宝塚宙組公演「銀河英雄伝説」感想

September 28 [Fri], 2012, 23:51



宙組に行きました。とても良かったです。原作は読んでいないのですが、家族や絆について色々と考えさせられ、何度か泣いてしまいました。装置も音楽も豪勢で、特に音楽は胸に響く楽曲が多くて、かなり引き込まれました。終幕は呆気ないのですが、一幕ラストは全員が勢揃いするいつもの大合唱で鳥肌ものでした。実は宝塚に近未来の話は似合わないと思っていたのですが、これが全くの杞憂で、腐敗した貴族政治を倒すというような話などは、ちょっと「ベルばら」を彷彿させる感じもして(一応、褒め言葉)、豪華なドレスでの舞踏会シーンもありましたし、意外なほど宝塚な作品で嬉しい誤算でした。一幕は少しまったりして、二幕は筋を追うのに忙しい…という感じでしたが、是非とも再演、続演をして欲しい作品だと思いました。


ラインハルト(凰稀):御披露目でいきなり代表作誕生と思ってしまうほどピッタリでした。友達(朝夏)や姉上(愛花)が大好きで、負けん気が強くて、周囲に翻弄させられながらも、前に進んでいく若きリーダー。脚本的に二番手3名の役柄が揃って良く書けているので、少し損な役回りかなと思ったのですが、それを自分自身のオーラで主役に見せきったのは圧巻の一言で、恐らく、100周年はオスカルかトートが待っていると思いますが、是非とも更なる上を目指して(やはり歌)、順調に伸びていって欲しいです。

キルヒアイス(朝夏):ラインハルトの幼馴染で、オスカルに対するアンドレのような存在(多分)。でも、彼の思いはラインハルトの姉にあり、その姉弟との子供の頃の出会いと、それから続く秘めた姉への叶わぬ思い。後半、ラインハルトとのすれ違いから云々という、彼に関するエピソードの全てが切なくて、最期は余りに哀しくて泣いてしまいました。朝夏はフィナーレを告げる銀橋の歌手もやっていて、組変えが吉と出ましたね。歌やダンスもピカいちで、私の中では株価急上昇です。本作でファンも増えたと思います。

ヤン(緒月):ラインハルトと敵対する惑星の軍人ながら、とてもいい役で、素朴で思いやりがあって、やる気がなさそうで、いざとなると正義感があって頼もしい。劇中、このヤンとキルヒアイスがいいと思っていたら、二幕で二人が相対する場面があり感激していたら、更にここで歌われた曲が物凄く良くて感動でした。実は一幕でも、戦死した親友の婚約者(純矢)に再会した場面のバラードが本当に綺麗で、この設定も、そして映写された紅葉も非常に美しくて、彼女も組変えでいい役といい曲に恵まれたと思います。

オーベルシュタイン(悠未):ラインハルト軍の冷徹な参謀。この役も多面的で気に入りました。そして、悠未が驚くほど達者で、朗々とした歌とダイナミックなダンス。ちょっとした仕草にも工夫があり目が離せませんでした。ラインハルトに自分を売り込む場面は凰稀に背後から絡むところがまるでルドルフを襲うトートのようで、余りに濃厚でクラっときました。大戦前夜に凰稀とチェスに興じるところも絶妙な空気感を醸して何ともいい感じでした。「華やかなりし日々」のジークフェルドも好演でしたし、巧いですね。

若手男役、特にポスターメンバーは小技の効いた熱演でしたが、恐らく原作を読んでいればもっと楽しめたように思います。驚いたのは小悪党の政治家を演じた星吹彩翔さんで、ゴスペル調の結構長い曲を歌っていて、これがまた中々の歌唱力で目を見張らされました。あと、鳳樹いちさんもルキーニばりの登場回数で、大海亜呼さんと二人で色々解説をしてくれたのですが、この二人も歌が巧くて、こういう実力本位のキャスティングは見ていて気持ちがいいです。

娘役ですが、ヒロインの実咲は歌や台詞が明瞭でしたが、もう少ししっとりとした感じも欲しいかなと思いました。代わりに上級生達がさすがの役者ぶりで、ラインハルトの姉アンネローゼ役の愛花は清楚で透明感があり魅力的でしたし、上流階級の夫人達の鈴奈・花音・美風は迫力があってオペラチックな歌も印象的でした。純矢はこういう背筋が伸びるような役が似合いますし、個人的にはヤンが養子にしたユリアン役の怜美うららが世話焼き好きな少年役を絶妙に演じていて、彼女は新公でアンネローゼ役をやるようですし、これからが楽しみです(ヒロインよりアンネローゼのほうがいい役)。

フィナーレは「エリザベート」パターンで、これは既にひとつの様式美ですね。ネット上では私が気に入った場面は原作ファンには少々不評な様子で、色々意見はありますが、是非ともお見逃しなく…という心境です。最後になりましたが、プログラムに掲載された原作者の言葉はホロリとさせるいい話でした。


2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彩加パパ
読者になる
8月10日生まれ、A型、獅子座、 松山市出身、池田市在住、 妻と長女の3人家族、 某メーカーの貿易部門勤務、 好きなものは観劇・育児・音楽・走ること・寿司・旅行
Yapme!一覧
読者になる