マジ邪道。Vol.3

November 08 [Tue], 2005, 0:00
そして、午後のイケス。ここは道路から70mくらい。ジグならイケス飛び越す感じ(笑)
ここの青物、マジでどっちが生け簀の内側か外側かわからんくらいに、周りに寄って来ます。
さっきまで大事に大事にしてたアジがビックリするほど強引にアジを鷲掴みして、ハナに
ハリを突っ込んで、青物が回遊してる中へ投入。(笑)
すると、ほんとにココは鰺がいないからか、鰺には無反応。が、生け簀から溢れる配合餌を
鯉みたいにスパッ!と食べてる。凄いのは、水面で音立てて補食!ヨシ氏が「ココは鶏肉やなか?」
とのナイス判断!変えた瞬間、皆様立続けにヒット!.......&ブレイク(笑)
で、まずはhidenbo、60cmくらいのヒラス?ゲット。タモに入れて船まで持って行く時に
俺にヒット。タモが待てずブレイク。続いてヨシ氏に70cmくらいのヒラス?ヒット。
竿が折れた(笑)しかし無事ゲット。タモに入ったまま、俺にもまたヒット。(笑)
が、ブレイク。_| ̄|○......次はhidenboにシバス77cm。もぅマジでお祭り状態。
で、最後にやっと俺にヒラス?が67cm。
クーラーはとっくに満タンになり、溢れた魚は配合飼料が入ってた袋に詰めて
持ち帰った。(笑)もぅ足はガクガク。爆笑しすぎたのと「タモーーー」って叫んだので、ノドまで枯れた。

で、家に着く頃、「あ!船に生かした鰺は!?」.....置き去りにしてた。

【釣 果】
hidenbo:ヒラス?60cm・シバス77cm[エバグリバスロッド+スコーピオンメタニウム(PE10号+フロロ12号)+鶏]
ヨシ氏:ヒラス?70cm[故80号くらいの鯉つり竿+遠投用のリール(PE10号+フロロ12号)+鶏]
俺:ヒラス?67cm・ヤズ?45cm[ラグゼバスロッド+8000HG(PE2.5号+フロロ8〜12号)+鶏]
(ヤズは鰺)

【ブレイク】
hidenbo:1
ヨシ氏:2
俺:5+フックアウト1+早合わせ1(鰺)

【コ ツ】
鰺編:群れの中に入れておき、青物来たら、逃げさせないで、穂先きで軽くシェイクさせ
   キラッ!っと光らす。

鶏編:青物の泳ぐ層より、ちょい下げて待つ。来たと思ったら、あげる。

マジ邪道。Vol.2

November 08 [Tue], 2005, 0:00
いやぁ。アジ子がいっぱいいるのは分ったケド、青物が真下を泳ぐってホントやろか?
と半信半疑でアジ子を背がけして放り込みアタリを待つ。何やら大きい魚の影。
青物?と思ったが、ボラ群。。。
んで、船に残って泳がせやってたヨシ氏にまず異変が。「切られた^^;」って。
それから筏に置竿してたhidenboも「切られた^^;一瞬やった。」って。
まだ信じられん。するとさっきまで、あんなに泳いでいたアジ子の群れがいない。
よぉ〜く見ると、うぉぉぉぉぉぉぉおおおおお。おるおる。水族館かと思う程、青物が
悠然と泳いでる。(驚)
しばらくすると、船頭サンから移動の合図。(1イケス30分くらい)
「はい、上がって〜」って。
んで、次はほぼ隣のイケスに船で移動。さっきの鰺を放り込んで待ってると、やっと俺に!
ギュイーン。ドラグが出る出る。イケスの下に潜られ、パシュッ!...ブレイク。(喜)
切られた歯がゆさより、ホントに来た事が分った喜びがたまらなかった。
で、そそくさ船に上がり、ライン組んでると、またさっきのオッサン。
「ね言うたろが。まず釣具屋行って糸の結び方から教えてもらわな。」...ムムッ。
そのおやじ、船からカワハギ30cm位×2とアラカブ30cm位を上げて上機嫌。
ビミニ組んで、時間ないから、電車で行こうとしたら、オッサンがまた「貸してん!」って
「そんな結び方なら結び目から飛ぶくさ!」って俺のリーダーとPEを両手に数回巻いて、
「ふっ!」「んっ!」「んんっ!」.......切れるワケなかろーもん。(笑)
オヤジの手を心配したヨ。切りきらんやったクセに「まぁ切れるよ。」と。ムキッ。
で、オヤジに締め込んでもろたラインで再挑戦。(笑)
今度はまたアジの群れが戻って来てた。アジを投下して暫くしたら、アジの群れが一瞬で
消え、俺のアジだけが取り残された様に泳いでいると、ヌーーーーーーッと。青物!!!
バイトが見えました。(笑)今度は横に走られ、何とか持ちこたえ、魚を浮かせる事が
出来たんだが、ちょいと無理してやっぱりブレイク。ムキッ!!!!!
またイケス移動。。。
今度は、イケスで作業(水揚げ)するから船から釣っててとの事。
「ココは青物おらんから、餌で底まで落とせば、タイやヒラメおるよ。」
ってオッサンに言われたから、泳がせ続行(笑)...アジがプルプルしたと思った瞬間、
ググッっとヤズ?(45cm)来ました!(笑)
.....午前の部終了。
船頭サン:「午後も来るか?」
俺ら:「(省略)」(笑)
船頭サン:午後の生け簀はアジがおらんから、今捕獲しとぉアジを殺さんごと持っとかんと
イカンよ。」
一生懸命メシも食わずに、アジ子の世話をしました。
子守りもこんなに真面目にした事ないのに。

まじ邪道。Vol.1

November 08 [Tue], 2005, 0:00
7:37干潮(小潮ベタ凪)3:30〜15:00
[筏...9:00〜11:45---中休---12:45〜15:00]

さぁて、突然「火曜日はいかが?」とのお誘いメール。ピン!と来たので即OK!(笑)
ってな感じで、とうとう当日がやってまいりました。が!サヲがない。。。
どぅしよう...と考えたが、エ〜ィ!バスロッドで!!(爆)
釣行決定からほんの数日だが、いろいろ仕掛けを考えた。あぁでもないこぅでもない。
ヒラメやアラカブも居るとの情報あったので、根ギング用にジグヘッドやらも準備した。
タナを訪ねると、1.5ヒロとか。。。青物なのに?1.5ヒロ?サッパリ意味がワカランかった。
とにかく筏なので長いサヲは×。ってことで一番固いバスロッドをチョイス。
出船が8:00頃と聞いてたので、まずは2:00にhidenbo家へお迎え。.....寝てた。(笑)
んで、ヨシ氏をお迎えに。まずは、鳩港でエギン! 真っ暗な波止の先端で、hidenboが手のひら大を
キャッチ。アオQ3.0マーブルサクラ。んで、粘るがなかなかいない。
湾内の外灯下で、俺が見えイカ小×2。で辺りが明るくなったので6:00名護屋へ移動。
先端へ行くと、何やら早速ジャーーーンプ。興奮してジグを投げるが、落ち着いてみてみると
小さい。中には40cmくらいのサゴシもいるみたいだが、飛んでる殆どが30cmくらい。
とにかく食べたいのではなく、魚を見たいから、ジグを投げまくる。...3名。
で、よぅやく俺にヒーーーーーーット。 ...ん?バラした。(笑)
針先に何かついとぉ。良く見ると、海けむし。.......かと思ったが!!!
エラ1枚(笑)何の魚か知らんが真っ赤なエラが綺麗に1枚ついとぉ(笑)
アシストフックではなくトリプルフックについとった、何やろか?どーなったんやろか?
.........結局何もつれず、見えイカ達と戯れて、本日のメイン会場へ!!!
Pにて、ヨシ氏持参のおにぎりで腹ごしらえを済ませ、乗船。
トラックから養殖魚用の餌をたらふく船に...。んで、近所のオッサンも常連客みたいで
一緒に乗船。「兄ちゃん達!こげなん糸、すぐ切らるるバイ」「そのサヲも折れるくさ。」
とムキムキくるよーなオヤジとの会話。イケスについたら仕掛けの前にコイツを
最初に放り込んでやろかとオモタ。(笑)
さ。餌も積んでいざ出船!と思いきや、岸から見えてるイカダに横付け(笑)
ものの3分も走っただろぅか?『どぅぞ!』って。まずはアジ子を釣れ。沢山釣っとけ。との事。
船頭サン:「赤と青がおるやろが?、青は美味しくないから、赤をのこして、青を餌に使え!」と。
最悪ボウズだったら、アジを持って帰れるヤンとの心遣いデシタ。^^;
アジやらおるんかいな?サビキに餌をつけんとイカンやろか?と考えながらサビキを落とそうと
してると、生け簀の中に餌撒きが始まった。機械でドバドバと。そしたらとたんに生け簀の中が
洗濯機の様に廻り出す。(恐)ハマチだか何だか知らねぇが、とにかくイルカみたいのがもの凄い
勢いで同一方向に回転しながら補食するんで、生け簀も揺れるし、圧倒された。
んだら、空からはカラスとカモメがわんさか。いつもなら鳥山探して、鳥の近くに行くんだが今日は
鳥の方からやってくる。群れでやってくる(笑)で、ふと下を見ると、アジ子の群れ(驚)
10とか20とかのレベルではなく数百匹やろね。サビキに餌やら当然いらん。(笑)
10くらい釣ったトコで、即泳がせにチェーンジ!!

Bluesands

November 05 [Sat], 2005, 0:00
4:17干潮(中潮ベタ凪)03:00〜10:00
またもや出てくるのが早すぎた(笑)田平公園はまだ開いてなく
エギングできず。。。仕方なく田平港へ行くが、アタリすらなし。
で、5:00頃Bluesandsへ。仕掛けを準備し、6:30の日の出を
待てず、6:00頃うっすら辺りが明るくなる頃からキャスト開始。
もちろんアタリなし。...6:30頃になるとシバスらしきボイル。
ミノーを投げるが反応無し。んでさらに遠くでナブラ。プチ水柱。
が、カナリ単発的。手前でもナブラが単発的ではあるが出て来たが。
またおさまった頃(7:30頃)、手前駆け上がり付近で同行者にヒーーーット!
左右に走るが引きはそんなに強くない模様。上がってきたのはヤズ。
ヨカなぁ〜。と言いながらキャストするがその後も当たりすらなく。
また田平公園へエギング。...×そそくさ撤収し、黒潮とマツコンを
調査して退散。。。

同行者:Kシャン:ヤズ46cm

白石シバス

November 02 [Wed], 2005, 0:00
21:30満潮(大潮)21:30〜01:00

先日のシバスを今度はヒデンボに!と思ぃ満潮時に合わせて出撃。
潮もひたひた。風も無くベイトもそこそこ。
しかし一時間粘っても、アタリどころかボイルも梨。( ゚Д゚)
後髪ひかれる思いで、賭けに。ガタリんへ。橋の下にベイトは
いるが........潮位がたりん。(泣)
数投して、11月は狙い目のハコ崎へ。...案の定エサ師に占領。
しかもそやつらのスカリには50くらいと30くらいのシバス。
あぁぁ、ココも諦めそそくさエネオス裏。...ボイルどころか、ベイト
もおらん。...しまいには帰れ!とばかりに小雨。_| ̄|○

白石でなく、そのままガタりん行けばヨカった鴨。

同行者:hidenbo