こもれびの英語って?

June 03 [Fri], 2016, 17:32
宝塚へやってきました!



神戸クラスの生徒さんと『こもれび』を求めて、宝塚の花の道を描きにきました。
こもれび、って英訳出来ないという話を聞きました。
こもれび以外にどう言えばいいのか…木陰?


ずいぶん昔に来たことがあったような…かなりうろ覚えなのですが、宝塚劇場の正門はコチラ。




少し進めば、出待ち?入り待ち?のファンの方々がいました。


そのファンの人たちをこっそり描くため、そしてスターが少し見れたらいいな、と思いまして。
手前の銅像を書きながら、スターとファンの観察をしていました。(笑)
誰がスターか分からないところが問題だけど…。



しかしスターが来てもキャー!( ☆∀☆)とかならないんですねぇ。
すごく落ち着いてきれいにならんで、声を合わせて『いってらっしゃい』(がんばってください、だったかな)とかお見送りして、花の道は通らずに下道を通って劇場に向かうとか。

たぶん人の迷惑にならないように、いろんなファンのルールみたいなものがあるんでしょう。
ヅカファンのファンになりそうです。(笑)



よく分からないくせに劇場内のお土産屋でベルバラグッズやヅカ切手とか買ってきました。
年内に一度くらい観劇してみようかなぁ。



劇場内のレストランで生徒さんたちとランチして、プチ講評会もしました。
次回はみんなでこもれび塗りに挑戦しますよー。



そして解散後は、花の道の先にある『手塚治虫記念館』に行きました。

入り口の前のタイルには、こんな手形が。
メルモちゃん、手がちっちゃーい!


手塚治虫伝、というミニシアターの上映は私一人でした。
……爆睡。(笑)
天井の絵も豪華!


60年の生涯で15万枚の原稿を書くなんて、本当にすごい。
ただ描くだけでも大変なのに、アイデアやストーリーも考えるなんて…想像を絶する創作だったんだろうなぁ。

たかがスケッチ100枚200枚ほどで、ヒーヒー言ってちゃまだまだだな、と反省しました。

宝塚、なかなかステキな街でした♪
またいくぞー。
  • URL:https://yaplog.jp/sisuiy/archive/1198
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
月別アーカイブ