手出しご無用?

September 01 [Thu], 2016, 9:07
ようやく新学期が始まりました!
もぅ学校にエアコン設置して、夏休みを減らして欲しい派です。ふふ。

昨夜、夜中0:30まで長男(小学3年生)は宿題をやっていました。

自由研究っていうものがあって、自分の気になることを調べて模造紙にまとめる、という宿題がありました。
小学3年生でこの宿題は…無理なんじゃない?と思ったけど。

奄美大島でネタになりそうなものをスケッチしたり、野性動物センターの人に聞いてみたりしておいたので、何とかかんとか『奄美大島の動物と自然』というテーマで制作できました。

まぁ、実情は『はよ、これ描いとき』『ほら、あの人に聞いたら教えてもらえるで。詳しい人やから』とか『この葉っぱはこうやってみたらどう見える?』とか、後ろから遠隔操作というか…。(笑)

たぶん本人は言われるままに書いたり聞いたりして、模造紙に結果をどう組み立てるのかなんて全く分かってなかったに違いない。(私の頭では完成形があった)
どこまで親が手を出すのかも、今回はほんとに悩んだ宿題でした。

そしてすべての宿題が終わったあとに、『ママ、後ででいいねんけど…雑巾2枚用意して』。
後でって…すでに0:40なんですけどぉー!
なんでもっと早く言わないのっ(`Δ´)
そのあと縫いましたよ…。
そんなこんなの夏休みラストデーでした。


そして自宅クラス、イオン登美ヶ丘クラスも夏休み明けの講座が始まりました。
イオンクラスはすでに2回目だけど(^-^)

横浜旅の話をしたり、色の話をしたりしながら、前に描いていたワンコの色塗りを仕上げていきました。



いつも生徒さんの絵に私が手を入れるか悩みます。
正直なところ、なるべく生徒さんであれど『自分の絵』という領域に入っちゃダメかな、と思うので入れたくないんです。
別紙で描いて説明する、という形をとってました。

他の講師はどうだろう、といろいろ聞いてみたりしたけど、人によって『ガンガン入れる』人もいれば、なるべくは…って人もいて。
まぁ、それは当然のことですよね。



ここ数年は、生徒さんが入れて欲しがっている、という場合は入れるようにしています。
次に来る色の濃さとかは、重ね塗りの上に塗らないと分からない場合もあるので。

とはいえ手を入れられるのが嫌な人もいるだろうから、生徒さんに聞いてみてからですね!
空気読めないから、入れていいか、入れてほしいか、を聞いてから(笑)

はぃ、単純です(^-^)
子供の夏休みの宿題も、生徒さんの絵に筆入れするのも、さじ加減が難しいところですね。

イオンクラスの帰りに、スライムのfits2個大人買いしたのに…ドラクエ勇者のクリアファイルもらえなかったけどー!!!(怒)

  • URL:https://yaplog.jp/sisuiy/archive/1218
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
月別アーカイブ