ちょっといまから

September 30 [Sat], 2006, 14:24
韓国行ってきます。
3日に帰ります。
じゃっ。

まじめに書こうと思います。

September 27 [Wed], 2006, 1:44
さてここ最近飛ばし飛ばしにしてましたが、まじめに毎日頑張ってみようかと思います。
ってかハロウィンですよ。
ロイエドですよ。
たしか去年もこんなこと言ってました、学校で!

そして早速妄想なんぞしてみました。
どぞ。




と書こうと思いましたが今日は睡魔が襲ってきたのでこの辺で。
明日は朝から晩までフルパワーで働かないといけません。
ムゥ。

blood+ 最終回 感想 です。

September 24 [Sun], 2006, 5:41
とうとう終わっちゃいましたね。
土曜日のアニメなのにあんまり人気でなかったのは主人公が女の子だったからかな。

リアルタイムでは殆ど見れなかったのでネットを利用して全話チェックしてました。
一年間通した感想は後半は面白かったですね。
ソロモンがあっさり死んだのが悲しかったですけど…。


えぇ悲しかったですとも!!!!


種とは違って綺麗に片付きましたね。
ストンと切なさとちょっとの寂しさが残りました。

だってハジ死んだし。
でも最後生きてるっぽかったし。
結局ハッピーエンドでどうでしょう?


ハジと沙夜の良い感じのショットは所所に散りばめられていましたが、今回のは最大級。
目じりにチューとかハジは紳士だなとか思ってたら、ちゅーしたよ。
でも親愛のちゅーぽくて、もう感動ですよ。

ところかわれば沖縄。
ルルゥ体大丈夫みたいだし良かった。
ルルゥにはなんとしてでも幸せになって欲しいです。
ジュリアさん、良かったね。
デイヴィっト、よくやった。上出来です。

沙夜が眠りにつくときがちょっとホロリときました。

blood+ってここで最終回になるから良いけど、数年後目覚めてまた眠りに付いたときや、数年たったときに知り合いの死目にあったり、大事な人が亡くなってたりしたら重い話になりますね。
つか考えるだけで涙が出てきそう。
カイとかじゃはなさんとかデイヴィっトとかまだ20年ぐらいじゃ死なないけど、生きるスピードが違うから絶対にその時は来るんですよね。
って冬眠(違うけど)から起きたら記憶なくすんでしたっけ?

とかそんなこと考えつつ、blood+の一年間の思い出に浸ったりしてました。
人気がないわりには面白かったと思うけどな。
次の土曜日のアニメ、チェックしてないけど時代劇っぽいですな。
どんなのか一度は見たいと思います。

やってしまった

September 22 [Fri], 2006, 1:11
わたくし、このままじゃ冬に発売される


テニスの王子様 ドキドキサバイバルを買ってしまうかもしれません!!!


いやぁ〜、べーちゃん(跡部)は前から好きだったんですけど、姉からテニプリが公式で恋愛アドベンチャーゲーム出してるよと教えられその攻略HPで跡部EDの内容見たらもう、


べーちゃんが格好良くて


格好良くて

寒くて


たまんないです。

学園祭の王子様最高!!

あぁ、儚い夢とはしりつつ、ロイエド恋愛シュミレーションゲームでないかな。

あっ、お知り合いの人々にお願いです。
もうすぐハロウィンですよね?
ロイエドでヴァンパイアな感じであっはんうっふんな絵期待してます

予定

September 15 [Fri], 2006, 19:20
連休明けるまで長崎で過ごしまーす。

あぁ、遊びたい。

エロエロじゃなくてグログロ

September 14 [Thu], 2006, 18:43
レディースディなので中間に映画見てきました。
連れは中学校の時から腐れ縁の人たちと。

ファイナルデッドコースターを見たかったのですが、福岡は10月7日からだったので、「ディセント」見ました。
この映画も予告で気になってたのでチェックしてました。

内容は一年前に愛する夫と娘を亡くした主人公のサラを励まそうと、友人5人が洞窟探検を企画します。
集まった6人で初心者向けの洞窟を進んでいくと途中で落盤が起きます。
企画者の友人の1人、ジュノに「他の出口は?」と聞くと知らないといわれてしまいます。
なんとその洞窟は初心者向けの洞窟じゃではなく、無名の地図の無い洞窟だったのです。
しかも役所に届け出もだしてないので、この6人が洞窟の中にいるのは誰も知らないのです。
言い争う中、なんとか皆で出口を探そうと協力するのですが、主人公のサラが暗闇の中人影のようなものを見ます。


サラ「人があそこの岩のところにいたの!!」

ジュノ「サラ、あなたは疲れてるんだわ」

サラ「嘘じゃないわ!ちゃんとこの目で見た!」

ジュノ「ここは地下3000mなのよ、人なんかいるわずないわ・・・」



とまぁこんな感じの内容なのです。

映画みた感想は予想してた結末となんか違いました。
最終的に地下3000mの謎の生物と戦いながら出口を探すんです。
でもちょっと期待はずれでした。
うちが嫌いなものベスト2に極限状態の人間があるのですが、このディセントという映画ではその部分を期待してたんです。
暗い洞窟、もしかしたら出られないかもしれない恐怖、限られたバッテリーと食料、仲間割れ、そこから発生する相手への不信感、生への執着・・・・・

という感じのドロドロを期待してたんですよ。
例をあげるならSAW2みたいな感じでしょうか。
死には至らないけど我慢できない痛さを相手に強要させる、自分はしないけど(こんな感じが1番グロくて良いと思います)。

こんな期待と反して映画は極限状態の人間の酷さもそれほどないし、なによりすこしのスパイス程度で出てきて欲しかった謎の生物が実態を持って大量に出てきてくれたもんだから、主人公達の生の執着や恐怖がそっちに向いて仲間割れどころかちょっと協力してるような・・・・。
いやでも、自分が危険になったら空いて見捨てて行ったりしてるんですけどね。

あーあ、本当にあの謎の生物の出し方残念です。
設定とか謎の生物が出なくても十分人間的にグロくてエグイ作品なのにそこに謎の生物加えることによってより情緒不安定にさせてドロドロになるかなと期待してたのに。

とメチャメチャ言ってますが、やはり面白かったのではないでしょうか。
結末は良くわかんなかったですが、後味の悪さは最高です!
これもSAWみたいな後味の悪さ。
後味の怖さみたいな。

さて次見る映画はファイナルデッドコースターです。
このシリーズ大好きなんです。
なんて言うんでしょうね、チープなグロさっていうかただグロさを楽しめる作品。
ファイナルディステネーション、デッドコースター、ファイナルデッドコースター。
このシリーズは絶対に映画で見たほうが良いです。
だってテレビで見たらグロイシーンがカットされるから。
あと終わり方も洋画ならではの終わり方ですよね。
まだ続きますっていう感じです。


こんなにホラー映画嬉々と語ってますが、リングとか呪怨とか絶対に見れません。
大嫌いなんです。
アジア系のホラーは精神的にクルので100万円あげるとよかいわれても絶対に見ないです。

うちが大好きなのは笑いながら見れる、グロイホラー映画だけなのです。

あぁ満足です。
語れました。
今度ロイエドもこれぐらい語りたいと思いつつ、今日はこれにて。
(これみて何人の人が引くんでしょうね?)

佳作

September 12 [Tue], 2006, 13:31



某双子姉妹の誕生日に進呈したもの。
自己採点では佳作ぐらいです。

裏道

September 12 [Tue], 2006, 13:28



帰路に着く途中に雨に降られたので、パシャリと撮影しました。
裏道なのでなかなか怖いです。
でも一通り無いので帰って怖くない。

強制終了大阪編

September 12 [Tue], 2006, 13:23
もう今更大阪のことをがんばって書いてもきっついので、簡単に終わらせようと思います。

2日目、本気モードでロイエド漁るもいつもよりも少ない収穫になりました。
でも欲しかったものはだいたいゲットできました(ロイックマ以外)。
ろいっくまは快適本屋さんでまた再販されてたので通販しました。
届くの楽しみ。

なんばというところにはじめて行きましたがあそこが有名な道頓堀のある場所だったのですね。
知らんかった。
お好み焼きとか食べたかったなぁ。
なんでいつも大阪のもの食えないんだろう。
タイミングが悪いな。

そんな感じの大阪でした☆

嬌声

September 11 [Mon], 2006, 0:00
久しぶりにカラオケオールないとしてきました。
まぁ寝ましたが、ガッツリ寝ましたけど。
Gじなさんのはからいでジャンヌ好きさんとの集まりでした。

新しくお会いする方も居てほわほわしました。
やはりジャンヌすきが集まると掛け声とかあって楽しいですな。
でも、わさびーふ食べながら歌ってたら喉に引っかかってそこから変な歌いかたしたので開始2時間ぐらいでカラオケ行って歌ってる歌、ほとんど歌えなくなりました。
低い歌しか歌えなかったのでここぞとばかり普段歌わない低い歌を・・・・・・歌いたかったのですが知らんです。

ガゼットのカシスはバッチリ歌えましたよ。
あれ普段じゃ歌えません。

キグルミのたらこ・たらこ・たらこを歌ったら橘さんがガチャピンの「食べちゃうぞ」を歌ってくれました。
なんて濃い(笑)

カラオケオールナイトしたのち橘さんとそのご友人(名前!!!聞いてなし!!!)と折尾駅電車内でお別れしました。
Gじなさんとは黒崎駅でお別れ。

補足情報として、Gじなさんの迫力溢れるカラオケをムービーに抑えました。
T.M.レボリューションとangelaの曲です。
見たい方は今度うちにあったときに申し出てください。
本人に許可は取ってないです(笑)


強行軍でカラオケ徹夜ののちM-ヤンさんと芦屋歴史の里で行われている吉田直展に行ってまいりました。

スナオ展といいつつ、目当てはやっぱりTHORES柴本さんの絵が目当てでした。
バッと見ればすぐに終わるのでしょうが、一枚一枚ジーーーーーークリ見すぎて目が痛くなりました。
文庫に印刷されないのではとおもうようなところまで細かくかかれてて、絵なのに一歩引いてみると3Dっぽく見えました。
本当に目の保養になります。
イラストというより、美術館に飾ってある絵を見てきた感じです。
吉田直さんの幼少期とか貧乏旅行してた頃とか拝見してきたのですが、すごい人だと思いました。
経歴とかではなく、感性とか思考とか性格とか自分の周りではこんなひといない人物だと思いました。
今回、作者吉田直さんに感じたものはあったかい人だと思いました。
そしてトリブラを書くについて参考にしてた資料に心惹かれました。

入館者にはトニブラくじをひいて当たりが出たらポスターやキーホルダー、そしてなんとサイン入りのSomethingなんかがもらえると言われてやりましたが・・・・・・・・・・・

人間、欲をだすと当たらないものなんですよ。
つかくじ運ないし。
M-ヤソさんも外れでした。
またくじを引きに行くそうです。
ファイト!!

スナオ展をあとにしてご飯食べに行きました。
其頃亭というとても素敵なレストランに行きたかったのですが開店時間まだでした。
しょうがないので母の知ってる店にいったら家の近くのおいしいレストランと同じ系列の店でラッキーでした。
でも意外と量があり食えませんでした。
普通のお店ってメニューよりも実物小さくない?というお店がありますが、その系列の店はメニューよりも確実に大きいのです

はぁ、全部食べれなかったのは残念。
M-ヤンさんもつらそうでした。
海鮮ビビンバもおいしそうだったな。

2人して今日の夕方親類の誕生日会があるのに腹に溜まりすぎて大変ヤバかったです。
うちは結局、オールナイトがたたって眠かったので、家に帰って寝て誕生日会に行くぞという声を無視して寝ました。
眠いもん。
お土産にでっけー瓶に入ったカフェオレとヨーグルト買ってきてくれました。
カフェオレで生きていけそうな気がします。
実は大好きなんだ、味のある優しい飲み物。
朝はそんな感じの飲み物を飲まないとお腹すかないので、カフェオレ飲んでご飯食べよう。
飲みヨーグルトでも可。

昼飯食った後、未来館というところにいってフィギア見てました。
一般人と異なる目で見てた2人組み(うち一名、髪の毛の色が素敵な人)はうちとM-ヤンさんです。
楽しかった。

あそこにあったガチャポンはナイスでした。
ヤンさんガチャポンやりすぎ。
某O葉さんを思い出しました。
現実逃避と残高0は感無量。

んでそろそろいい時間帯だったので折尾駅でお別れしました。
充実した一日?でした。

皆さん素敵。

さてこれからバイト頑張ります。
受かったんですが怪しいにおいがします。
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ゲジ
» 卒業 (2014年07月26日)
アイコン画像葵たん
» 青×赤 (2012年09月19日)
アイコン画像葵たん
» Acid BREAKERZ Cherry  (2012年09月15日)
アイコン画像popspace
» アルフォン酢 (2010年10月21日)
アイコン画像相互リンク「ビッグバンリンク」
» 白いトロトロ (2010年10月01日)
アイコン画像管理人
» パンフは高いDEATH☆ (2009年11月17日)
アイコン画像苫王
» パンフは高いDEATH☆ (2009年11月17日)
アイコン画像管理人
» パンフは高いDEATH☆ (2009年11月17日)
アイコン画像苫王
» パンフは高いDEATH☆ (2009年11月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sisennkaina
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド-針と糸でチクチクしてます。
    ・コレクション-主にロイエドを少々。
読者になる
トランプと仮面とアリスをこよなく愛でております。 夢はでっかく、度胸はちっさく、行き当たりばったりを生きている・・・訳ではないと思います、多分。 最近着物に目覚めた。
Yapme!一覧
読者になる