お坊ちゃんのバケーション(その4)

2004年07月27日(火) 20時39分
 
日も暮れてきました。
なんだか上手く行かないデートにカート君のゲージも冴えない色です。

カート「でも観光絵葉書には楽しいバカンスだと書いておこう。」



見栄っ張り坊ちゃん、知人に絵葉書を投函。




カート「ホテルの部屋は二階に取ったんだぜ。見晴らしサイコー」
ヒラリー「えーホントー、楽しみー」



カート君、本懐目前でドキドキです。




スタンバイオッケー!
(……)




カート「さあねねね寝ようぜ!!」

ヒラリー「え、そっち?あたし隣のベッド……」

カート「ひとつのベッドに寝た方が
ホテルの人のベッドメイクの手間が減ると思うんだ!!」

(苦しい)




ヒラリー「変なの……でもまァイイヤ、何か今日疲れたー。」

訝しみつつも今日一日あんま楽しくなかったことで疲れもたまってたヒラリー嬢、
さして抵抗も見せずに同じベッドに寝る様子を見せます。



カート「(…………煤I!ヒラリー、
寝間着、白!!ガータ!!白……!!煤「※×◎◇……!!)」

(言語中枢ショート)




カート「俺の隣にヒラリーが!
さあカート右腕を伸ばして身体の向きを変えろ!
To be the man,You have to beat the man!
男たるもの闘い制して一人前……いちに……」

ヒラリー「ぐーーーー」



カート「一人前……あ、あれっ?かっ、身体が動かない!?(汗)」

ヒラリー「ぐーーーー」

カート「ま、待っ……ナンで、ジャズの時はもっとこースムーズに……!?」



カート「ほ、本懐ーーーー!!(泣)」


ホテルのベッドがフツーーーのWベッドだった罠。
エロベッドどころかラブベッドですらありませんでした。

合掌。
  • URL:https://yaplog.jp/simlog/archive/21
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:simlog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる