サイドビジネス・副収入【初心者】はこれからスタート

FX外国為替証拠金取引
2013.08.18 [Sun] 09:00

●FX=Foreign Exchange、外国為替証拠金取引とは、大きく稼ぐ可能性のあるサイドビジネスですね。
外国為替証拠金取引は、少ない元手、すなわち証拠金で、大きな取引が可能なんです。
証拠金の数倍〜数十倍の外国為替の売買取引ができ、もちろん業者によって幅がありますが...。
でも、サイドビジネスとして、外国為替証拠金取引を行う場合には、慎重な態度が必要です。

●外国為替証拠金取引は、金融商品取引法に基づく登録業者でなければ、販売することができません。
登録業者の販売する商品であったとしても、業者の信用状況を把握し、取引については自己責任が問われる商品です。
外国為替証拠金取引で利益が出た場合、給与所得者は利益が年間20万円を超えた時には、確定申告が必要です。
ただし、くりっく365と呼ばれる取引の場合は、一律20%の申告分離課税となります。

●少ない元手で、大きな利益を得る、ことが可能でありますが、一方、証拠金として差し入れた元手の全額または、それ以上の損失が出る可能性のある取引、でもあることを忘れてはいけません
為替の変動リスクなど、色々なリスクのある、専門知識が要求される商品なので、取引について理解ができなければ、取引をしないようにしてください。
 

ネットワークビジネス
2013.05.19 [Sun] 09:00

◆ネットワークビジネス!
たくさんの人が目に触れる機会が増え、各メディアで取り上げられる事も多くなり、現代のビジネスモデルの主流にのし上がってきましたね。

元来、口コミで広がるものでしたね。商品というものは。
いい商品を購入したいと思った人は、「こういう、いいものを買ったんだ」という他の人の経験を聞き、それを頼りに購入していました。
これを現代にそのままもってきたのが、ネットワークビジネスです。
その成果を現したのが、ネットワークビジネスのランキングなのです。

●ネットワークビジネスというのは、「MLM(Multi-Level Marketing)」と呼ばれる販売形態です。
日本語では連鎖販売取引と訳されます。
一般流通であるところの「SLM(Single-Level Marketing) 」との比較で生まれた言葉です。

一般流通が、小売店を介して販売される一般的な方式であるのに対し、連鎖販売取引は口コミを使って商品の知名度を広げていくシステムとなっています。
一般の販売方式の場合、メーカーが商品を製造、開発し、お店がそれを販売するという流れで成り立っているのですが、MLMの場合は一つ間に紹介人が入ります。

この紹介人が、自分でいいと思った商品を、他の人に紹介することで、その紹介人にも手数料が入り、口コミによる宣伝効果も生むというのが、ネットワークビジネスの主な骨組みなのです
 

個人事業の開業届け
2012.12.03 [Mon] 09:00

◆個人事業の開業届け
個人事業の開業手続きと同時に、青色申告を行う人は、青色申告承認申請書を提出して、青色申告の承認申請手続を同時に行っておきたいものです
サイドビジネスを開始することは、納税に対しても準備が必要となるのです。
それではもう少し、具体的に見ていきましょう。

SOHOなどのサイドビジネスを、個人としてワークを始める人は、個人事業の開業手続きを税務署にする必要があります。
事業所得、不動産所得、山林所得、が生じる事業を、開始した日から1ヶ月以内に、手続きが必要です。
個人事業の開業届けを出すことで、青白申告または白色申告によって、減価償却費や事業に専従する親族がいる場合に、その給与を必要経費にすることができます。

事業所得とは、個人経営の製造業、小売業、サービス業などや、農業、漁業、林業、医師、作家、弁護士、などの業務からの所得です。
事業所得の必要経費には、特例として家内労働者等の必要経費が認められており、必要経費額が65万円未満の場合、最高65万円まで必要経費額とできます。
収入103万円以下の人は、この特例の適用はされなく、所得税はかからず、扶養者の配偶者控除や扶養控除の対象となります。
 

アフィリエイトによるサイドビジネス
2012.11.03 [Sat] 12:09

アフィリエイトといってもなかなか難しいものですよ。
広告を貼っただけではクリックしてもらえず、報酬にはそんなに簡単には結びつきません。
ニッチ(=隙間)を意識して、どのような情報を、閲覧者が知りたがっているのかを考え、サイト作りは興味を持ってもらえるように、心がけなければなりません。

あまりにも収入を意識するのではなく、楽しさを重視し、趣味と実益を兼ねたサイドビジネスにすることが、アフィリエイトとして継続し、結果的に収入を得ることにつながります。
アフィリエイトには、自分ならではの視点を、上手に活用することが必要です。

さて今やアフィリエイトは、インターネットでのサイドビジネスの1つとして、よく知られているものですね。
自分のホームページやブログ、メールマガジンなどに企業広告のリンクを貼り、閲覧者がそのリンクをクリックすることや、商品の購入によって、報酬が広告主から支払われるものです。
アフィリエイトを始める場合、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)といった、個人と企業を仲介するところに、登録するのが一般的です。

このASPと契約し、ホームページやブログにリンクを貼ります。
ASPには、A8.net、バリューコマース、リンクシェア、アクセストレード、JANet、などがあります。
また、楽天市場の楽天アフィリエイトとかAmazon.comのAmazonアソシエイトなどのように、直接企業と提携することもできます。
また、自分で商品を購入して節約に利用するために、本人がリンクをクリックして、商品を購入しても報酬が認められている広告もあります。
 

行政書士
2012.06.30 [Sat] 10:00

サイドビジネスを行ううえで、有利になるように資格取得を目指したり、逆に資格を活かしてサイドビジネスを行おうと考える人は多いと思います。
ここでは、仕事として活かせる資格の1つである行政書士について説明します。

行政書士の主な仕事は官公庁に提出する許可申請書類の作成業務です。
この書類作成による報酬が主な収入源となります。
会社設立、相続・遺言関連、内容証明、建設業許可関係などの書類が作成できます。
資格を持たない人が報酬を貰ってこのような書類を作成することは禁じられています。

行政書士の仕事において、それぞれの仕事について最も回答の多かった報酬は、建築業許可申請(個人・新規)10万円、知事への建築業許可申請(法人・新規)15万円、遺言書の起案・作成指導が5万円、遺言執行手続き20万円、内容証明郵便作成1万円などです。
この他にも多くの書類作成業務があります。

行政書士の資格取得には、行政書士試験に合格する他、弁護士・弁理士・公認会計士・税理士の資格を持つ人なども行政書士の資格を得ることができます。
そして、登録後、行政書士としての仕事ができるようになります。
行政書士の試験は、行政書士の業務に関する政治・経済・個人情報保護などの一般知識や、憲法や行政法など法令が試験科目となっています。

資格はサイドビジネスを行ううえで大きな強みとなります
しかし、その資格を有効活用して仕事を得て、仕事を続けていくことはあなた自身の人となりにかかっているのです。
また、資格取得を語る悪質業者も存在するので、資格取得に関しては充分情報を得たうえで行ってください。
 

社会人におすすめの副業・アルバイトは?

社会人にお勧めの副業内職・在宅アルバイト情報。最近では、サラリーマンでもパソコン・スマホなどのネットで副収入を得るのは、ますます簡単になってきました。 社会人 副業 バイト