日航提携で89億円の増収効果も

2009年11月17日(火) 17時14分
【ニューヨーク共同】米航空2位アメリカン航空で提携戦略を担当するケンジ・ハシモト副社長は16日、共同通信の電話インタビューに応じ、日本航空が現在加わっている航空連合「ワンワールド」にとどまり、アメリカンと提携を強化すれば「年1億ドル(約89億円)規模の増収効果が期待できる」と述べた。

 日航に対し、競合する航空連合「スカイチーム」への移籍を働き掛けているとされる米デルタ航空をけん制した。

 副社長は、ワンワールドが現在でも「年間4億〜5億ドルの売上高を日航にもたらしている」と説明。さらに日米両国が航空自由化(オープンスカイ)協定を締結すれば、アメリカンと日航両社の提携強化を通じて業績を伸ばせるとした。資本提携も検討、米大手投資ファンドのTPGが加わる用意があることも明らかにした。

 一方、移籍には時間がかかる上、5億ドルのコスト負担が生じるとマイナス面を強調。デルタと提携すれば、日米路線で市場占有率(シェア)が高くなり過ぎるため、独禁法違反の問題が浮上すると警告した。

共同通信

神様ってどこかにはいるものだね。
  • URL:https://yaplog.jp/sinzatsu/archive/124
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30