2000年の時差ぼけ

September 12 [Fri], 2014, 11:41
9/5〜スタートした軽井沢の個展

数日信州近辺に滞在中、
八ヶ岳のヒプノセラピスト常世ゆかり先生のところへも行って参りました。

先生のブログ記事
ヒプノセラピストの月夜カフェ-中嶋しいさんの個展に行ってきました-

3度目となる過去世旅行でした。
初めてのセラピーから早7年
過去2回の過去世旅行は、
まさに今回訪れた過去世の前提クエストだったんだなあ・・と。


思い返せば2011年
イタリア帰国4日前、
突然私の中でとんでもない事態が生じ、

魂の半分を、ローマに置き去りにしてきた。
そんな気持ちでした。
引き裂いた自分の魂の痛みで
全く眠れない日が続き

そのとき助けてくださったのが
やっぱり常世先生だったのね。
(ご本名なのです。まさにぴったりのお名前)


先生には当時私が体験したことの詳細は
何も話さなかった。

自分でもわけがわからなかったし
単なる心霊現象??

そんな不安もあったしね・・・。


だから、抽象的な説明で、先生に助けを求めた。

「遺跡で聞いてしまった声がある。
苦しくてたまらない。」


先生のアドバイスにより
古代にもそこに咲いていたであろう植物
(アキレアを選びました)
それを傍において、
日本での数ヶ月を乗り切ったのですよね。


植物に疎い私が
このような展覧会をやったのも、
もしかしたらそこに繋がっていたのかもしれません。

それから、いつも気にかけてくださる友人がお花好きで
彼女のお花ブログを毎日見ていたので
お花に馴染みができたのです。






常世先生がギャラリーにいらしてくださったとき、
偶然にもローマでご一緒したS画伯も来てくれていて

当時の私の ヘンテコぶり??

(現実と過去が交差して頭が混乱。
妙なことを口走っていまして・・・)

帰国してからの苦しい日本の生活を
毎晩六本木で飲み明かすことに同行してくださった画伯でもあり(爆)

なんという偶然だろう?



ともかく今回の前世セラピー
古代まで飛びましてね・・・

今の私に一番影響を与えている人生を見てきたのです。

相当、すごいです・・・

自分がなぜ文字を使った作品を作っているのかも
誰かを待っている情景の既視感も

今回のセラピーで、記憶が蘇ってしまい
今は、とてもつらいのです。

誰を見ても涙が出てきますし
会えなかった同士たちに見えますし

誰彼かまわず抱きしめたくなる、
相当危ない人になりつつあります(爆)

それから、
かなり残虐な場面も見たせいか
お肉が食べられなくなっています。。。。。



不思議なのは、

歴史上起きてしまった事態に

一切の恨みの心がないこと。


愛で満ちている感じ(笑)


なぜなんだろう・・・





まだ咀嚼中ですので
おいおい文章にまとめたいと思います。




なんというか・・・

時空のねじれから
現世に戻るのに戸惑っている。

そんな感じで、
頭がボーっとしています。

(いつもかっ!)








さて、個展の方ですが

ハガキ入れ仕様の小物作品6点は
完売したので、昨日新たに5点納品してきました。





ミラーがついているものがあります。
玄関に置いて頂き、出発前のお顔の確認に使って欲しい。
(笑)







今回はかなり小さな作品が多いです。
全作新作は叶いませんでしたが、新作だけで20点以上はありますので
大丈夫です(何が大丈夫?)





SM〜3号もたくさん制作しました。
中でもカンパヌラのパステル画を画像に取り入れた作品は、
私自身、色も構図も大満足の仕上がりでしたので
初日売約が付き、嬉しい限りです。








スクエア(30×30cm)の作品。
すっきりして いい感じです。





















こちらのギャラリーさん
別荘のギャラリーですが
遠藤周作氏のお母様の別荘だった場所だそうです。

ギャラリー隣にカフェ併設。






Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:中嶋しい
  • 性別:女性
  • 現住所:東京都
読者になる
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ