デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー298 旬の危機

June 07 [Wed], 2017, 8:52
 再び逆さ状態で上まで上がるが足にはめた浮遊ボードが浮き上がり、腰が上がり、
 前のめりになって上に上がった足を大きく振った勢いで逆さから元に戻ろうと
 地上に頭から落ちた、地面に手を突いた状態で一旦膝を折って腹まで膝を引き
 ボードを下に向けて足の屈伸力で、思い切りジャンプして空中に逃げようとした。
 しかしすぐにマイケルも飛び上がり、正面に追いつき旬に飛びかかる。
 かわそうと旬は軽く背を反らしてスウェーバックで後ろに引き、逆立ちから回転し
 足から降りた。
 地上でやっと態勢を整えたがすぐにマイケルの攻撃に身構えた。
「もっと前からそうやって運動してれば痩せたのにな。」
 負けん気が強すぎる旬はちょっと軽口を言うが、回転しすぎて頭がクラクラする。
「旬、来たぞ!」
「!!」
 ジャンプしながら襲い掛かるマイケルの動きはもちろん早いが、
 その動きを一瞬で感知し必死でかわす旬の動きもかなり素早く、
 しかもその動きはよく見ると合気道の技。
 まるで踊るような動きの演武を舞ってわずかな時間でマイケルの攻撃を避けていた。
 攻防は一瞬の時間なのだが晃には酷く長く感じた。
 あまりにも旬とマイケルの動きが速すぎて晃は二人の戦いから離れざる負えなかった。
 しかし旬は体力が落ちて、明らかに動きが鈍ってきたのが晃にも見て取れた。
 全身が重い。筋肉の限界だ。
 ロバートが憑依した犬と一緒に、強張ってみている晃の傍に駆け付けた。
「アキラ!シュンが危ない!」
 そう声を掛けられても晃は親友のほうを振り向けなかった。
 一瞬でも目を離したら最愛の息子・旬が殺されてしまうそんな気がした。
「ダメだ、これじゃあ、旬が殺される…!!」
 警官たちの無残な死にざまと愛する息子の姿が重なる。
 旬を助けるために何か俺に出来ないか?
 旬が逃げる為のほんの少しの時間稼ぎでもいいんだ!!
 そう考えた晃の脳裏にふとレオンの姿が映った。
 レオンはマイケルに手をかざし、念じるとマイケルは大きな体を縮めてうずくまった!
「そうだよ、レオンが出来たんだ、もしかして俺にもできないか?」
 先ほどレオンがマイケルにしようとしていた支配…、しかし、
 犬や鳥ではない化け物に通用するのか?
 そう考えた一瞬の間にマイケルを避けられずにもんどりうって旬が遂に地上に倒れた。
 しかし起き上がるのが簡単ではない。
 浮遊ボードが旬を引っ張るのでもはやハンデにすら感じる。
「くっ!」
 すかさずマイケルが上空に高く飛んだ。落下地点の旬は完全にマイケルを見失った!
 旬の死角から飛んで旬を狙って落ちてくるマイケル。
「ダメだマイケル、旬を殺さないでくれ!!」
 できるかどうかわからない。だが、迷っている時間がない!!
 どうなるかわからない、しかし晃は決意した。
 晃が空中に飛び上がり、ロバートは背中に声をかけた。
「アキラ何をする気だ?」
 振り返らず飛び上がりながら答えた。
「旬を助ける!!レオンがやれたなら俺にも操れるかもしれない!」
「止めろアキラ、どうなるかわからないぞ!」



人気ブログランキングへ
にほんブログ村
また来てねクリックありがとうございます。
まだ見に来てくれてありがとう〜〜〜。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sibaenn
読者になる
https://yaplog.jp/sibaenn/index1_0.rdf
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ