凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー24 てめえ旬に何をしたあっ!!

March 09 [Sun], 2014, 12:43
 おかしな感触だ。腹の中に入れられた熱い×が動くたびにいいようのない
 快感がおしよせてくるなんて。
 現実の旬はシーツをぎゅっと握り、そうして仰け反った。
「はああ、ぁ…。」
 実際の旬の唇からも、れる喘ぎ声で横嶋は感動した。
「お前も快感を感じてるんだな、桐生…っ!!」
 激しい快感で喜ぶ横嶋にずっと×された旬の身体を横嶋はもっと上に持ち上げ、
 もう一つの穴も×しておこうと考えた。
「やっぱりこっちも欲しいぜ桐生〜〜。×れるうちに全部の穴を×ってやる〜〜!!」
 本来なら男の子の旬の後ろの×××も横嶋の欲望で征服しておきたい。
 そうして終わらない××したままの××をゆっくり抜いて後ろの穴を狙った。
 そうして可愛い部分にゆっくり押し込むと横嶋を受け入れた部分の肉の感触が
 まるで現実のような感覚と快感で二人は繋がる。
「うわ〜〜〜、しまる、しまる、可愛い〜〜〜〜!!」
 横嶋は旬のア×ルを×し、旬の変身した女の×××にも横嶋の両手の指を同時に入れて
 一気にぐるんぐるん掻き混ぜ小刻みに入れては抜き差す律動を繰り返し、
 旬の超可愛い表情は苦痛と不快と快感でゆがみどうしようもない快感を送り合う
 二人はずっと一つになった状態でいつまでも続くクライマックスの波で
 身体を揺らした。
 
 横嶋がいつの間に帰ったのかと慌てた晃とロバートはすっかり時間が真夜中に
 なっている事態に後悔し、急いでコンドミニアムの自宅に帰ると旬の部屋では
 薄暗い中でいつもこっそり覗く色情霊のおじさんたち、ヘンタイズがみんなで
 羨ましそうにベッドを覗いている。
「いいな〜。あいつ可愛い坊やにあんなことしてるよ。」
「俺たちもやりたいな〜。」
晃が見た時は横嶋が旬の上に乗って激しく腰を動かしまるで絶頂を迎えているような
 真っ最中だった。
「な、なに―――――――?」
 驚いた事に横嶋の腰の動きに合わせるように旬も仰け反って喘いでいる!
「あ、あ、う、や、やめ、」
 目を閉じたまま喘ぐ旬、これは横嶋のスケベ念を受信しているんだと晃はベッドに
 向かって飛び上がった。
「うわー、し、旬―――――、目を覚ますんだーっ!」
 晃が飛び掛る直前、
「オウオウオウ、イク〜〜〜〜〜!!」
 と横嶋が絶頂の声をあげ、それに呼応するように旬も大きく仰け反った。
「ああ、ああ…!」
 なんと今までのどんな変態もなしえなかった事を横嶋はへーきでやってのけている。
「シュンの精神に侵入して…レ、レ×プしてるのか?」
 ロバートは一人呟き、晃は怒鳴った。
「ぶっころしてやる!」
 晃から見ると二人は服を着ているのだが、旬の夢では全裸で横嶋に抑えつけられている。
 横嶋が旬の少年の胸を撫で回して横嶋の願望を実現させて大きく膨らみ、
 下も同じように女性化してしまった部分そしてア×ルがいま横嶋と旬を繋、げて一つになって
 快楽を貪っている、とまでは見た目には晃にはわからないが、
 とにかく旬が感じているのをやめさえさせようと横嶋に飛び掛り、
 飛び掛った横嶋の肩を両手で掴むと飛びついた勢いそのままベッド下に
 飛び落とし、馬乗りになって横嶋の顔をガンガン殴った。
 瞬間、旬は横嶋のエロ念から開放されるとぐったり寝入った。
 晃の右拳が横嶋の左頬を殴るすぐに左拳が右側をえぐる。
「てめえ、旬に何をしていたあああああああああああああああ!!」


人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー25 親子でそっくり〜〜!!

March 11 [Tue], 2014, 12:23
 晃に殴られながらも横嶋は悪意たっぷりに怒り狂う晃を挑発した。
「遅いぜあきら〜〜、桐生の身体はサイコ〜だったぜ〜〜〜〜〜〜!」
「許せねえ!俺の息子だぞーっ!!」
「ウホウホウホ!」
 晃はさんざん顔を殴ったが横嶋が笑っているので横嶋の首を絞めた。
「ぎ、ぎょえええ〜〜〜〜〜、ブレーク〜〜〜〜、死ぬううう〜〜〜〜〜!」
 苦しそうにもがく横嶋の首を両手で絞めて吠えた。
「一回マジで死ねええ横嶋ーっ!」
 横嶋は晃の腹を膝で蹴り上げ、後ろに蹴り倒された晃の身体の下から
 這って逃げ出すと側で待っていたロバートが襟首を掴んで思い切り殴った。
 殴られた横嶋は床を転がり体勢を害虫の如く低くして移動する。
「二人がかりで汚ねえぞ〜〜!!」
 しかしロバートが押さえて、晃が横嶋の背中をバコバコ踏みつける。
「踏み方が親子でそっくり〜〜〜〜!!」
 旬に殴る蹴るの暴行を年中受ける横嶋は晃と旬の行動がそっくりだとあわあわ逃げた。
 暴れて抵抗する横嶋が部屋中飛び回り、ベッドでぐったりしている旬は
 部屋中ドタバタ飛び回り旬のベッド上でももんどりうって暴れる3人の波長を
 キャッチしてうなされ、今度は普通の夢だが、嫌な感覚の悪夢に囚われ、
 誰か男の顔が近寄ったその顔が突然横嶋に代わり、口を突き出しキスをしようと
 するのを跳ね避けようと叫んだ。
「うわ―――っ、やめろ横嶋―――っ!」
 旬はガバッと起きて両手を無我夢中で空中に振り横嶋の幻をはねよけた。
 薄暗い中、周囲を見回し、ホッとする旬。
「はあはあはあ…ゆ、夢だったのか…よかった。」
 見知らぬ男に何かされた…それが横嶋だった…いやに生々しい夢…。
 ゾッとしながら呟く旬に、目を輝かせる横嶋。
「おお〜、桐生もよかったんだな。」
「そう言う意味じゃねーよ!」
 晃は横嶋にコブラツイストをかけギョオオ〜と横嶋は叫んだ。
 飛び起きた旬は壁の隅っこに引っこんで自分の両腕で自分の体を抱きしめた。
「怖い…俺…横嶋に抱かれる夢見た…なんか感じた?畜生横嶋、夢にまで出やがって!
 許せね――――っ!」
 旬はいきなりベッドから飛び上がり真夜中にも関わらずあまりに生々しい感触を
 振り払おうと壁にバキバキガンガンッと殴る蹴るの暴行を加えた。
「死ね死ね死ね横嶋ああ――――――っ!」
「おおお〜〜〜〜〜う!いてえ、いてえ、いてえええええええええええ〜〜〜〜!」
 なぜか横嶋は自分が実際に蹴られている如く旬のキックに合わせお尻を引いたり
 腹を抑えたりして痛がって身悶えする。
「なんでお前が痛がるんだー?」
「ヨコシマはビョーキだ。」
 しかし客観的に見て横嶋は旬の蹴りのタイミングとぴったり一致していて、
 本当に蹴られているように見える。
「これはもしかしてシュンがただ蹴っているというより、ヨコシマを蹴るイメージを
 発散しているんじゃないか?それをヨコシマが受信しているんじゃないか?
 もしそうなら、シュンはテレパシーみたいな力を持っているぞアキラ。」
「そうか俺の息子はやっぱり超能力者だったか。
 そういえば善人と偽善者と悪人を見分けるのが得意だもんな。」
 真夜中、早速元気に暴れる旬に晃は悪い精神的影響がなさそうだと安心した。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

3・11を忘れない。

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー26 総司からの内部調査依頼

March 12 [Wed], 2014, 12:28
 旬に蹴られる思念を受け床に倒れて陸に上がった魚の様にピチピチ跳ねて痛がる
 横嶋を見ながら晃は怒った。
「それにしても…!この変態ーっ!俺の目の前でよくも俺の息子を精神レイプ?
 しやがったな―――っ!」
 晃が横嶋の背中にドスッと足を置くと、ロバートも同じようにドスッと足を置き、
 横嶋は仰け反った。
「アキラ!ヨコシマを肉体に戻そう!!」
 晃とロバートは変態・横嶋を足と胴体を捕まえて飛んで強制連行した。
 真夜中のセントラルパーク上空に引きずり出される横嶋はもがいて抵抗している。
「離せ〜!離しやがれ〜!」
「ううるせえー!黙ってろ!」
 セントラルパークを越え、キラキラ輝くマンハッタンの夜景を三人は飛んで行くと
 すぐに横嶋が入院中の病院が見えてギャーギャー喚く横嶋を肉体が寝ている病室に
 ドスッと放りんだ。
「早く戻れよ!」
「嫌だああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」
 晃とロバートは横嶋を意識不明の横嶋の肉体に頭を掴んでぎゅうぎゅう押し付けて
 なんとか霊体を元に戻そうとするが横嶋は何としても入らないとがんばった。
「透明人間楽しいいい〜〜〜〜、もっと遊ぶんだ〜〜、桐生の秘密を暴くう〜〜〜!」
「はあはあはあ、くそーっ、しぶとい奴め。」
 それで晃とロバートが二人がかりで横嶋の上に乗ってドスドス踏みつけ肉体に
 押し付けてもしかし横嶋はピタッと空中に停止して踏ん張った。
「ぬおおおおおおおおお〜〜〜〜〜!」
「なんて奴…。」
 その横嶋の執念にロバートもお手上げになった。
 朝になって格闘の末、病室の床に座り込んでロバートは頭を振った。
「アキラ、そのうち横嶋も意識が戻れば嫌でも元通りになるさ。諦めよう。
 今後は俺たちが絶対にシュンの側を離れないようにしよう。」
 晃は悔しそうだ。
「くー!もう絶対旬にいやらしいことするなよ。」
「あきらあ、それは無理だあ〜〜。」
「クソ―、どこかに捨てて来たいぜ!」
 こちらサイドに来た横嶋の変態ぶりと強い意志力は晃とロバート二人の手にも余った。
 
 次の日の夜遅く、旬の携帯に随分久しぶりの人物、甘栗太一の弟・甘栗総司から
 連絡が入った。
「私だ桐生君。久し振りだな。」
 久しぶりに聞く総司の声、電話の向こうのハンサムな顔に苦手意識がある旬は
 やや動揺する。
「そっ、総司さん…ど、どうしたんですか?」
「うむ。実は君に頼みがあって、甘栗グループの甘栗芸能プロダクションで今
 問題が起きている。それで君に依頼だ。内部調査をしてもらいたい。」
 内部調査?旬の目がキランッと輝いた。
「えっ?内部調査?でもなんで僕なんですか?」
「うむ、君に甘栗プロにタレント志望の少年として潜入して情報をもらいたいのだ。」
「でも…僕日本で誘拐騒ぎとかで顔バレちゃってますけど。」
「うむ。心配はない。あれから約三年経つ。世間も君の事は忘れている。
 まあ君の父君、桐生晃氏の事はまだたまに話題になるが君はそもそも未成年の一般人。
 もう話題には上らない。だからばれることはないので安心し給え。
 そうだな、ついでにクリア・フューチャーで、晃氏の三回忌もやっておこう。
 いいか?桐生君。」
「…あんまり乗り気じゃないんですけど。」
 内部調査は面白そうだけど、先生の側を離れるのが寂しい旬は迷った。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー27 ターゲットは女子高

March 14 [Fri], 2014, 12:23
 東京・新宿甘栗グループ本社ビル最上階の社長室では全面ガラス張りの窓際に立ち
 青空と東京高層ビル群を背景に身長185cmでモデルばりのスタイルと
 実に整った容貌を持つ若き代表の総司が昼休みに入ってすぐに
 旬に電話をしているのだが、兄の頼みを聞いて話しを作ってやった総司としては
 旬の生返答に少しムッとした表情になった。
「君にはかなり貸しがある。少しは協力してもらいたいものだ。
 それから兄に先に頼んだ折に聞いた。君は日本の高校に入りたいんだな?
 大学院入学までの三か月ほどの潜入捜査の間、君が入りたい高校に
 臨時で入れてやろう。」
「ほんとですか?僕やってもいいです。」
「ふっ。では詳しい打ち合わせは日本で。」
 総司との電話を切った旬は何度も何度もガッツポーズした。
「よっし!みゆきちゃんの高校の近くの高校入ろう!もし本物のみゆきちゃんなら
 こっそりどこかでそっと見よう!」
 旬の胸はドキドキドキドキ高鳴った。
 旬は誰もいないと思って晃・ロバート・横嶋が座っている合間をくるくる歩きながら
 ガッツポーズしているのを三人は見上げて眺めている。
「なんか桐生が思いっきり喜んでる。こんな可愛い所があったのか〜。
 いつもクールなのはポーズか?」
 晃も旬の嬉しそうな様子に微笑みつつも、横嶋の言うことに頷いた。
「まあな、俺も死んでみて初めて旬の表面上の顔と隠れた本音が違うんだってわかった。
 旬はいつもクールで悪魔みたいに悪い事してる、
 そんな風にしか見えなかったもんだ。」
「親父の前でもそ〜だったのか。ひねくれた奴…。天の邪鬼…。」
 なにげなく晃と横嶋は自然に隣り合って旬の話で共感し合った。
 旬は総司との話を早速甘栗に報告に走った。
「先生―――――っ、聞いてくださーい、僕、僕みゆきちゃんに会いに行きます!」
 旬は甘栗の部屋にバーンと入って甘栗に飛びついて喜びを表した。
 甘栗は旬の嬉しそうな様子にニコニコ笑顔で受け答える。
「え?どうしたの?ああ、総司がなんか君を貸してって言ってたね。
 じゃあ君、総司に協力してあげるの?」
「はい!その代りにみゆきちゃんのいる学校の近くの学校に転入します。」
「そうか、よかったね。少し寂しいけど大学院に入るまでの三ヶ月…楽しんできてね。」
「はい!」
 旬は頬を紅潮させて大喜びだが、これは甘栗が総司にお願いした事だった。
 桐生君はぼくが行っといでって言ったらきっとまた不安になるだろうけど、
 総司からの仕事の依頼ならむしろ楽しめると思う…
 日本での出会いを楽しんでおいでね桐生君。
 甘栗はいつでも旬の為になる事を旬を不安にしないようにそっと与えてあげる。
 そんな甘栗の仕掛けや本音を何も知らない晃はブツブツぼやいた。
「甘栗さん、旬一人で大丈夫か…?」
「ソージとシュンは気が合わないからな……。」
「ニッポンか〜〜、俺一度も行ったことない〜〜〜。うわほ〜〜〜〜い。」
 旬はさっそく以前にニュースで出た私立女子高の近所の学校をネットで探した。
 なんとできた女子高の真っ隣に男子校がある。オーナーが同じなのだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー28 万里子のトコに捨てる?

March 15 [Sat], 2014, 12:23
「マジ?これは…いい。隣ならよく見える。この男子校は…バカ高か…僕の経歴に
 瑕が付くな…ってとっくに傷だらけか。ふっふっふっ…。
 げっ、今時ガクランかよっ!絶対着ないぞ!なになに?理事長の名前を調べて……。
 総司さんに頼んで僕が理事長に直で連絡できるようにしてもらおう。」
 旬は自分のわがままを通すつもりだった。
 正直甘栗太一にはよく思われたいが、弟の甘栗総司にはどう思われようが
 どーでもいいので逆に身勝手な我儘も頼みやすい。
「でも三カ月も先生と離れるなんて…考えただけで寂しい…。
 俺って結構甘えん坊だったんだな……。」
 旬が寂しそうにうつむき、晃がその顔を覗き込んで溜息つく。
「旬、お前ほんとに甘栗さんが好きなんだな……。
 父親の俺が死んでいなくなってもそんなに寂しそうでもなかったのになー。」
 晃はしみじみ旬と甘栗の仲の良さを羨んだ。
「いや〜、むしろあきらがいなくなってせいせいしたって言ってたぜえ〜。」
「聞いてたよ…。」
 晃はがっくり肩を落とし、ロバートは気休めにその肩をぽんぽん叩いた。
 二人が慰めあってる間に横嶋はどんどん旬に近寄りその可愛い顔に唇を突き出した。
「うおっ、なんか寒けがする…晃か?やめてくれよもー。」
 旬が横嶋の気配を感じて鳥肌を立てているのを聞いて晃は振り返って怒鳴った。
「俺じゃないぞーっ、横嶋、この野郎!俺がまた旬に嫌われたじゃないか!」
「い〜じゃね〜か、そもそも嫌われてるし。」
「くっそ――――――――っ!」
 晃は横嶋に掴み掛りまた互いにボコボコ殴りあった。
「アキラ…おまえ16の子供相手に……何やってんだか。」
 しかし晃はかつて生まれたてのほやほやの旬とケンカしていたレベルのガキであった。
 そうやって旬の見えない世界で大騒ぎが起きているとは知らず、
 日本に帰国する合間も旬はいつものように手料理を作るがこれが当分なくなるんだと
 思うと寂しかった。色々準備して日本に帰る楽しみ半分、寂しさ半分。
 旬と甘栗の食卓での会話も徐々にしんみりしてきた。
「久しぶりの日本だね。」
「…はい、先生。」
 旬が元気がないが、甘栗も元気がなく、ほんの三カ月離れるだけで寂しくて仕方ない
 親離れ子離れできない二人だった。
 晃とロバートは、一向に自分の肉体に帰りそうもない横嶋をどうするか会議した。
 二人は横嶋を万里子に引き合わせるのはどうかと思案している。
 晃とロバートはこのまま横嶋が旬の側にいるより引き離して
 できれば横嶋の旬への暑苦しい恋心を違う方へ向け変えたいと思い、
 旬と瓜二つだが旬を遥かに超える色香を放つ万里子ならば一目見て
 横嶋も虜になるかもしれないと二人は同時に考えた。
「万里子を見たら旬への気持ちがなくなるかもしれない。」
 そうすれば横嶋が万里子に張り付くだろうからそのまま万里子の所に
 捨てて来ようかと二人はコソコソ話した。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sibaenn
読者になる
https://yaplog.jp/sibaenn/index1_0.rdf
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ