デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー350 マリコの元に連れて行ってくれ!

February 14 [Thu], 2019, 10:00
  小王国はヨーロッパの端にある小さな古い王国で、低い山の上を切り崩した場所に建てられた
 王城から見下ろすように森と王都が広がり、古い建築と街並みをそのまま過去から
 残した王都自体が観光資源であり、国民は伝統を守ること自体が生計に繋がると分かっていて、
 国を愛し歴史を守っている。
 王国は森が多く、自然が美しい。その森の中にいくつも古い歴史遺産がある。
 万里子が住む屋敷も、そもそもは王家の古代の宮殿を改築したものを買い取って
 万里子が快適に住まうように改造された屋敷だ。
 クリスの白いジェット機の窓から小王国が見えてきてそのおとぎの国のような森の都が
 近づいてくるとクリスはなんともいえない緊張したような表情でその美しい国に魅入った。
 今は紅葉の終わりで木々がほとんど枯れて冬が近いことが森に現れている。
 ハーバートは機内でのクリスの様子を冷静に観察していた。
 しかしクリスらしからぬ出来事があっても何も指摘せず、困っている様子のクリスを
 さりげなくフォローした。また他の従業員がクリスの普段と違う行動を目にして戸惑うことが
 あってもとても上手に取り繕って助けた。
 レオンがクリスを装っているとハーバートはとっくに見抜いているが、ハーバートもそれを
 指摘はしない事で取引しているつもりというか、
 何とか万里子の元にクリスを届けてほしい希望を優先しているのだ。
 だからある意味積極的にレオンに協力してやった。
 空港にクリスの自家用機が到着しても同じだ。
 ハーバートはクリスが万里子の屋敷にいる間小王国空港付近にある最高級ホテルに宿泊する。
 レオンはニューヨークでそうだったと同じようにハーバートが全部世話をするものだと
 思い込んでいるようで自分は空港のロビーで座って待っているが、
 小王国でのクリスはちょっと違うのだ。
 クリスは小王国に来ると自由に動き出し、自分の車を置いてある駐車場にも
 ハーバートに一言も言わずに自分勝手に行ってしまう。
 しかしクリスのふりをするレオンは何もわからない訳だから、クリスの愛車の準備はもちろん、
 ちゃんと車に乗り込むまでハーバートがやらなければならない。
 やってくれるものだと思って待っているレオンを斜めに見て、それでクリスのつもりを
 演じているんだろうが、やはりお前はレオンだな…とハーバートは冷ややかに思う。
 しかし何故小王国に到着してまでレオンが自分を隠すのか謎だ。
 しかも今回、万里子の屋敷に連絡する際に万里子に部屋で待っていてほしいという注文を
 ハーバートを通してしたのだ。小王国に来るとクリスは連絡も自分でする。
 ハーバートに万里子の家に連絡させたくもない。
 ハーバートと万里子が同じ空気を吸ってさえほしくない程嫉妬深いクリスだ。
 それがハーバートに連絡させるものだと勘違いしたレオンはそう命じてきた。
 そもそもクリスはあくまで万里子の行動にとやかくいわない。
 嫌われたくないクリスが言えるはずもない。愛の前にクリスは弱者なのだ。
 愛の女神が自らの意志で迎えに来てくれるなど羨ましい限りなのに、
 何故玄関に迎えに来ないで部屋で待てと言うのか?それに何の意味があるのか?
 レオンの目的が何なのかわからないが、レオンはどうでもいい。
 願いは一つだ。クリスの魂の救済だ。
 必ず万里子の力でクリスは目覚める。ハーバートは確信していた。
 小王国の駐車場に置いてあるクリスの愛車をホテル車寄せまで運転してきたハーバートは
 親切にナビに目的地を設定しておいてあげた。
 ハーバートが運転席からでて、クリスが代わりに座ると説明した。
「マリコの屋敷まではナビが教えます。」
 本物のクリス本人ではないとハーバートが思っているのがよくわかる言い方だ。
 少しだけクリスの眉がしかめられたが、すぐに感情は抑えられ、
 ハーバートのいやらしい探りにも反応しなかった。これもまたクリスらしくない。





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー351 女神の神殿

February 16 [Sat], 2019, 10:00
 本物ならハーバートの余計なお世話を嫌味ととらえて負けずに皮肉で返すクリスだ。
 何かを言いすぎると墓穴を掘ると思っているのかクリスの真似をするレオンは
 ちょっとだけ唇を突き出して何か言いそうだったが、堪えて口を結ぶ。
 どことなく甘えん坊な子供のしそうな表情だ。
 もちろん本物のクリスなら軽くでも唇を突き出すなどしない。
 そんな子供みたいな真似を誇り高いクリスがするはずがない。
 濃い青い瞳で睨みつけはするが。
 逆にレオンの方に何が起きているのかもついつい考えてしまう。
 あれだけ明るく、いつもふざけてはしゃいで、他人の心を乱していた男が突然クリス並みに
 無口になったのは非常に不可解だった。
 ハーバートはクリスを真似るその表情を冷ややかに見つめて考える。だが…。
 それでいいさレオン。お前の目的は俺にはどうでもいい。
 あくまで俺が大切なのはクリスのみだ。レオンがエンジンをかけるとハーバートは駄目押しをした。
「小王国はアメリカと交通ルールが反対ですから注意してください。」
 もう黙ったままこちらを向かずにクリスの振りをしたレオンは車を発車させた。
 走っていく車を見送ってハーバートはその先にいるマリコを想った。
 俺の役目は終えた。あとはひたすら万里子の愛の力に頼るのみだ。
 祈る気持ちでハーバートは目をつぶっていた。
 万里子の美しい姿は、完全なゲイであり、クリスへの愛に一途なハーバートさえ魅了した。
 レオンもマリコの美しさを知っているのかもしれない。
 ふと、マリコにレオンを会わせてよかったのかという疑問が心を過った。
「いや、クリスを救うにはマリコしかいない。俺は賭ける。」
 ハーバートは女神の姿を思い描いた。
 女神は天空に昇り、その美しい顔に笑顔を浮かべている、
「レオン、クリスを愛の女神の下に連れて行ってくれ。そして女神よ、
 どうか絶望からクリスを救ってくれ…。」
 クリスが万里子の下に向かうのをよく巡礼と例えていた。
 今、ハーバートは初めてその気持ちを理解した。神と会うような厳かな気分。
 そして運命をその手に任せようという大きな存在に全てをゆだねる気持ち。
 ハーバートは目を開けて空を見た。雲が空を覆いつつある。雨が降る前触れのようだ。

 レオンはナビに道を教えられて万里子の宮殿に走った。
 走るうちにその景色は地獄でシンクロしてクリスの目を通して見た光景になっていくので
 感動で胸がいっぱいになった。
 この道…。クリスの目から見たときは青々とした緑の森だったけど、今は紅葉も終わって
 木の葉が落ちていく最中になったんだ。この長く続く森の奥にマリコがいる。
 クリスの目の中のマリコでも、写真でも、動画でもない。本物のマリコがいるんだ。
 レオンもハーバートにバレていると分かっていたが、今のレオンは愛する者の裏切りを
 恐れるあまり臆病になっている。明るく、大胆で、無頓着な男と同一人物とは思えないほど
 怯えるレオン。レオンは自分がこんなにも弱い男だったのかと自分で驚いた。
 これじゃあクリスを笑えないヨ…。
 少し笑顔が浮かぶ。その笑みは皮肉なクリスの笑みではなく、甘えたような雰囲気。
 しかし、願いが叶うというのに心臓が激しく打ち過ぎて止まりそうなのだ。
 あまりにも願い過ぎたのだ。レオンの運転する手指が震える。胸が苦しい。
 レオンは心底から怯えている。
 かつてクリスが初めて万里子に小宮殿に招かれた時は、…あの時もクリスは自殺を決意した
 絶望の時だったが…、しかしこの道を走って向かっていた時はその痛みは全て吹き飛び、女
 神に選ばれた興奮と、
 誇りらしさでバラ色に心は輝き、喜びでクリスの全身が熱かった。
 死の絶望から生きたい意欲、生命力が復活していた。







人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー352 小雨

February 18 [Mon], 2019, 10:00
 なのに今、レオンは全く逆だ。これまでレオンの不幸な人生のあらゆる絶望や悲しみの時とは違う、
 感じた事のない恐怖におののいて指まで震えているのだ。不安は二つだ。
 一つは、あまりに憧れ過ぎたので、万里子の目を恐れているのだ。
 クリスがニューヨークで万里子に蔑まれるくらいなら死にたいと泣いた気持ちそのままの
 弱々しいレオンが今ここにきて出てしまっている。
 平たく言うならマリコはボクをどう思うだろう?という事だ。
 そんなちっぽけなことに恐れおののき、手まで震えているとは、レオン自身信じられない
 弱虫になってしまった。
 レオンにとってマリコはどんなに会いたくても会えない存在だった。
 マリコはレオンの少年の時からの暗黒の生活の中、どんな闇の中でも輝いていた。
 レオンの深すぎる闇を照らす光そのものが万里子だった。
 遠い存在でもレオンの心を支えた存在。レオンの天使。ニューヨークにいる間はまだよかった。
 いざ本物と逢えるんだと思ったら、息も出来ないほど緊張してしまった。
 もしマリコに嫌われたらボクはもう生きていけない。でも地獄に戻りたくない。
 小王国に引きこもって一目見ることすらできなくなった天使。
 絶対に手の届かない存在を自分の手に抱こうと必死であがいてきたレオン。
 クリスは万里子の息子・旬の命と引き換えにした取引で誰もがうらやむ立場を手にした男だ。
 レオンにとってクリスは本音では妬み殺したいくらい憎い恋敵だ。
 それでもマリコに会う為ならクリスの顔でもいい。
 そしてもう一つの不安は、もし何か思わぬ問題が起きて、
 万里子に会う前に阻まれたらという不安だ。レオンは万里子に連絡していないから
 そんなことはあり得ないのに、屋敷に行ったら軍隊が待ち構え、レオンをとらえ、
 万里子の姿を見ることなく終わるという得も言われぬ不安が心に湧いてはレオンを恐れさせる。
 前回がそうだったせいだ。
 前回はそれでも新兵器があったからもし裏切られたら万里子が出てくるまで世界中の都市を
 破壊してやるつもりだった。しかし今は新兵器はない。
 あの日、
 野望を捨てて万里子に従ったが、結局万里子に会えずにレオンは死んだ。
 頭がくらくらしてきて、レオンは車を一時路肩に停車した。
「はあ。勇気を出すんだ。ボクはマリコの傍に行く鍵を手に入れたんだ。」
 誰も知らない。皆この姿をクリス・スワンだと思う。マリコもそうだ…大丈夫だ。
 レオンは目を閉じて口の中でブツブツつぶやき、自分に何度も繰り返し言い聞かせて、
 再び車を走らせた。
 ポツポツと、雨粒が車のフロントガラスに落ちてきた。

 深い太古の森の奥に屋敷を取り囲む外壁があり、ここに守られる万里子はこの敷地から
 ほぼ出てこない。万里子に恋い焦がれる男たちがどんなに願っても万里子は門を開けない。
 その万里子の屋敷の門が遂に開かれた。
 通すように連絡をされていた屋敷の門番も当然クリスの愛車を見慣れている。
 クリス・スワン本人であると疑いはない。
 車が通過し、大きく開かれた門の向こう、
 太古の森は木々の葉を落とし、地面は黄金に輝いている。その光景は神秘的に感じた。
 広い庭園を車で数分走って古代の王家の小さな宮殿を改造した屋敷が見えてきた。
 ああ、マリコがあそこにいるんだ…。
 感動でレオンの胸が詰まるような感覚になった。
 誰もいない静かな森の中にある小宮殿はまさに神殿。
 その神殿にレオンの女神がいるのだ。
 地獄でレオンはクリスを羨んだ。
 クリスを迎える万里子の可愛らしい姿。万里子がクリスを見つめるそれが羨ましくて
 仕方なかった。しかし車を降りて小雨の中屋敷の玄関に走ったレオンが呼び鈴を押すと、
 今日扉を開けたのはレオンが注文した通り万里子ではなく中年の女使用人。
 女中頭はもちろんよく知った客に対し、丁寧に接する。万里子の部屋まで案内されて、
 レオンは心臓が口から出そうなほどの緊張で女中頭について歩いた。
 女は万里子がいる部屋の扉をノックすると声を掛けた。
「奥様、クリス・スワンさまがお見えです。クリス様どうぞ中へ。」
 万里子の居間の前で声を掛けるとレオンに向かって軽く会釈してから年配の女は去っていった。
 女の姿が見えなくなるのを待ってレオンは扉を開けて中に入った。





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー353 クリスを呼ぶ声

February 21 [Thu], 2019, 8:50
 いつもクリスは万里子が顔を出すとそこで意識を遮断した。まるでレオンが覗いているのを
 知っているかのようでレオンは腹を立てた。
 もしかしたらクリスも無意識で何かを感じていたのかもしれない。
 クリスは万里子のプライベートな姿を誰にも、特に男には見せたくなかった。
 そのクリスの意識が何らかの視線を感じて通信を遮断した可能性はある。
 だからレオンは万里子の屋敷内の部屋を初めて見る。
 他にも部屋はあるし寝室もあるが普段万里子がくつろぐ部屋だ。
 
 窓の外は太古の森。アンティークな家具で統一されている。
 カーテンも絨毯も淡い薄紫。部屋着用のゆったりした白いドレスを着た
 万里子はまるで天使のようだ。
 額の真ん中で分けた黒くて長くウエーブのかかった髪はつやつやと輝き。
 完璧なバランスの顔に、大きな黒い瞳。美しさは写真で知ってはいたが、
 実物はその何十倍も美しく感じる。内面から光が差すような不思議な白い肌。
 なんといっても女性特有の滑らかな曲線。膨らんだ胸元、細い手指。
 甘えたくなるようなたおやかなしぐさ。花のような香り。何もかも写真とは別格だ。
 その胸にしがみつきたい衝動がレオンに湧きおこる。
 アンティークなソファに座り、待っていた万里子が立ち上がり
 クリスに寂しそうな顔で微笑んだ。
「おかえりなさい…。」
 小鳥の様に可愛らしい声。夢のような儚い姿…。

 レオンは夢を見ているように感じた。手を伸ばせば消えるような夢…。
 レオンの心臓が激しく鳴り響く。音が耳に聞こえる程だ。
 そうして扉の前から数歩歩いて止まり、泣き出した。
 寂しくて寂しくて仕方なかった。逢いたくて、逢いたくて、夢に見た。
 万里子に憧れた少年に戻ってレオンは涙を流した。

 万里子の顔を見た途端にまるで少年の様に無防備に泣き出したクリスに
 万里子は驚いて近寄っていく。
「クリス?」

 クリス…。
 万里子のクリスを呼ぶ声は脳の奥に閉じ込められたクリスの精神に届く。
 それは水の中で聞こえるような小さな声だった。しかしその声はクリスの心の世界を
 伝わり振動させる。
 
「クリス、どうしたの?」
 現実の世界の万里子の部屋でレオンは歩くことができずに
 涙を抑えようと顔を手で拭うしぐさを繰り返した。
 くしゃくしゃに顔を歪めて、口からは堪えようとしても嗚咽が漏れてくる。
「う…うぅ。」
 万里子がレオンの目の前にふわりとやってきた。
 花のような香りがレオンを包む。レオンを万里子がのぞき込んでいる。
 その眼差しに自分ではない男が映っていても、それでもレオンは生まれて初めての幸福を
 味わった。レオンは涙を流しながら少し微笑み、万里子の名前を呼んだ。
「マリコ…。」
「クリス…。」
 万里子を見下ろすレオンと、見上げる万里子のシルエットはとても美しい。
「クリス…何があったの?」
 いつもクリスは万里子の下に帰ってきた時は悲しそうだった。
 クリス自身は自分が万里子より年下なのを気にして、頼れる男であろうと強がって
 いたが、万里子には本当の姿が見えていた。
 クリスは名誉も権力も美しさも全て持っている。誰もが憧れ羨む存在。
 それなのに打ちのめされた様に怯えて帰ってくる。
 それでも内心の弱さを見せたがらないクリスは強がって微笑んで見せる。
 そのクリスが見栄さえ張れなくなった程傷ついていると万里子は思ってしまった。






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー354 マリコ…ボクだよ

February 23 [Sat], 2019, 10:01
「何があったのクリス、どうしたの?泣かないで?
 いいえ、泣いていいのよ。貴方はいつも本当は何かに怯えていました。
 貴方がやっと本当の気持ちを表に出せるなら泣いていいの。
 どうか貴方の心の痛みをすべて私に話してください。」
 万里子のその優しさにレオンは本当に驚いたし、心底クリスが羨ましと感じた。
 こんなに優しいマリコを何故あいつは自分を蔑むなんて思えたんだろう?
 あいつは本音では万里子をわかってなかったんだ。
 レオンは母親を女の原型に思ってきた。レオンの母親は美しく無神経で時にひどく残酷だ。
 美しい女はそうゆう物なんだと思い込んでいたが、マリコは以前電話で話した時も
 優しかったし、今も優しく癒してくれる。それがクリスにではなくレオンに向けられたもの
 だったならばもっともっと嬉しかったが。
「マリコ…。」
 万里子は細い腕を回してクリスを優しく抱きしめた。
 するとレオンの意識の下に封印されたクリスの心の世界に異変が起きた。
 万里子の腕がクリスの身体に回された時、クリスの全身に電流が流れた。
 それはレオン自身が感じた事でもある。
 その瞬間クリスの肉体にクリス自身の姿と、レオンの姿が同時にシンクロした。
 クリスとレオンの二人が同時に、同じように感じた為にお互いどちらの感覚かわからなくなった。
 クリスの精神では、心象世界は凍り、心象世界に創られた万里子の住まう森と
 屋敷と湖の全てが凍り付いている。
 その湖の氷の中にクリスの精神は閉じ込められて埋葬された。
 目を開けて、口も開けて、もがくように両腕を湖面に向けて伸ばした格好のままで
 氷の像と化しているクリス。
 しかし、現実の万里子の住まう小宮殿の、万里子のたおやかな腕に優しく抱きしめられると
 その凍り付いた心の世界に光が差してきた。
 その光は湖面を見上げて時が止まったクリスの濃い青い目にも差していく。
 揺れるような柔らかな光りが、クリスの目の中で揺れている。

 万里子の腕に抱かれたレオンはまた溢れる涙を止められずに、口も子供の様に引き結び、
 溢れる感情をなんとか止めようと頑張っている。
「本当に…君なんだネ…。」
「クリス?私よ?どうして私が私じゃないみたいなそんな言い方をするの?」
 レオンは万里子を両腕に抱きしめた。最初は壊さないように優しく、そうして肌から感じる
 万里子の命の熱に感動した。
「本当はこんな風に泣くつもりじゃなかった。ボクはもっとはしゃいで、
 何度も電話で君と話したあの時の興奮と同じく、大声で喚いて、踊り狂って、
 君を戸惑わせてしまうんだろうって想像してた。
 なのに、ボクは泣きじゃくって、君を心配させている。こんな情けない男だったなんて
 ボク自身知らなかったんだヨ…。」
 万里子は不思議そうな顔でクリスを見上げていたが、何かの記憶が蘇って来て、
 少し強張った顔をした。
 ある日突然掛かってきた電話の相手は陽気で大騒ぎをした。クリスとは真逆の性格の青年。
 …アマデウスの息子です。でもボクの方がカッコイイです。あなたの人形は元気です。
 元気過ぎて生意気です。ボクが助けました。人形と引き換えにボクと結婚してください。…
 青年は突然プロポーズした。
 一度も会ったことがないのに万里子の心に鮮烈な印象を残した青年。
 …今でも心の中にいる青年。それは万里子だけの秘密…。
 
 万里子が少し身体を引いたので、レオンは万里子の細い腕を痛くしないように気を付けながら
 掴んで、顔を寄せて囁いた。
「マリコ、…ボクだよ。」






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sibaenn
読者になる
https://yaplog.jp/sibaenn/index1_0.rdf
2019年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
月別アーカイブ