デモンドリーム・マンハッタンの悪夢ー396 レオンの狙い

December 01 [Sun], 2019, 10:02
「よし、今晩このあたりで張り込みしよう。もしレオンを見つけたら後を付けて
 マイケルの隠れ場所を確認できれば旬に教えられる。」
「それがまた大変だけどな。」
 ロバートは肩を上げて微笑んだ。晃は頭を大きく傾けて悩んだ顔になる。
「それにしてもスワンはどうしたんだ?レオンはあいつの傍にいれば万里子の所に
 行けるって知ったはずじゃないのかな?」
「謎は深まるばかりだ。操るために憑依していたのに離れたという事は逃げられたのか?」
 晃もロバートもよく動物に乗り移るが、支配を続けるためには一時も離れられない。
 逃げられると次の動物を見つけて乗り移るという手間がかかる。
「きっと狙いはクリス・スワンだ。普通は意識がしっかりした人間には乗り移れないのを
 レオンは乗り移って、しかも入れ替わった。それが何かの理由で逃げられた。
 答えが見えてきたぞアキラ。」
 今度はロバートが非常に正しい推理を導き出した。
「練習の理由がそれか。もしかして俺にとっても勉強したい内容かもしれない。」
「馬鹿な事を考えるなアキラ。」
 ロバートはすぐに自制を促したが、晃はもやもやした推理で胸がもぞもぞしていた。
 
 大学院の必須講義だけ受けると旬はアマグリケミカルにタクシーで向かった。
 ケミカルでは甘栗太一が治療薬を濃縮している。ケミカルにつくと旬は地下へ
 向かった。バンダム兄弟が変身して逃走した時に壊した窓や地下は修復されていた。
 地下研究室はアマグリケミカルのトップ機密だから全て秘密裏に手配された。
 地下2階のプレミアムメンバー研究室に向かうとずっと気にしていたマウスを見に行った。
 実験用マウスに遺伝子組み換えした乳酸菌「みゆき」を感染させたのだ。
 マウスは感染するとネズミの形を失い手足が細く伸び切って筋肉の塊になった。
 他のマウスを全部食べてしまう食欲旺盛の感染マウス。その後絶食しているが、果たして
 まだ生きているだろうか?
 旬とデブ3兄弟の遊んでいた研究室に立って旬は呟く。
「懐かしい。」
 巨大風船デブスリーがいたからいつも狭苦しく感じたが、バンダム兄弟がいないと
 がらんと広い。
 旬の胸がきゅっと痛んだが、気を引き締めて実験マウスを見に行った。
 すると透明な強化プラスチックケースに入れておいたマウスがいない。
 組み換え乳酸菌「みゆき」を食べさせて手足が細くなった実験マウスそのものが見えなくなって
 旬は慌てた。
「しまった!逃げたのか?!」
 ヤバイと旬は顔色を変えた。小さいけれどかなり狂暴。外に出たらマジヤバイ。
 そうしてケースのどこから逃げ出したか調べたがケースには破損はなかった。
「は?どういうことだ?まさか溶けたのか???」
「みゆき」が内部から細胞を破壊してしまったんじゃないかと旬は想像して不安になった。
 変身させた後、自ら溶けて証拠隠滅できる細菌兵器なんて素敵格好良すぎてドログバ博士に
 見せて褒めてもらいたいくらいだが、バンダム兄弟が感染してるので気分は最悪だ。
 感染した最後は溶けてしまうなら、そろそろマークとマイケルは危ないかもしれない!
 青ざめながら旬は研究室を見回し、ケースを右から左から、下から見回して
 逃げ出した穴がないかと探すと、気づいた。
 角度を変えたら他の色と浮いて見える部分がある。





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










  • URL:https://yaplog.jp/sibaenn/archive/2040
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sibaenn
読者になる
https://yaplog.jp/sibaenn/index1_0.rdf
2019年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ