脱線の名鉄、始発から運転再開…信号見落としが原因か

2008年12月30日(火) 0時01分
名古屋市西区の名鉄名古屋本線栄生駅で、須ヶ口発栄生行き回送電車(8両編成)が上り線から引き込み線に入る際に脱線した事故は、29日未明に復旧、名鉄は同日始発から全線で運転を再開した。

 名鉄の発表によると、この事故により名古屋本線や犬山線など上下線計159本が運休するなど大幅にダイヤが乱れ、約9万人に影響が出た。

 回送電車の男性運転士(45)は「信号が青になったか確認しないまま進んでしまった」などと話しており、名鉄ではポイントが完全に切り替わる前に電車が引き込み線に進入したため脱線した可能性が高いとみて、引き続き事故原因を調べている。

 名鉄によると、事故現場周辺にはポイントが切り替わる前に電車が動き出すと非常ブレーキが作動する自動列車停止装置(ATS)を設置しておらず、運転士の目視確認のみで電車を動かしていたという。

読売新聞

基本的なミスで脱線って…。

新政治勢力結集を示唆する手紙 渡辺元行革相

2008年12月25日(木) 14時18分
 自民党の渡辺喜美元行革担当相が地元衆院栃木3区の後援会関係者に出した手紙で「これからは何が起きるかわかりません」などと離党や新政治勢力結集に動くことがあり得ると示唆していたことが24日、分かった。

 手紙は22日発送で「政治生命を賭して、混迷する政治に一石を投じたい。『ひとりぼっちになっちゃう』と心配されるのは分かります。自民党の器の中だけで考えるとそう見えるかもしれませんが、積極果敢に行動すべき時です」と24日の造反を示唆していた。

 さらに、「国会の内外を問わず、志を同じくする仲間を作り、この国を変える国民運動を地道に起こしたい。全国の首長や議員、政治家を目指す人々、産業界や消費者の皆さんに呼びかけたい」と訴えた。

 麻生太郎首相については「政権末期症状を呈したのは首相が党利党略で衆院解散を先送りしたから。『景気対策のため』との言い訳を国民は信じない」と指摘。首相の経済対策を「100年に一度の非常時プランか。答えは否。各省縄張り平時モード政策を膨らませただけ。3年後の消費税増税を決めても、行政改革や天下り規制は骨抜きだらけです」と切り捨てた。

産経ニュース

政界再編までに行き着くかな。

巨額詐欺のマードフ氏側と

2008年12月17日(水) 21時05分
米ナスダック元会長バーナード・マードフ氏による巨額詐欺事件に関連し、あおぞら銀行は16日、同氏が運営していた投資ファンドと124億円相当の取引があると発表した。あおぞらは08年9月中間連結決算で280億円の純損失に転落している。詐欺事件に絡む損失がどの程度になるかは不透明だが、「資本基盤に与える影響は限定的」としている。

 この事件では、野村ホールディングスも275億円の取引があると発表しており、国内金融機関への影響が広がる可能性もある。

asahi.com

これだけ巨大になったらばれるよね。

中国が欧州企業製品の購入計画を延期記事を印刷する

2008年12月09日(火) 9時47分
8日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、中国の温家宝首相がチベット問題をめぐって欧州連合(EU)首脳らとの会談を延期したのに伴い、中国が計画していた100億ユーロ(約1兆2000億円)相当の欧州企業製品の購入計画が延期となった。

 中国の欧州関係専門家によると、温首相は約150社の中国企業代表を引き連れて訪欧し、商談をまとめる計画だった。

 中国ではインターネット上でフランス系スーパー、カルフールに対する不買を呼び掛ける声も相次いでいる。フランスのサルコジ大統領とチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が6日会談したことにより、中国と欧州の関係が一段と悪化することが懸念されている。

日刊スポーツ

「で、その心は?」と問いたい。

雑記帳:巨大「津ぎょうざ」…小学校定番メニューが人気

2008年12月04日(木) 22時21分
津市の小学校の定番メニューで、長さ15センチ以上の巨大サイズの「津ぎょうざ」が今月から津市の飲食店でメニューに入った。給食を懐かしむ会社員などに人気という。

 「津ぎょうざ」は85年ごろ市教委が考案。児童が1個でも満足できるよう巨大サイズにして、火が通るよう油で揚げた。津市の活性化を目指す市民団体が飲食店に呼びかけ、現在5店で提供されている。

 給食を懐かしむ人だけでなく、初めて食べた人にも酒のさかななどとして好評だという。「新たなご当地メニューになるのでは」という大きな期待に包まれている。【岡大介】

毎日新聞

餃子って定番だったんだね。
2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31