宝塚 雪組公演「ドンカルロス」 感想

March 18 [Sun], 2012, 13:27



 最近は木村作品=ツマらないという印象があるので、私はこんなものかなと思ったのですが、ただ、驚くほど空席が多くて雪組陣が気の毒でした。作品が悪いです。但し、「ドンカルロス」は題名やポスターの段階で既に顧客無視という感じで、劇団側はもっときちんとすべきだと思いました。

 木村先生の作品は歌やダンスが潤沢で、この点だけは評価するのですが、やはり台本が弱すぎだと思いました。今回は特に大したドラマがないので私には一層演出が過剰に映って、時々、普通にしゃべればとか、この程度で何故そんなに歌い踊るのとか、ラストの裁判場面に至っては出演者の大芝居が大袈裟に感じてちょっとひいてしまいました。

 パンフによると未涼が演じたフェリペ二世の史跡を訪れた木村先生が彼らの名声を自作で回復したくなって本作を書いたそうなのですが、他にもっと考えるべきことがあるのでは?という疑問は置くとして、事実関係は知りませんが、少なくともオペラ版と同様、一人の女性を愛した父子の悲哀をきちんと描いたほうが良かったのではと思いました。単なる政略結婚で大して恋愛感情はなかったという今回の解釈は安直で緊張感がなさすぎのように思いました。

 配役もこの三人から早霧と舞羽をはずして早霧には音月の親友役を、舞羽には新設の恋人役をさせていましたが、これが舞台を総花的にした原因にもなった印象で、やはり、中央のドラマに音月、早霧、舞羽を配して、彼らの悲劇をじっくりと描いたほうが賢明で出演者ももっと深堀がで・・きたのではと思いまた。

 これら役付者の台本上の苦戦をよそに活気があったのは若手達で、さすがにトミーチューンのパクリのような振付(「ブロードウェイボーイズ」)には目が点になったものの、幕開きの群舞を始め、彼らの場面は一貫してミュージカル的快感があって清涼剤になっていたと思います。また、娘役は夢華さんに代わって愛加さんと星乃さんの起用が際立った印象で、特に星乃さんは新公ヒロインですし、花組・実咲さん、月組・愛希さん、宙組・怜美さんと同じ研3、何だか劇団の企みを感じますが、話題作りに終わらないよう、実力をつけて欲しいです。

 中村一徳先生のショーは私は好きだなと思いました。海外の振付家を招聘したせいか美術面は低予算という感じですが、人海戦術で見事に補い切った感じで、雪組にお目当てがいないせいかどの場面か記憶が曖昧なのですが、数名から始まって、後ろの紗幕が透けると10名ほどが重なって見えて、更に20名、30名、そして袖から凄い人数が現れて、最後には100名ほどいるのではと錯覚するような場面があって見惚れてしまいました。非常に立体的で奥行きのある演出だったと思います。中村先生もやればできるんだと思いました。それにしても音月さんは作品に恵まれていなくて可哀想ですね。次こそ雪組がいい作品(芝居)に出会えることを期待したいです。
  • URL:https://yaplog.jp/shinjim/archive/1009
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彩加パパ
読者になる
8月10日生まれ、A型、獅子座、 松山市出身、池田市在住、 妻と長女の3人家族、 某メーカーの貿易部門勤務、 好きなものは観劇・育児・音楽・走ること・寿司・旅行
Yapme!一覧
読者になる