片側肥大症・・・らしいです。

January 29 [Mon], 2007, 23:28
整形外科、行ってきました。

9:30〜10:00の予約枠だったのに、呼ばれたのが10:30過ぎ。
やっぱ総合病院は待ち時間長すぎる・・・。
RINがおとなしく待てるわけもなく、
眠そうに顔こすったりキャーキャー声を出し始めたりして、
ちょっと居心地の悪い待ち時間。
本格的にぐずってしまう前に、待合室の端っこでオッパイ飲ませようと
立ち上がった途端に番号を呼ばれてしまい、
オッパイ飲ませるタイミングを逃してしまいました。

先生に状況を説明しながらRINの服を脱がして脚を診てもらったんだけど、
やっぱり股関節の開きは問題なさそう。
でもやっぱり長さは違うねぇ、ということで
「レントゲンを撮ってみないと分からない」と言われました。
そこまでのやりとりは、すでに小児科で済んでることなんだから
最初からレントゲン撮りに行かせてくれたらいいのに・・・。
泣きそうな顔してるRINに「大丈夫だよー」と声を掛けながらまた服を着せて、
レントゲンを撮りに移動・・・。
今度こそ絶対泣くだろうなーと思ったので、
名前呼ばれる前に待合室の端っこでこっそりオッパイ飲ませてみたけど
レントゲンではやっぱり号泣でした。かわいそうに・・・。

レントゲンを撮ったあと、さらに1時間近く待たされて
あたしもRINもぐったり・・・。
待合室の雰囲気も悪くて、みんなイライラモード。
でもRINはいい子で待っててくれました。

で。
レントゲン撮影の結果、股関節脱臼ではないことが判明。
骨の長さで調べてもらったら、やっぱり左右で長さは違うけど
数ミリの違いだ、と言われました。
小児科では3センチも違うって言われたけど、「3センチは大袈裟だ」ってさ。
でも、太ももの太さが違うことも分かったの。
右足のほうが、長くて太いんです。
ま、どっちも微妙な違いなんだけどね。

脱臼じゃないから、抱っこもオンブも大丈夫ですよ、とのこと。
でも脚の長さが違うことで、歩行障害がないか心配。
それも先生に聞いてみたけど、必ずしもそうなるとは限らないって。
万が一、歩行障害が出たとしても、症状としてはっきり現れるのは
小学生ぐらいになってからなんだって。

あと、脚の長さの違いが、成長の段階で治ることはないみたい。
現状維持か、今以上に差が開いてくるか、だそうです。
これはやっぱりショックだったな・・・。

「こうすれば治りますよ」とか
「こういうことをしなければ、今以上ひどくならないです」とかも無くて、
とにかく「経過観察」・・・。
脱臼じゃなくて安心したけど、少し悲しい結果です。

何もしてあげられないなんて。

症状としては、まだハッキリとしないんだけど
「片側肥大症<へんそくひだいしょう>」の疑いがある、とのことです。
内臓疾患も関係してるかも知れないけど記憶が曖昧なので分からない、
っていうことも付け加えられました。
よくわかんないんだったら、
中途半端に不安にさせるようなことを言わないでよー、まったく。

まぁとにかく長い待ち時間のせいで、病院を出たのが何と12時過ぎ。
疲れたよ〜。
次また3月に経過観察でレントゲン撮影の予約が・・・。
今度はもうちょっと待ち時間短くなるといいんだけど。

6ヶ月健診&三種混合(1回目)・・・のはずが

January 26 [Fri], 2007, 23:35
気が付けばもうすぐ2月・・・早いなぁ。
ていうか、RINもうすぐ7ヶ月になっちゃうんだね。
ていうか、ていうか、健診とか予防接種とかやらなきゃ、ぢゃん。

そんなわけで、慌てて病院に予約の電話を入れて
慌てて6ヶ月健診と三種混合(DPT)の1回目、行ってきました。

忘れ物が無いように、何度も書類や荷物を確認して
予約時間の30分前に病院到着。
ふふふっ、ここまでは予定通り、完璧。
ゆっくりオッパイ飲ませて、リラックスモードで健診と注射よ♪

と思っていたら・・・

健診の用紙を忘れてた。

予防接種のことで頭いっぱいだったの。
なんせDPT1回目なもんで。

そしたら、健診の用紙があることなんてすっかり忘れてて。

何とかならないもんかと思ったけど無理なんだって。
でもせっかく来たんだから、注射だけ打ってもらおう。

初のDPTは案の定 少しだけ泣いたけど、意外にすぐ泣き止んだよ。
偉かったね、RIN。
でもまだあと3回あるから。がんばれ。

でね。
昨日の夜、ふと気になることを発見したの。
じつはRINの脚の長さが左右で違うのね。
何となく脚をぴーんと伸ばしてみたら
「およよ?」ってな感じで気になったので、
注射の後、看護師さんに軽い気持ちで相談してみた。

「あらら、ほんとだ。ちょっと長さが違うねぇ」
って言いながら長さを測ってもらったら、
左右で3センチも違うって言われて。

「大丈夫なんでしょうか・・・」と聞いたら
ちょっとわかんないから詳しくは整形外科で調べてみようってことに。
・・・何だかちょっとえらいことになってきた感じ。

軽い気持ちで聞いてみて
「あ〜、大丈夫」って言われると思い込んでたのに
予想外の展開に戸惑いまくり。
一気に不安になっちゃいました・・・。

色々考えてもしょうがないから
整形外科で診てもらうまで待つしかないんだけど
申し訳ないっていうか、可哀想っていうか、、、
母として何だかとても複雑な心境です。

ネントレ、始めます

January 17 [Wed], 2007, 21:20
またしてもずいぶん更新をサボってしまいました・・・。
バタバタしているうちに新年を迎え、
blogの更新が気になりつつ、なかなかPCを触る時間がなくてねー。
おまけに風邪をひいてしまったり、PCの不調など
いろんな理由(という名の言い訳)がたくさんあり、
ずるずると今日まで過ごしてしまいました。

更新出来ていない分の記事は、ちょっとずつ下書き保存してるので
時間を見つけてちょいちょい更新します。
まぁ、みなさん大して興味ないと思いますが、
もし気が向いたら、日をさかのぼって覗いてみてください。
(いい加減ですいません・・・)

えっと。
唐突ですが、今日からネントレ始めることにしました。
ネントレ=ネンネトレーニング。
赤ちゃんが一人でネンネ出来るようにするトレーニングで、
一人で寝る事が不安でも何でもなく
ごく自然で当たり前だという習慣を身につけさせる事。

RINの場合、いつも寝ぐずりがひどくて
お昼寝も散々ぐずるわりに短くてすぐに起きちゃう、という
ちょい寝を何度か繰り返す感じだし、
夜はお風呂の後だいたい1時間〜2時間かけて
抱っこ&オッパイを繰り返しながらようやく寝るって感じなの。
もうちょっとで寝るかな?と思ってもそこからが長くて
寝てくれるまでとにかく抱っこ地獄だし、
仕方なく何度も何度もオッパイをくわえさせたりしてたんだけど、
果たしてこのままこの方法を続けていてもいいのか?と思っていたところに
blog仲間のmixさんがネントレに成功してるのを見て、
うちも頑張ってみようかなーっと思ったの。
ネントレってまだまだ先のことだと思ってたけど、
6ヶ月くらいからでもいいんだね。

「1人でネンネして朝までグッスリ寝てくれる」のが最終目標だけど、
途中起きて添い寝になっても、オッパイ無しで寝てくれるならいいかな、
と思ってます。
最近はアメリカでも「添い寝」の良さに関心が高まってるみたいだし、
添い寝することによって安心感を得られて寝てくれるのであれば、
無理にやめることもないかなって。

まずは、1人でネンネできるように
ここはひとつ、心を鬼にして
強い意志と相当の覚悟をもって挑まなければなりません。

ネントレを試みた人のblogを読んだりしてみたけど
やっぱり最初はほんとにつらそう。
あたしに出来るかどうか、不安・・・。

でも、やると決めたからには頑張ります。

ネントレ初日の報告は明日します。
さてさて、どうなることやら。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shihos_baby
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月6日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-格闘技が大好き♪
    ・音楽-これでも一応、元音大生
読者になる

■家族構成■
ダー(夫)&RIN(娘)

2003年10月24日/NYで挙式。
2006年6月29日/RINが誕生。

2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コメントありがとう♪
アイコン画像レミリー
» 突然ですが (2016年02月19日)
アイコン画像みさりん
» 片側肥大症・・・らしいです。 (2011年06月16日)
アイコン画像男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww
» 突然ですが (2009年06月16日)
アイコン画像花鳥風月
» 突然ですが (2008年10月21日)
アイコン画像すかし
» 突然ですが (2008年10月20日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 突然ですが (2008年10月19日)
アイコン画像真那斗
» 突然ですが (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» 突然ですが (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» 突然ですが (2008年10月08日)
アイコン画像じゃぶ
» 突然ですが (2008年10月05日)
メール送ってね♪

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる