お肌の若返りを目指して 

November 11 [Thu], 2010, 20:38
お肌の若返りを目指しているという方はの多くは、アンチエイジングに関心がある人ではないでしょうか。


人間の肌は加齢と共に水分が失われ、弾力が少なくなりしわやたるみが目立つようになります。肌の若返りをはかるために必要なのは、肌の老化現象をアンチエイジングを意識したスキンケアなどでくい止めることが不可欠です。


しわやたるみの主原因として紫外線の影響があります。しわやたるみが目立つようになる原因は、加齢と共に紫外線によるダメージからの回復が遅くなることです。


紫外線は普段からの影響の積み重ねで影響が現れますので、紫外線に肌が弱い人は特に注意をしてください。雨の日や曇りの日でも紫外線を警戒することがアンチエイジングにとっては重要です。


アンチエイジングでは日頃のスキンケアが大事です。正しいスキンケアや肌トラブル対策が若返りには欠かせません。若返りのためには、年齢や季節によっても化粧品を使い分けることが理想とされています。


お肌に負担になることはアンチエイジングではご法度ですので、化粧を落とさずに寝てしまうというようなことはもってのほかです。


ヒアルロン酸やコラーゲンのスキンケア用品は、アンチエイジングの効果があるとされており、たくさん商品化されています。


お肌の若返りの大前提といえるアンチエイジングのポイントは、クレンジングで化粧をしっかり落とし肌を清潔に保つことではないでしょうか。

肌のトラブルを光の照射によって改善する 

November 08 [Mon], 2010, 16:29
肌を引き締め、なめらかさを取り戻すための美容整形としてフォトフェイシャルは注目されつつあります。フォトフェイシャルとはシミ、しわ、くすみ、そばかすなど肌のトラブルを光の照射によって改善する治療法です。


フォトフェイシャルのメリットは肌のトラブルの原因になっている部分だけに働きかけることが可能です。不必要な部分には光をあてずにフォトフェイシャル施術が可能なため、効率よく治療できます。


フォトフェイシャルでは、事前にカウンセリングでの施術説明とクレンジングによる洗顔を行います。カウンセリング後にフォトフェイシャル治療をし、冷却という順序です。数十分という短い時間で治療することができます。


フォトフェイシャルをしている時はアイマスクで目を覆います。施術を行った肌は、しばらくは赤みが残ったり熱いと感じることがあります。治療後は入院の必要もなく、すぐ帰ることができる点も嬉しい限りです。


フォトフェイシャルでは、3日程度で治療した部分に薄いかさぶたができ、10日程度で取れていきます。一般的には、1か月間隔で5回ぐらいの治療を受けるのがよいとされています。


フォトフェイシャル後のアフターケアとしては、色素沈着やシミの再発を防ぐために紫外線対策を心がけるようにします。


肌への効果はフォトフェイシャル治療後1年程度です。フォトフェイシャルのメリットとして、すぐにメイクをしても大丈夫という点があります。フォトフェイシャル治療には、多くのメリットがあります。

紫外線の防止対策 

November 05 [Fri], 2010, 13:45
紫外線の影響と防止についてです。紫外線による肌への影響を気にする女性は多いでしょう。特に日焼け止めなどの紫外線防止策を、日焼けによるシミなどを防止し美くしく白い肌を保つために行っている人がたくさんいます。


一般に紫外線はお肌の大敵とされています。紫外線への警戒意識は、地球のオゾン層が破壊され、温暖化が進むことでますます紫外線が多くなっていることからも、高まっているといえます。


紫外線の防止が必要な理由は、まず健康被害ではないでしょうか。人間が紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ急性、もしくは慢性的な疾患を引き起こす可能性があるとされています。


紫外線の防止対策はこのことからも欠かすことができないといえます。紫外線に含まれるUVAやUVP、UVCは皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え皮膚の加齢化を促進します。


紫外線によるダメージは美肌の大敵とされるしみやシワの原因とされるため、UVケアといわれる紫外線防止用の化粧品やクリームの使用が必要となるのです。


最も紫外線による肌への健康被害として懸念されるのが、皮膚がんの可能性などに影響を及ぼすことが無いとはいえないからです。


UVBはDNA配列の混乱、複製の中断、などを発生させ癌などの突然変異を引き起こすことから、皮膚がんを引き起こす原因は、紫外線に含まれるUVBとされています。紫外線の防止対策の必要性を感じさせる話ではないでしょうか。

ピーリングという治療 

November 04 [Thu], 2010, 12:01
レーザーで脱毛することは、美容整形として知られていますが、その効果は美肌にもあります。


シミやあざの原因になっているメラニン色素に吸収されやすい波長のレーザーを照射します。かさぶた状になってシミ、あざの部分がはがれ落ち、美肌することができます。


1回だけで治療が終わり、その治療も短時間で終わるというのはメリットです。レーザーが原因で肌が傷つくこともなく安心です。美容整形ではフォトRF という方法を用いて美肌を作ることができます。


光エネルギーと高周波エネルギーを組み合わせたものです。美肌は、このエネルギーが肌の奥まで届き、コラーゲンなどを増加させることでできあがります。


気になるシミ、しわ、ニキビ跡を解消するだけにとどまらず、肌の若返りを促進してくれます。美容整形の美肌術の治療は、数10分という短い時間で可能なのです。


この治療で肌を傷つけることもなく、痛みがほとんどないのも安心です。メリットが多い治療ですが、注意しなければならないこともあります。


日光アレルギーの人や妊娠中の人は受けることができません。


ピーリングという治療をすることも、美容整形ではあります。特定の物質を肌に塗ることにより、肌の角質層を取り除いていく方法が、ピーリングというものです。


効果的に治療できるのは、くすみやニキビ跡などです。表面に、古い肌を剥がしていくことにより、新しい肌が見えてきます。美肌方法としては、ピーリングによる美容整形も試す価値がありそうです。

毛穴の開きや黒ずみ 

November 01 [Mon], 2010, 9:35
フォトフェイシャル治療についてです


肌の悩みとして、毛穴の開きや黒ずみが挙げられます。毛穴が開いたり黒ずんだりしていると見た目がよくありませんし、化粧の乗りもよくありません。


加齢と共に肌のハリが失われることや、皮脂の分泌が多く毛穴に残り気味であることが要因となっています。年齢を重ねると、皮膚に含まれているヒアルロン酸やコラーゲンが減少します。


肌の保水力がなくなるとたるみの原因になります。肌がたるむと毛穴が開いてしまいます。フォトフェイシャル治療で悩みを改善することができます。毛穴の開きを引き締めて、きめ細かい肌にしてくれます。


フォトフェイシャルは、皮膚がコラーゲンを作る力を取り戻す効果があります。コラーゲンが増えることで肌の弾力や張りが出てきて、毛穴が引き締まり、毛穴の開きが目立たなくなります。


フォトフェイシャルは様々な魅力がある治療法ですが、デメリットがあることも知っておきましょう。フォトフェイシャル治療のデメリットとして、妊娠中の人や日光アレルギーの人は治療を受けることができないことがあげられます。


てんかん発作を起こしたことがある人や、日焼けが濃い人、アルコール中毒や糖尿病などを疾患がある人はフォトフェイシャルはやめましょう。


もしもフォトフェイシャルで治療するというなら、利点と欠点を認識した上で行うようにしてください。