凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー19 晃VSストーカー

March 02 [Sun], 2014, 12:34
 晃に蹴られてコテッと倒れた横嶋に晃は上から怒鳴った。
「ふざけるなーっ、結婚なんか誰が許すか―――――――――っ!」
「そこをなんとかお父さん!!俺は、どうしても桐生と結婚したいんだあ〜〜!
 結婚したらあいつに遺伝子操作で子供作ってもらって桐生の腹で生ませて
 生まれた子供は二人でちゃんと育てます〜〜〜〜!!」
「何をリアルに手順良く考えてるんだこのヘンタイ!!」
 蹴られても晃の足にすがりつき、もう一回さっきより強く
 晃は横嶋に蹴りをかまし、すると横嶋もそれを腕で受け止め、
 二人は闘いの体制に移った。
「この野郎〜〜〜、この俺様が頭を下げてやったにもかかわらず、許さねえ〜〜!!」
 晃VS横嶋…二人の対決が今ここに始まろうとしていた。
 晃が右の拳を思いっ切り横嶋に叩きつけると、横嶋にそれがヒットし、
 横嶋はよろけるが晃に低い体勢で突っ込む。
「おおおお〜〜〜〜〜!」
「させるか―――――――――っ!」
 ロバートはそんな二人を見て溜息を大きくついた。
「当分うるさくなりそうだ…。」
 ロバートは晃一人で十分うるさいのに横嶋と相乗効果のうるささに頭が痛くなった。
 ―…などという事態は全く見えてない旬と甘栗は家に帰り、横嶋も自宅ではなく
 旬に取り付き、晃と喧嘩をしながらも高級コンドミニアムに付いて行った。
 自宅に戻って旬はしょんぼりしたまま…土下座をさせてしまった申し訳なさで
 悲しそうに甘栗の顔を見ているので甘栗は笑顔で近寄り旬の頭を撫でた。
「桐生君。心配しないで、何があってもぼくは君が大好きだ。
 初めて会ったその時から今も、ううん、今はもっと好きだよ。」
 旬の大きな目がうるうるし、そのうちポタポタ涙がこぼれる。
「せんせえー、ぼく、横嶋を半殺しにしたこんな僕でも許してくれますか?」
「うん。やっちゃったものはしょーがないよね。」
 旬は甘栗の優しさ?に感謝した。
「ありがとうございます先生、僕、今日は美味しい夕飯作ります!」
「うん。楽しみだね。」
 旬の側に寄りたがる横嶋の接近を阻む晃と睨み合いながら横嶋は喚いた。
「おお〜〜〜、甘栗のおっさん、それはないだろう〜〜〜、半殺しにされた俺の身にも
 なれよ〜〜。まあ〜〜〜いいか〜〜、その慰謝料は桐生の身体で支払いだ〜…。」
 スケベな顔で涎を垂らす横嶋に晃は前から蹴りを食らわし、横嶋は後ろに吹っ飛んだ。
 倒れた横嶋はすぐに起き上がり怒りで燃え上がる。
「あきら〜〜〜てめえ〜〜〜、ほどなく許せねえ〜〜〜〜。」
「それはこっちのセリフだ!!お前には俺はずっと腹が立ってたんだ!
 よくも俺の旬に何かとエロイ真似ばっかしやがりやがったな!
 いまやヘンタイ霊となったお前から俺は息子を守る!!」
 晃が格好良く指を指す間に横嶋は態勢を整えまるでカンフーの様に飛びあがり、
 晃も負けじと飛び上がり二人は空中で交錯してドウっと倒れた。
 ピシッ、パシッ!旬が夕食の準備に勤しんでいると部屋の中でラップ音が鳴る。
「あれ?なんか今日は乾燥してるのかな?家鳴りが酷いね。」
 キッチンでお手伝いをする甘栗は天井を見上げて呟いた。
「はい。なんか横嶋がいるみたいな気がします…。」
 横嶋が目をキラキラ輝かした。
「おおお〜〜〜、俺を想っている?やはりお前は俺を愛して……。」
 晃の右ストレートがドカッと横嶋の顔に決まる。
「旬は迷惑なだけでお前なんか愛してないよっ!」
「…この野郎〜…。」
 横嶋は晃に掴みかかり二人は互いの胸倉を掴んでぐるぐる回った。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー20 総司に相談

March 03 [Mon], 2014, 11:49
「元気だな…お前たち。」
 いつまでも喧嘩を止めない晃と横嶋にロバートはうんざりしつつ褒めてあげた。
 晃と横嶋がケンカを続けている間に旬の作った素敵な料理がテーブルに並び、
 甘栗は席に着いた。
「ああ、おいしそうだね。ほんとに桐生君はお料理上手だね。」
「せ、せんせえ。」
 旬は甘栗が優しく褒めてくれて赤くなった。
「ああ、飯だ。もうやめよう俺飽きた。」
 横嶋に馬乗りになって殴っていた晃がその手を止めた。 
「ああ〜、俺も飽きたぜ、桐生と一緒に飯食おう。」
「食えねーよ。」
 晃と横嶋は互いにボカスカ殴り合った髪も服も乱れた格好で席に着いた。
 甘栗の高級マンションのダイニングには10人席につけるダイニングテーブルが
 置いてあり旬と甘栗が向かい合って美味しそうにご飯を食べている。
 しかし旬はあまり食が進まない、お箸を持った手が止まる。やはり気にしているの
 だろうと甘栗は声をかける。
「桐生君、大丈夫、横嶋君の意識はすぐに戻るから。」
「はい、でも先生、僕やっぱり横嶋に対して何も感じません。
 そんな自分が恥ずかしくて。
 今日、横嶋のお父さんに会って、とても良い人だと思いました。お、お、おばさんが
 あ、愛しただけあるって、そう思ったんですが、そう思うと凄く胸が苦しくて、
 僕どうしたんでしょうか?僕が愛しているのはみゆきちゃんなのに…。」
 はあと溜息をついて伏し目がちになった旬を甘栗は考えた。
 桐生君は思春期の大切な時期に入ったんだ。この子には新しい恋が必要なんだね。
 みゆきにしろ横嶋の母にしろ旬にとっては敗れた恋だ。
 やはりなんとか新しい出会いを与えてあげたいと甘栗は心を砕いた。
 旬が部屋に戻ると甘栗は自室で日本に電話をかけていた。相手は弟・総司だ。
「総司、久しぶり。ごめんね甘栗グループを任せ切りにして。」
「兄さん、こちらこそ連絡をせずにすみませんでした。それで御用は?」
「うん、実は桐生君のことなんだけど…。」
 電話の向こうで総司は怪訝な表情になった。
「桐生君?また何かの事件を起しましたか?」
 眉間に皺を寄せて、マフィアに潜入したのかと緊張する総司。
「う、ええっと、それじゃなくて、あの子思春期に入って女の子との出会いを求めて
 いるんだ。最近失恋してしまってすっかり元気をなくしてるんだけど、
 実は日本に好きな女の子がいるからなんとか会わせてあげたいんだ。」
 甘栗は総司に旬が起した暴行事件は内緒で旬がニュースで見た女の子と上手く
 出会わせたい希望などを話し、しかし旬が追い出されると不安にならないように
 上手い考えはないかと相談した。
 晃と横嶋は旬の部屋で、ビールを飲み飲みパソコン画面を見ている旬を挟んで
 旬の顔を覗き込んでいる。
 晃は父として、横嶋は恋人を思う熱いまなざしで旬を眺める。
「ああ〜〜〜、桐生ううう〜〜〜、可愛い顔でビール飲んでやがるうう〜〜〜〜〜〜!」
「うるせえな!」
 晃はイチイチうるさい横嶋にあっちに行けと肩を押す。
「ビールか〜〜、そう言えば俺様不思議と腹が空かない…。」
 横嶋は食欲がなくなったので不思議に思い頭をひねるからロバートが答える。
「ヨコシマは死んでるようなものだからな。」
「しかしエロい気持ちは一向におさまらね〜〜〜。なぜだああ〜〜〜?」
 しかし性欲は消えないので不思議に思いまた反対側に頭をひねるから晃が教えた。
「お前は色情霊になったんだろ。俺なんか死んで一切性よく湧かなくなったぜ。」



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー21 悪霊退散〜〜!!

March 05 [Wed], 2014, 11:44
「確かスケベキングの異名を持つと聞いた…スケベキングのあきらが色情霊にならない
 のはおかしい…何かの陰謀か?」
 横嶋の目が探るように見るので晃は肩を上げた。
「何の陰謀だよ。俺は死んだのを契機にスケベは卒業したんだよ。って言うか、
 もしかして俺肉体が生きてる時色情霊に取りつかれてたのかもしれない。
 それでスケベが止まらなかったのかも。死んだらつきものが落ちた感じだよ。
 今は爽やか〜だぜ。」
 横嶋は目を吊り上げて訴えた。
「ノオオ〜!スケベ最高!スケベを卒業するくらいなら俺は死んだ方がマシだ〜。」
「だからお前はもう半分死んでるんだって。今お前の肉体が燃やされたらお前もう
 生き返れないんだぜ。ほんとーに死んじまうんだぞ?すっげえ深刻な話なんだぞ?
 わかったらサッサと自分の肉体に帰れよ。」
 旬をはさんで晃は横嶋に指を差してその指を遠くに向けて出て行けと示す。
「いやだ〜い、いやだ〜い!せっかくのチャンスなのに帰れるか〜!」
 横嶋はそう言うと突然床に転がり仰向けになって手足をバタバタさせダダをこねた。
「なんのチャンスだよ、馬鹿っ!」
「全くだなアキラ。」
 晃もロバートも自分達が旬を守る以上チャンスはないのにと、
 ガキの様にダダをこねる横嶋を見下ろしてこいつが死ぬと俺達が困ると話し合った。

 横嶋は宣言通り旬に張り付き旬が風呂に入ろうと裸になるとかなり下から這って
 ついて行き真下や後ろなどあらゆる角度で裸を堪能しようとしたので晃はドスッと
 背中に乗り首を絞め、ロバートも横嶋の目を抑えて見せないよう謀った。
「くう〜〜〜!畜生!なんて迷惑な奴らだ〜!」
「迷惑なのはお前だ!早く帰れ!」
 横嶋は悔しかった。
 このままではせっかく透明人間になって桐生にやりたい放題出来るはずが
 何もできない…ダメだ〜!何とかこの悪霊たちを追い払えねえか〜?
「悪霊たいさ〜ん!」
 横嶋は晃とロバートに向かって十字をきったり大袈裟なポーズで叫んだが
 晃は横嶋の頭をボカスカ殴って教えた。
「悪霊はお前だ!」
「ノオオオ〜〜〜〜!誰かエクソシスト呼んでくれ〜!」 
 横嶋は何処かに向かってお願いした後今度は足を組んで深く瞑想した。
 行動にイチイチ脈絡がない横嶋。
「何やってんのこいつ?」
「ほっとけアキラ。変態が静かなうちに休むぞ。」
 しかし旬がベッドに横になると横嶋は瞑想から一転ジャンプして飛びかかろうとし、
 それを横から晃が飛び上がってケリ落とした。
 横嶋を排除すると晃は普段通り旬の横に寝転がる。
「げげ〜〜、マジかよ〜〜〜、あきら、お前、桐生を毎晩犯しているのか〜〜?」
「人聞きが悪すぎる。添い寝だよ。赤ん坊の頃放置した埋め合わせ。」
 晃は自分の為に埋め合わせているのであり、旬はむしろ迷惑だろう。
 傍から見たら超可愛い美少年と美青年が寄り添う恋人同士にしか見えない。
「納得できねえ〜〜〜。」
 しかしこれでは真夜中も桐生に近寄れねえ〜〜〜、横嶋は再び瞑想をした。
 朝まで瞑想して、静かに目を開け、良い考えが浮かんだらしく口元を緩めた。
 そしてうるさい同居人と格闘しながら数日後に事件は起こった。
 眠りに就く旬に伸し掛かろうとする横嶋に対し晃とロバートは今日も闘う覚悟だった。
 しかし今晩は横嶋は笑顔で遊びに行くぞ〜と言う。
「あちこちの女の裸を見に行くぞ〜!ど〜だあきら〜ロバート〜いっしょに行こ〜。」
「俺はスケベキングは卒業したって言っただろ。記憶力ないのかバカッ!」
 晃は両頬を引っ張ってベロを出し、ロバートは諭した。
「こっちが見えなくても女性の裸を覗くのは犯罪だぞヨコシマ。」
「い〜じゃね〜か、じゃあたまには夜の街を遊ぼうぜ、なあロバートほんの小一時間。」
「うーん…。」
 晃とロバートはたまには夜の街をフラフラするのもいいかと頷いた。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

記事タイトルどうしよう

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー22 暗闇の喘ぎ声

March 06 [Thu], 2014, 12:20
 3人で高級高層コンドミニアムの自宅の壁を抜けてマンハッタンのド派手な
 繁華街に繰り出した。
 人人人でごった返した素敵なバーに入るとステージで赤毛の女が半裸で踊っている。
 横嶋は半裸の姉ちゃんを一目見ると女に飛びつき、涎を垂らした。
「うお〜〜〜、姉ーちゃんもっと腰振ってくれ〜〜〜。」
 他の人間には見えないので横嶋はダンサーの揺れるぱいぱいを右左右左と追いかけ
 指でつつく。
 その横嶋の後ろに並んで立つ晃とロバートはしみじみ呟いた。
「なんか久しぶりにエロだな。」
「おれは目のやり場に困る……。」
 真面目なロバートは真っ赤になったから晃に指を差されてからかわれた。
 晃達から見るとこの現実は全て立体映像みたいな物だが、こんな賑わいは最近
 久しぶりで音楽に合わせて二人も踊った。
 初めは普通に踊っていたがそのうち冗談で晃とロバートは互いに手を取ってタンゴの
 真似をして、晃が女役?ロバートがリードする男役?で腕を伸ばし、思い切りよく
 足を上げたりして立体映像の合間を笑いながら直進すると、
 どうやら他に浮遊霊がいたらしく何人かとぶつかってしまった。
「痛いぞ、お前ら、他人の迷惑考えろ!」
 絶対にすり抜けると思い込んでいた晃はむしろ嬉しそうにはしゃいだ。
「うわ、マジ?俺らのお仲間じゃん!」
 晃はめったに会えないお仲間に喜んで、ぶつかった連中に一人一人嬉しそうに
 握手して回った。
「よろしくねー、俺晃・桐生、アキラって呼んでねー!」
 笑顔で握手した手をブンブン振る明るいハンサムな青年に孤独な浮遊霊達は癒された。
 こうした賑わう場所に居ても互いに声を掛ける事もしないでぼんやりしていた連中は
 明るい兄ちゃんに話しかけられ色々答えて盛り上がり、他の奴らと輪を作って
 死んでから初めてというくらい楽しい気分になった。
「兄ちゃん面白いな。」
「さんきゅー、さんきゅー。」
 晃はヘラヘラ敵愾心ゼロの緩い笑顔で笑うから、すぐにみんな晃が好きになる。
 肉体が生きている連中は立体映像だが、死人同志は肉体がある様に感じて互いに
 抱き合ったり、小突きあったりして普段は互いを無視しあっていた連中が
 晃を中心に盛り上がりはしゃいで踊りだした。
 久しぶりの触れ合いであんまり楽しくて晃もロバートも時間の感覚を忘れ、
 それですっかり横嶋の存在を忘れていつの間にか横嶋がいないと気付くのが
 遅くなった。
 ロバートがふと周囲を見回して晃を呼ぶ。
「おい、アキラ、ヨコシマがいない。」
「あれ?いつの間に?どこか別の店に行ったのかな?」
 ロバートは嫌な顔をしてから飛び上がった。
「ちょっと一旦帰ってみる。アキラは遊んでろよ。」
「え?じゃあ俺も帰る。」
 晃が飛び上がったのでせかっく仲良くなった連中は晃に声をかけた。
「兄ちゃんもう行っちまうのか?」
「ああ、楽しかったよ!また会おうな!」
 明るい晃がいなくなるとみんな寂しそうな顔で小さく手を振りつつ見送った。
 二人が摩天楼のネオンの海を飛んでセントラルパーク側の高級コンドミニアム
 に着き、壁を抜けて旬の部屋に入ると変な声が聞こえる。
「オ〜ウ、オ〜ウ、オ〜〜〜〜イエスイエスイエスイエ〜〜ス!」
「ああ、ハアハアいやだ…やめろ…。」
 それは薄暗い旬の部屋で途切れ途切れに聞こえる旬のかすれた喘ぎ声だった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

凶美少年の甘い蜜は媚薬・麻薬・毒薬ー23 夢でれ×ぷ

March 08 [Sat], 2014, 13:33
  ベッ、ドで眠る旬は目を固く閉じ汗をかいて、夢の中で自分のうえに誰か筋肉質な
 お、とこが上に乗って旬の身体を抱きしめていると感じた。
 顔はわかのないが息使いが生々しく耳元に聞こえる。
 旬はその男の身体を押しのけたいと身体の腕を動かしたかったがそう出来ず、
 抱きしめられたその腕が背中を撫で、足を撫で、特にふとも、もを撫で回し、
 遂に×××を握るのを感じて呻いた。
「や、やめ、ろ…。」
 意識は泥の中にいるようにはっきりしないのに、触られる感触ははっきりしている。
 男の大きな手が旬の××をこすりだし、旬は顔を左右に振った。 
 横嶋は晃達が遊んで気を取られている間に飛んで戻り、旬が眠るのを待って、
 寝入ったと見るとベッ、ドに飛び上がり伸し掛かった。
 旬は起きているときは強いエネルギーを発するが眠ると大人しくなる。
 ガードを失い無防備に眠る旬に横嶋の強いエロ念が襲い掛かった。
 旬の上で浮遊して、立体映像の身体を撫で回しているうちに、旬の眠りの波長と
 シンクロし、横嶋も旬の肉体を感じる。
「桐生〜〜、こんなにいいならもっと前に意識不明にしてもらいたかった〜〜。」
「あ、ぁあ。」
 瞼はひくつくが開けられず、横嶋に撫で回される感触に喘ぐ旬。
 横嶋は旬を抱、きながら、旬の身体に女の身体をイメージした。
 すると横嶋の撫で触る旬の身体に異変が起きて、横嶋がぐるぐるも、んで回す旬の少年の
 胸は見る見るふ、くらんで柔らかくなり、足をひ、らいて男性××は残したままだが、
 真ん中をすりすりさすると女性××が横嶋の指の上下に動くのにあわせて
 じんわり真ん中が縦に開いて横嶋の指が中に食い込み、ぬ、れていく。
「うおおおお〜〜〜、まさか、こんなバカな??」
 嘘だろうと喚きながら横嶋は大喜びで旬の身体を弄った。
「いやだ、いやだ、ああ。」
 顔を避ける旬の唇を求める横嶋は、そうしながら旬のあしをも、ち上げた。
「あんまりゆっくりしてたら悪霊どもが戻ってきちまうからな〜〜〜〜。」
 晃が帰ってくる前にしょ、じょまく?を破ろうと考えて、旬の開いた中にぐぐっと横嶋自身を
 押し込んだ。あああと旬は呻き、横嶋も呻く。
「イイ、イイ、イイ、イイ〜〜〜〜〜〜!!」
 求めていた夢の女になった旬を、横嶋は逃がさないようにがっしり抱きしめ、
 自分の物で激しく突、き上げた。
 旬は夢の中で足が開かれて、は、らのなかに熱い何かが入ってきたように感じた。
 熱っした棒は×の中を行ったり来たりして刺激する。気持ちの悪い感触、いやな夢。
 汗が流れて、サラサラの旬の髪が濡れた。
 目を開けてこの悪夢から醒めたいと旬は願ったが、身体は自由にはならなかった。
 開かれた足は横嶋の腕に取られて空中で揺れている。
 実際の肉体ではない分、クライマックスがない二人は何十分もそうして
 つ、な、がったままあ、え、いだ。
 旬のあしの合、間に押し込み打ち付けられる横嶋の×の動きは激しすぎて、
 現実ならべっ、どは壊れそうな程ガンガンギシギシ揺れているだろう。
 長く求めすぎた激しすぎる欲望の結果が旬の中心に押し寄せ、
 そのうち横嶋の気持ちイイ快感が旬に送信されて、旬も気持ちよくなってきた。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てね

エロでごわす。下書きで非表示。
うーーー、相当隠したのに非表示?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sibaenn
読者になる
https://yaplog.jp/sibaenn/index1_0.rdf
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ