冬雷や梵天王の耳深く

2013年01月10日(木) 4時10分
12月15日(土)恒例のトレールメンバーによるウォーキングを京都から大阪に場所を移して行った。「熊野街道を歩く」題して「僕も私も後鳥羽院」。午前10時に京阪電車天満橋駅改札口に集まる。今回の参加は8名、初参加は大学時代の先輩Y氏と俳友のRさんである。後は旧知の方々である。経路は八軒家船着場跡⇒窪津王子(座摩神社行宮)⇒坂口王子(朝日神明社跡)⇒上野王子(上之宮台ハイツ前)⇒四天王寺南大門(熊野権現禮拝石)⇒天王寺駅⇒安倍晴明神社⇒阿部王子(阿部王子神社)⇒万代池⇒住吉大社であった。打上げを住吉神社駅前の店で行なう。私はマッコリで酩酊状態となる。この道は一昨年行った道なので上手く案内できた。俳人4人は京都で句会と相成った。10句を出した。
16日(日)やまとの湯で寛ぐ。回数券11枚綴りを初めて購入した。17日から20日は雑事をこなす。
21日(金)西大路ウォーキングクラブの二人がワインとチーズ、ハムを携えてやってくる。私は食事をもてなす。題して「西京極膳」@牡蠣のマリネ、Aパプリカスープ、B鮭のトリフオイル、C牛しゃぶしゃぶ、であった。喜んで貰った。ワインと料理に随分酔ってしまった。良い忘年会であった。Kさんは自然に後かたずけをしてくれる。感謝の極み。
22日(土)錦句会である。この日も10句作る。23日(日)やまとの湯で寛ぐ。
24日(月)俳友Rさんの呼びかけで嵐山猿山吟行に参加する。初めてSさん、俳句結社主宰H氏とご一緒する。ニホンザルの毛並みのふさふさした状態に驚く。猿山の中には日本人より外国人の方が多いと感じた。外国人には秘密のルートがあるらしい。嵐山駅前の喫茶店に場所を移し吟行句36句を出した。
25日(火)唯史の入籍手続きのために東淀川区役所(淡路出張所)へ戸籍謄本を取りに行く。26日(水)本年最後の書道の日である。先生曰く「やはり一杯書かなくちゃ、書道三昧しなければいけない。」なるほど「三昧」とはいい言葉である。仏教では禅定によって精神の集中が深まりきった状態のこととある。サマーディ(Samdhi)の音訳。
27日(木)直子の結婚後初めて新居に招かれる。2LDKの新築ハイツである。直子の手料理を二人で食べる。仕事と主婦業を彼女はこなさねばいけない。二人うまくやっているように感じて帰宅した。
28日、29日と福岡に行くための準備をする。
30日(日)福岡に行き、天神で唯史と落ち合う。天神のレストランビルにある博多魚家「すし磯貝」を案内してくれた。魚が新鮮で美味い。値段もリーズナブル。伊勢エビの刺身、何と1800円也しかも伊勢エビの味噌汁2人前付き。
31日(月)大晦日を唯史、智ちゃんの3人で迎える。NHK紅白歌合戦を見ながら「婚姻届」の証人欄に記載する。書類が書き終わったところで三人で乾杯のシャンパンを開ける。美味い。婚姻届を掲げた二人を写真に納める。


  
四天王寺熊野権現遥拝石  嵐山のニホンザル  すし「磯貝」の伊勢エビ

綿虫のゆらと落ち行く帝都かな

2013年01月10日(木) 3時04分
12月8日(土)は大輔君と直子の宮崎神宮會館での披露宴である。新郎側からは大輔君の母上が神戸から来てくれた。私の親族と亡妻の親族が遠くは沖縄、大阪、福岡から宮崎に来てくれた。私の母にとっては今回は6度目の孫の結婚であり、義母にとっては初めての結婚式であった。ウェディングケーキは弟の店からサービスして貰った。二人のケーキ入刀の後の弟によるケーキの取分けも見所の一つだった。義母も母も喜んで食欲も進んでいる。二人にとって今回の披露宴(パーティ)も3回目とあって、昨日の司会者と会場スタッフとの打合せ1回だけで進行はスムーズであり心地よい。各テーブル代表の家族紹介スピーチも和やかで良かった。余興も良かった。奈津ちゃんと早紀ちゃんの「ハナミズキ」、弟の「やっぱ好きやねん」、息子唯史と智ちゃんの「バンザイ 好きでよかった」、定昭さんと辰夫さんの「骨まで愛して」と大いに盛り上がった。直子の手紙も良かった。私の娘に対する手紙を司会者の方が変わって読んでくれたがそれが良かった。式後、皆んな良い顔で記念写真に収まった。二次会は小松台の我が家で行ったが皆んなが来てくれた。楽しい雰囲気で皆んな幸せな顔をしていた。
9日(日)宴の後、大輔君、彼の母上、直子は10時過ぎの全日空機で大阪に帰って行った。私は3人を空港に見送った後、唯史、智ちゃん、姉、母と合流して5人で養白寺に亡妻を参り、その後宮崎観光ホテルのステーキレストラン「みやちく」で宮崎牛を味わった。そして唯史と智ちゃんは福岡に帰って行った。
10日(月)夕食を妹夫婦、母の4人で海鮮茶屋「うを佐」で行い歓談した。食後妹宅で寛いていたところに姉が合流した。
11日(火)友人奥平君が昼前に来てくれて二人で「青井岳温泉」に行く。私のお気に入りの温泉である。肌がなめらかになる。彼とゆっくりと湯に浸って話し合うのが至上の喜びである。その後弟の店まで送って貰う。店は多忙を極め皆んな忙しくしているのも嬉しい。合間を縫って弟と「さといもラーメン」に行く。夜は姉、母、妹の4人でイタリアンレストランに連れて行って貰う。姉にご馳走になった。
12日(水)京都に戻る日である。妹が空港まで送ってくれた。空港内のレストラン「夢かぐら」で二人でしばし話し合った。母は最近から週3回ディサービスに通っている。少し陽気になり声にも張りが出てきた。母のことをよろしく託す。一人京都住まいをするのも心苦しく感じてしまう。1時40分発の全日空機で伊丹空港に戻ってきた。
13日(木)ヤマダ電機にキャノンインクを買い行き、ライフに食材を買った以外は家にいた。
14日(金)1時からの魚村晋太郎さんの「短歌講座」を受講するために大阪に行く。受講後2時半に京都へ戻り京カレッジの「人間と宗教」を受講する。自宅に戻り7時半から西大路ウォーキングクラブのKさんと二人で五条葛野大路から五条、御池を経て五条西大路でKさんと別れた。


  
鵜戸神宮          披露宴           ウェディングケーキ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:枯秋庵
読者になる
2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像風信子
» 秋鯖や回遊といふ苦役あり (2012年09月26日)
アイコン画像枯秋庵
» 阿羅漢になれぬ浮塵子を見つめをり (2011年10月27日)
アイコン画像吟遊詩人
» 阿羅漢になれぬ浮塵子を見つめをり (2011年10月26日)
アイコン画像枯秋庵
» 足元に助けてみよと蟋蟀が (2011年09月30日)
アイコン画像吟遊詩人
» 足元に助けてみよと蟋蟀が (2011年09月20日)
アイコン画像枯秋庵
» 梅雨茸が薬指から生えてくる (2011年06月16日)
アイコン画像裕香
» 梅雨茸が薬指から生えてくる (2011年06月16日)
アイコン画像枯秋庵
» 川中に我を誘ふや水馬 (2011年06月08日)
アイコン画像吟遊詩人
» 川中に我を誘ふや水馬 (2011年06月08日)
Yapme!一覧
読者になる