を持ったまま、ダンサーにはポージングしてもらってスケッチ。
やっぱり動きを止めたモデルを描くと、止まった線になる生徒さんもいるけど、これも慣れ慣れ。
かといえば「え?こんな線描けるんや〜」という生徒さんも。
いつもより生き生きした線やん!
でも本人は「いやぁ〜、でも〜、う〜〜ん」なんて。
何イッテンノ、イイモンイイノヨ!と変な激も飛ぶ。(笑)

後半からは、なぜか母親が飛び入り見学。(>_<;)
明日フラメンコのスケッチするねん、と言ったら「見に行こうかな〜」って。
「おとなしく隅っこで見ててよ」と釘をさしておいたので、おとなしく見学してた。ほっ。
子供がちゃんと講師してるのか心配やったのか?
いや、単にフラメンコが見たかっただけみたいね。
生徒さんにお茶やらコーヒーやら配ってくれて助かったわ。^^

最後にはフラメンコを一曲踊ってもらいました。
彼女とは高校からの付き合い。
まさか自分たちがそれぞれ違う世界で「講師」になって、そのコラボができるなんて想像もしなかったた。
プルプル震えながらポーズをとってくれて、ほんとにありがとう!

この後、和歌山までドリカムのコンサートに飛んでった彼女。
そしてこの後、大阪歴史博物館にアンコールワット展を見に行った私。
お互い忙しくも充実してるね〜。
  • URL:https://yaplog.jp/sisuiy/archive/281
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
月別アーカイブ