デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー65 動物に食べ尽されたような

December 05 [Sat], 2015, 11:00
 床でイイ気持ちで横たわるほかほかの横嶋と、息子・旬の行く末の関係を不安に感じ
 父・晃は思い悩んだ。
「朝からSMか、俺の息子はどこに行く気なのかな?」
 遠い目をする親父。
「アキラ、俺たちも先に行って兄弟を見つけよう。見つかったら動物に乗り移って
 シュンたちに教えればいい。」
「ああ、そうだな。」
 ロバートに促されて、うつ伏せでぐったりした横嶋を尻目に晃たちは飛んで行った。
 
 短い睡眠で、朝まだ薄暗い中、甘栗と旬、横嶋は手分けしてバンダム兄弟を探した。
 ただそれほど互いが離れない状態で発見したらすぐに駆けつけられるようにするが、
 絶対に大声は出さずに携帯で連絡を小声で取り合う手はずだ。
 まだバンダム兄弟は森を出ていない。バンダム兄弟は木々に擬態した状態で眠っている。
 しかし森は広く、微動だにしない兄弟はうっそうとした木々の合間を飛んで探す
 晃たちにも見つからなかった。
 朝、数時間捜索した途中で旬と横嶋は講義を受けるよう甘栗に促され、
「大丈夫、あのこたちはきっとぼくを見れば思い出すよ。」
 と、心配する旬を説得し甘栗一人で探した。
 しかし森を一生懸命探したが兄弟はみつからず、甘栗は心配顔になった。
 夕方には旬と横嶋が戻って来たが甘栗も元気がなくなっていた。
「あのこたち、きっと凄くお腹を空かしてるね。心配だ。」
 旬は今のあのビジュアルだと食べる物がお菓子とは思えないと考えた。
 そして残念ながら甘栗の心配通り、バンダム兄弟がケミカルから失踪して3日後に
 ケミカルから少し離れた地域で動物に食べ尽くされたような野犬の白骨死体が
 発見される。古い骨ではなく新しい状態で、大きめサイズの野犬をきれいに食べる
 サイズの大きさの動物が出没したらしいとローカルニュースに小さく報じられた。
 タイミング的に怪しいと、この地域のニュースのその異変を旬は察知し、
 マズイと思った。
「まさか、あいつら…。」
 本気で探し出して連れて帰らなければならない。
 あいつらか、他の動物の仕業か…。
 今のところ動画サイトに化け物の動画はアップされていないので、
 たぶん何かの理由で昼は動かないのだろう。あいつらまだこの付近にいるのか?
 あいつらと同じくらい早く動いて、麻酔を撃つ。あんな格好だから連れて帰るには
 車も必要だ。旬はバンダム兄弟を秘密裏に連れ帰る手段を思考した。

 同じ頃、クリスがニューヨークのランドンと最終の性的接待を行っている間、
 クリス直属の部下ハーバートは高級ホテルの駐車場、リムジンで待っていた。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てねクリックありがとうございます。
なんとか更新〜〜〜
見捨てないでくれた皆様ありがとうございますゅ〜〜

デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー66 恋の面影

December 06 [Sun], 2015, 12:06
 ホテルのラウンジで待ってもいいのだが、今日は殺風景な駐車場が心地いい。
 クリスが男との関係が終わって連絡して来るタイミングを待っている間、
 静かである分、胸を焼く黒い嫉妬の痛みを深く味わう。
 自虐は趣味ではない。自虐趣味はクリス一人で結構。
 ただ、今日の気分はこうしていたいだけだとハーバートは自分に言う。
 
 高級ホテルで提携社長がやっとクリスを弄ぶのが終わり、全身汗と体液でまみれた
 クリスが肩で息をしながらやっと終わったと、シャワーを浴びて
 全身の汚れを洗い落としていた。
 しかしクリスが一生懸命身体を洗っていると、ランドンはまだ足らなかったらしく
 バスルームに入ってきた。
 気を緩めた途端にランドンが笑いながらバスルームに来てクリスは恐怖で思わず
 叫びそうになったが、堪えた。
「クリス。またしばらく会えないんだろう?私は寂しいよ。」
「ええ、私もです。」
 ランドンは黒髪にひげの顔も体も平凡な中年男だ。
 クリスのような美しい男に憧れている。
 ニューヨークに本社があるもう一人の提携会社社長で小男のフィッシャーは
 ワシントン壊滅事件でのアメリカ経済大混乱に会社が堪え切れずに縮小され
 財力を失った為、新プロジェクトも降りて、今回クリスの接待を受けられないが、
 フィッシャーも芸術作品のように完璧な美を持つクリスに憧れクリスの肉体を
 舐め回した。
 ランドンも平凡な己とは全く違う美青年に憧れと、クリスの顔に残された美女の
 面影に、心疼く恋の思い出を重ねている。
 シャワーで洗い流したクリスの美しい顔と体をじっと見つめて溜息をつき、抱きしめる。
「すみません、もう時間がありません。」
 抱きしめられたクリスはいつもの言い訳で逃げようとした。
 ランドンが答えずにクリスの唇を貪る。そうして囁いた。
「私たちとのセックスで誰が一番いいんだい?」
「もちろん、貴方です。」
 嘘だとランドンは思っているが穏やかに微笑み、クリスの唇に軽くキスをし、
 そうしてバスルームを出て行った。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てねクリックありがとうございます。
見捨てないでくれてありがとうー。

デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー67 計略

December 08 [Tue], 2015, 12:11
 クリスはホッとして、ランドンの気が変わらないうちにと急いで着替えて、
 なんとかやっと逃げられた。
 上から下まで高級ブランドスーツを着こなしたクリスは先程まで汚れていたとは
 思えない。さすがに貴族の上品さで溢れている美しい青年。
 周囲から浮くような美青年だが表情は暗い。
 高級ホテルのエントランスから出ると車寄せにリムジンがスーッとクリスの前に着く。
 中から背が高く、真っ直ぐな黒髪を丁寧に梳いた潔癖な感じの青年・ハーバートが現れ、
 その入れ替わりにクリスはリムジンに入る。
 ハーバートもリムジンに入りドアを閉める。
「クリス。既に自家用機は離陸準備をしてあります。」
 次はロスだ。無理なスケジュールをセオドアに組まれたのだ。
「ありがとうハーバート。」
 そう言ってもこちらを見ずに視線を落としたクリスをハーバートは見つめる。
「……。」
 ハーバートの横でクリスは両手で顔を覆う。ハーバートはそんなクリスを憐れんだ。
 しばらくそのままの状態が続き、それから話を始める。
「どうだ…残りの役員はどれだけこちらとの話に応じてきている?」
 クリスはスワン社総取締の父親セオドア・スワンを追い落とし自分がスワン社を奪う
 為に現在裏から取り締まり役員に接触し根回し画策中だ。
 これが成立しスワン社を手に入れるまでは父の言う事を聞く今まで通りの息子を演じ
 ている。身を落としたこの苦しみももうすぐ終わらせると願いながら。
 セオドアはクリスと万里子が不倫関係にある事を気に食わず、クリスの政略結婚を
 進めようとしたが、しかしクリスはかたくなに拒否し、親子関係はますます
 悪化している。
 しかもセオドアは万里子へ何度かクリスと別れるように手紙を送っている事を知って
 クリスは更に焦っている。万里子はクリスに元夫・桐生晃の暗殺を依頼し、
 クリスが躊躇なく実行した為に晃は死んだ。
 晃が死んで深く自分の愚かな行為に後悔し今を持っても死んだ晃を愛していると
 知った万里子は自らの罪によってクリスに捕らえられた。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てねクリックありがとうございます。

デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー68 父を罠にはめる息子

December 09 [Wed], 2015, 12:09
 それでもクリスの結婚の話を知り、それをいい機会と思って別れを切り出したら、
 クリスは万里子の息子・旬を狙撃手に狙わせた。
 旬の代わりに旬の現在後継人の甘栗太一が撃たれたが、クリスは万里子が別れるなら
 ばすぐに旬を殺すと宣告している。だから万里子はクリスとどんなに別れろと言われ
 てもクリス自身が万里子に飽きて別れを切り出すまで、自分からは別れられないのだ。 
 赤ん坊の頃憎み捨てた息子・旬を、晃を殺してから愛するようになった皮肉。
 万里子は自らの犯した罪で旬へむけられるクリスの凶行を恐れている。
 こうした複雑な問題を、殺人の共謀と言う犯行を、誰にも言えない。
 万里子に恐れられても、嫌われても、拒絶され会えなくなるより良いとクリスは選択
 した。こういった点でもクリスはレオンに近い魂の持主なのだ。
 レオンもまた、万里子の息子の命と引き換えに結婚を迫ったし、人の事などどうでも
 よかった。悪い事をしたら地獄に行く、そんなのはおとぎ話だと思っていた。
 レオンは地獄が実際にあるとは知らなかった。地獄の暮らしは本当に地獄だ。
 クリスとレオンはその精神のありようと、万里子への倒錯した愛情においてまるで
 心が同一人物の様だ。ただし、レオンは明るい性格でクリスは暗い。
 万里子の愛を得る為にはスワン社のスーパーパワーも絶対に必要だとクリスは
 思っている。金銀財宝を金持ちたちは万里子に捧げる。
 スワン社の長男として権力を振るえる立場を失い、一般の財力程度の青年では
 万里子にふさわしくない。クリスはセオドアを追い落とし全てを己の手に奪いたいのだ。
 父に愛されたいが為に生きていたクリスを万里子の存在が変えた。
 それを察知してセオドアは万里子を恐れ、万里子からクリスを引き離したい、
 そうして親子の元々の確執はいよいよ末期に達した。
「ええ、それぞれ癖がある。金で旨く買収出来る連中はまあ金の金額でなんとかなる。
 問題なのはセオドアと昔から深い信頼関係にある連中です。」
 家族などへの贈り物などで少しずつ接近し根回しをしてきたが、距離を置く役員がいる。
「半数以上の確約が得られれば父を解任させて隠居に追い込める…。
 寝返らない人物をどうすればいい?」
「私の個人的な考えですが、あなたの裏工作を初めは気付かせないで
 関係を深めればなんとかなるのではないかという人物が二人います。
 その人物から他の役員に働きかけてもらう。」
「つまり関係しろと言うんだな?」
「それが一番可能性が高いでしょう。」
「分かった。お前が見てゲイだと思う役員と自然に会える機会をうまく作ってくれ。」
「わかりました。」



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てねクリックありがとうございます。
ヤプログ恋愛ジャンルで初めて1位を頂ました!!ありがとうございます!
最近訪問者さまが激へりしていて、もうやめたほうがいいのかな…と思っていたら、
昨日PCUU約1000人携帯1000人??のみなさまからご訪問があり、
たまに読みのかたがまだ見捨ててないんだと
思って、もう少し頑張ろうかなーと思っていたらの恋愛1位で、なんか嬉しかったです。
先が見えなくなってしまうと更新も止まってしまいますが、どうか見捨てないで旬、晃、
そしてクリスにも会いに来てやってください。m(−−)m

デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー69 嘘でもいい

December 11 [Fri], 2015, 13:35
 しばらく空港へ向けリムジンを走らせてハーバートはクリスに尋ねた。
「あの男はいかがでした?」
「…汚らわしい男だ。それに下手だ。…お前の方がずっといい。」
 それでハーバートはクリスの肩を抱き寄せ口付けた。
「ん…。」
「クリス。」
 二人は複雑な関係だ。元々ハーバートはクリスの直属の部下でクリスに恋をしていた。 
 だからクリスが愛する万里子に嫉妬していたが、本物の万里子と会う機会があり、
 その時万里子にゲイのはずのハーバートは心を奪われた。
 しかし自分ごときでは万里子の足元にも近寄れないと苦しむハーバートは長年恋する
 クリスと痛みを共有しあえる特別な存在になれると考えるようになった。 
 結局二人はつまり傷口をなめ合う関係と言うわけだ。
 そもそもゲイではないクリスだが20歳頃から男性達との関係にならされて、
 ハーバートとの関係にも慣れてしまっていた。 
 それでも男同士の行為に生理的な嫌悪感も抱く自分もいる。
 しかしクリスは父セオドアを追い落とす為にハーバートとの関係を深める事にした。  
 この一番身近で、万里子との罪の共有の秘密も知るこの男を敵にする事は危険この上
 ないからだ。ハーバートを引きつけて情でとらえ味方にし、この計画を実行させる。
 クリスは自分の魅力を十分に使うようになった。
 ハーバートはクリスの嘘を知りながら、嘘でもいいと、恋人を胸に抱く。
 権力者の玩具として汚されて戻るクリスの痛みを感じながら。
 こうした茶番を今日も地獄で覗き見するレオンは嘲笑う。
「フー、クリス坊や。君ってすっかり娼婦根性が身についてるんだね。
 ハーバートは言ってみれば美人局だ。アハハ。まあ頑張ってよ。」
 レオンはコンタクトを再開しクリスが飛行機に乗って何処に行くかをワクワク
 ドキドキしながら行き先を言うのを待った。
「ボクとしても君の計画が旨く行く事を切に願ってるんだよ。
 そうすれば君のオヤジに邪魔されず好きなだけマリコに会える。フッフーッ!
 サイコーだ!ワオワオワオー!」
「さっきから何をぶつぶつ言ってるレオン?」
 気配を消して近寄り、レオンの後ろに立つ父・アマデウス。
 アマデウスが岩陰に隠れてはしゃいでいるレオンに気が付き、お仕置きしてやろうと、
 もうすっかり元の人間らしさを失った真っ白の顔に真っ白の目、耳まで裂けた口の
 顔で笑ってレオンを見下ろしていた。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てねクリックありがとうございます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sibaenn
読者になる
https://yaplog.jp/sibaenn/index1_0.rdf
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ