空を見てた

2005年11月30日(水) 23時59分
 5曲目は「なないろ」。新曲です。コトリ木の曲の中では比較的地味かな〜という印象ですが、たぶん何回か聴き込んでいけばいくほど、味わい深さが増していく曲だと思います。ちょっと遊佐未森が作曲した曲の雰囲気も感じました。うまくアレンジしたら「未森さんの曲のカバーです」って言って、信じる人が出るかも知れません(笑)。

 最後は「Aria」。やっぱりカワムラさんのギターバージョンの「Aria」はすごく好きです。プレ王で聴いてから、また聴きたいな〜とずっと思っていて、オマケCDに入っていたので、何度も聴きました。何回聴いてもいい感じなんだなぁ〜。それが目の前で聴けるなんて、すごく幸せです。

 今回のライブは、のんびり、まったりした雰囲気で、地味な感じでもあるのですが、「なごみ系」のコトリ木の本質的な音楽を聴かせてくれた素晴らしいライブだったと思います。

ここにいる

2005年11月30日(水) 23時58分
 拾得のライブに行ってきました。初めて行く場所だったので、よくよく下調べしていたのですが、色々用事が重なって、予定外の遠回りコースで会場に向かうハメに。しかも時間が押してしまってタクシーを使わないと開演時間に間に合いませんでした。220円で行ける場所に1300円使ってしまったよ〜(苦笑)。

 でも直感は正しくて、コトリ木の出番は1番目。バスだと確実に間に合いませんでした。コトリ木に関しては急にカンが鋭くなる私(笑)。

 今日のコトリ木は、歌+ギター+ピアニカ(ピアノ)の3人編成。会場の雰囲気にぴったりの、のんびりした空気感でライブが始まりました。1曲目は「君の許に」。前田さんのピアノも良いものですね。いつもと違うアレンジがなかなかいい感じでした。そして2曲目からカワムラさんが参加して「ハルニレ」。この編成の時はカワムラさんがコーラスをするのですが、これがいい感じに似合っています。ちょっと照れたようなカワムラさんのカワイイコーラスが、「ハルニレ」を歌う信希さんのちょっとカワイイ感じとぴったり合うのです。井波さんの素敵コーラスはもちろん素晴らしいのですが、カワムラさんのコーラスもありですね。

 そして注目の3曲目「ねこのソラ」。この編成の為に用意された特別バージョン。「ねこのソラ」が元々カワイイ感じなのですが、その雰囲気にピッタリで「こんな『ねこのソラ』が聴きたかった!」と思う、そのまんまの「ねこのソラ」が現れてビックリ。めちゃめちゃ気に入りました。アカペラのコーラスから始まるのですが、もう最初からメロメロです。ピアニカの音も似合っています。この曲が好きな人はぜひぜひ一度は聴いて欲しいアレンジの「ねこのソラ」でした。この曲が聴けただけでもライブに来た意味があるよ。

 続いて「ココロのアカリ」。元々親しみやすいコード進行なので、今回のシンプルな編成が似合う似合う。この曲が大好きな私にとっては、もう、たまら〜んって感じです(笑)。またぜひ聴きたいです!

(つづく)

ストリートライブ

2005年11月27日(日) 23時53分
 チャッツワースでお茶をした後、加古川駅に向かうと、駅前のヤマトヤシキの所で、バイオリンを弾く青年が居ました。バイオリンのストリートライブを見るのは初めてです。

 私の他は誰も足を止めずに通り過ぎていくのですが、青年は気にする様子もなく、目を瞑って不思議なメロディを弾いています。全く聴いたことのないメロディだったのでオリジナルかなぁ…と思って聴いていました。一曲が終わったので拍手をすると、その時初めて聴いていた人が居たことに気がついたようで、ちょっとビックリした顔。でもそのまま次の曲を弾き始めました。

 次の曲もなんとも不思議なメロディです。普通に弾くだけでなく、弓ではじくように弾いたり、色んな表現方法を使っていました。メロディも次々と変化していきます。

 この曲が終わった後に青年と少し話をすることができました。「曲は気分に合わせて即興で弾いている」ことや「仕事が忙しくて、なかなか音楽活動が出来ないのでストリートで弾いてみた」ということでした。私が京都から来たことを告げると「先日、京都駅前でも弾きましたよ」とのこと。

 そして私が聴き始めてから3曲目が始まりました。前の2曲はゆるやかな、どこかもの寂しい雰囲気だったのですが、3曲目は少し楽しそうなメロディ。ポンポン跳ねるような感じです。あ、なんか話をして喜んでくれたのかな…と思って少し嬉しくなりました(笑)。

 3曲目が終わって、そろそろ帰らないと…と告げると、「また京都に弾きに行きますね」と言ってくれました。「また会えるといいですね」と答えて、私は帰路に着きました。少し照れたような、はにかんだ笑顔が印象的な青年でした。

 加古川在住とのことなので、近くの人は会えるかも知れませんね。私もまた何処かで会えるといいな…と思っています。

ほんとうにおいしいもの

2005年11月27日(日) 23時52分
 ライブの後はチャッツワースでお茶してきました。今日は某日記で見かけて、すごく気になっていた「ツナトースト」と「陣構(じんがまえ)」。これがまた、めっちゃおいしい。初めて体験する風味と味。紅茶と言えば外国のお茶がほとんどだけど、国産でこんないい紅茶があるなんて知らなかったなぁ。

 紅茶だけでもすごく良いのですが、食事と合わせると、すごく美味しい。お互いがお互いを引き立て合うんですよね。お茶は甘いケーキとシブイお茶でお互いの味を相殺するぐらいにしか思ってなかったので、チャッツで食事しながらお茶を頂くと、目からウロコが落ちます。まだ体験していない人はオススメですよ!

ミュージックバトル

2005年11月27日(日) 23時51分
 兵庫県のケーブルテレビ4社が主催する「Hyogoミュージックバトル2006(仮)」の収録ライブに行ってきました。この日に収録されたライブは年明けに放送されてネットで投票を受け付けるそうです。

 事前情報もほとんどない状態でライブに行きましたが、大穴的ライブでした。楽しかった〜(笑)。出てくるバンドがみんな個性的で凄かったです。なんというか…うすた京介っぽい感じで、ツッコミ所満載のバンドが出てくる出てくる(笑)。それでいて、それぞれいいサウンドを持っているものだから、侮れません。惜しむらくは各バンド持ち時間が10分くらいで2曲しか聴けないこと。もっとたくさん聴きたかったな〜。

 コトリ木は「レイン」と「Aria」で勝負。ニッケのライブと同じく酒井さんのギター編成でした。この編成を聴くのは2回目ですが、前よりもグッと良くなっていました。「レイン」はより切ない感じが出ていて、深みが増していましたね。心静かに聴いていると、胸のあたりがキュっとします。「Aria」はちょっと酒井さんのギターがやんちゃで荒い感じもしましたが、ノリの良い「Aria」で良い感じ。私の「Aria」の基準は「オレペコ☆」バージョンの、ノホホンとしたカワイイ&それでいてココロに染み込んでくる「Aria」なんですが、色んなバージョンがあって毎回楽しめますね。

 コトリ木の前にはちょっと賑やかなバンドが続いていたのですが、サッと空気をコトリ木色に変えてしまうあたり、流石だな〜と思いました。静かだけど確かな存在感があるんだな〜。あと色んなタイプの音楽に触れてみて、歌詞・メロディ・歌声・空気感どれを取っても、やっぱり私はコトリ木が好きだなぁ〜と再確認できました。それぞれに良いところがあるんだけどね。

ついに遭遇!

2005年11月27日(日) 23時50分
 今日はコトリ木のライブを見に東加古川に行きましたが、お昼ご飯に、本家掲示板でプチ盛り上がりを見せた「カツめし」なるものを食べに行きました。

 …正直に書いていい?(汗)決して不味くは無いけど…何回も食べたいな〜と思わない味でした。

 カツは美味しい。ご飯も美味しい。ソースもいい感じ。だけど、その3つが組み合わされた時…なんつーか、その…ビミョーな味わいになるのね。個人的にはソースの押しが強くて、カツとご飯がソースの味に染まってしまう感じが苦手なのかも。

 でも、加古川名物を思いっきり堪能できたので良しとしよう。

素敵☆ポップナイト〜すごいよ!!コトリ木さん〜 その5

2005年11月26日(土) 1時09分
 実は、今回こっそりと「第5回 コトリ木ファンの集い」を三宮駅の近くの紅茶専門店で開催しました。行きたいお店が狭かったのと、諸般の事情で、皆さんにはお知らせしていません。「秘密のお茶会」です。また人数が増えても対応できるように準備できましたら、お知らせして開催したいと思っています。

 で、今回集まってくれたのは、友綾美奈さん、F氏、まりねこさん、私の4人。東雲掲示板で話題になっていた「踊り隊」の打合せとか、顔合わせとか、その他雑談する予定だったのですが、思った以上に「まったり」としてしまいましたね。もっとテンションが高くなるかと思いましたが、集まったメンバーが「ほわわん」としているので当然なのですが(笑)。

 お茶も美味しくて楽しい時間を過ごすことができました。次はいつ集まれるか分からないですが、またお茶したいですね。来てくれた皆さん、ありがとう。

素敵☆ポップナイト〜すごいよ!!コトリ木さん〜 その4

2005年11月26日(土) 1時08分
 総じて楽しいイベントでした。東京のレコ発ライブに並ぶ、コトリ木の歴史に残る素晴らしいライブだったと思います。何よりコトリ木が大好きな人達と、同じ時間を共有できたことが嬉しい。あとこのイベントに向けて、睡眠時間を削りながら、すごく頑張っていた信希っち、お疲れさまでした。ちゃんと頑張った分、実を結んだイベントでしたね。楽しい時間をありがとう。たくさんの「イイコト」をありがとう。

素敵☆ポップナイト〜すごいよ!!コトリ木さん〜 その3

2005年11月26日(土) 1時07分
 最後はいよいよコトリ木の登場です。正直、前の4組が凄くて、少しコトリ木が霞んで見えました。ちょっと記憶から抜けていたというか…(汗)。でも、コトリ木の演奏が始まってから、ああ、やっぱりコトリ木っていいなぁ〜と、一瞬でコトリ木ワールドに引き戻されました。「Aria」「ねこのソラ」と聴いているうちに、何故か目からヨダレが…。え、オレもしかして泣いているの?って自分でも良く分からないまま、なんだか涙が溢れてきました。いつもいつも心地好いサウンドと信希っちの歌声で、たくさんのエネルギーをもらっているんだけど、今回はなんだか、いつもと違って聴こえる。なんか、心の奥深くに直接届いてくるというか、こんなに素晴らしい時間をくれた信希っちが目の前で歌っていることに、そしてその場所に居ることが、会場にいるみんなとコトリ木の音楽を聴けるという事が、嬉しくて、幸せで、すごくココロ動かされました。やっぱりスゴイよ!!コトリ木さん。

 そしてライブ会場でしか聴けないアレンジの「ハルニレ」。何回聴いてもいい感じなんだなぁ。前にも言ったけど、このバージョンの「ハルニレ」もCD化して欲しいなぁ。ホンマに聴く価値のある「ハルニレ」なんですよ。んで個人的に大好きな「ココロのアカリ」。歌詞がいいんだなぁ。もう嬉しくて仕方ない流れですね。更に「コロニ」から「風の楽園」へ。気分良過ぎです。「君の許へ」では出だしにぢゃかさんのドラムソロがあって、カッコイイのなんの。ぢゃかさん、最高ッスよ!

 そして、ついに「イオン」。」この曲が来たらスタンドアップだ〜!と決めていたので、最前列「踊り隊」がここぞとばかり立ち上がる。そして、後ろの席を見てみると、みんな立っている〜。やったー。何とか「踊り隊」の役目を果たしたよ〜。会場中が大盛り上がりだ〜。

 ラストは「はるメロ」こと「遥かなるメロディ」。あったかい手拍子も入って、みんなノリノリだぁ。会場中に流れるあったかい雰囲気のまま、アンコールにつながる。ぢゃかさんも、ドラムでアンコールに参加。あはは、いいですね〜。嬉しくて仕方ないです。アンコールには「碧の声」。こんな嬉しい日は夢の続きも叶いますね。コトリ木のファンになれて良かったなぁ…とつくづく思った瞬間でした。やっぱ大好きだ〜コトリ木!!

素敵☆ポップナイト〜すごいよ!!コトリ木さん〜 その2

2005年11月26日(土) 1時06分
 2番目は「春のキノコ」が登場。客席をも巻き込むパフォーマンス、面白い振り付け、曲もノリノリで凄く楽しい〜。そして座って聴くよりも、立ち上がって参加すると何倍も楽しい〜〜。惜しむらくはぎっしりと隙間無く並べられたイス。狭くて思うように動けない〜。結局タテノリで、その場でピョンピョン飛びはねるくらいしか出来なかったのですが、もうリズムに合わせて体を動かしたり手を振ったりしていると、どんどんハイになってきて、すごく気持ち良かったです(笑)。終わった後はゼーハーゼーハーと息が切れて酸欠状態に。でも楽しかった〜。ドラムのぢゃかさんも、シンバル叩きながらステップ踏んで踊っているし。すごいパフォーマンスを見せて頂きました。いや〜良かった〜。

 そして3番目は酒井さん率いる「色眼鏡」。サウンドはすごくカッコイイのにMCが面白い。ボーカル兼ギターの酒井さんはホンマかっこいいです。北斗の拳は必読書ですね〜。男の浪漫なのだ。お気に入りの曲「バースデイソング」が聴けて良かったなぁ。色んなトラブルにも見舞われていましたが、結果的に解決しているのも、なんかスゴかったですね〜。音楽の神様の声も聞えてきたし…。

 4番目はこれまた熱いバンド「HGSGホネオカ」。前もって試聴を聴いたり、プロモーションビデオをみたりしたのですが、生で実際に見ると全然違いました。断然ライブの方がいい!曲もMCも、間の空白も、ライブの全てが作品。しかも客が喜ぶツボをプッシュしまくる!とにかくノセるのが上手くて、サービス精神が旺盛なんだな〜と思いました。やるなーSGホネオカ。

(つづく)
■プロフィール■
 ■ よっしー
 ■ 6月16日生まれ
 ■ おっさん
 ■ A型
 ■ ネコ好き
 ■ 京都在住
月別アーカイブ