愛憐の故に詛いし貴船菊

2012年12月05日(水) 2時09分
10月6日(土)田中さん、山口君、黒田君の4人で京都トレール北山コースを歩く。京都駅で待合せ、大原行きのバスに乗り込む。戸寺で下車、江文峠を越え静原で昼食、薬王坂を越えれば鞍馬に到着する。更に鞍馬山を越え奥の院魔王院へ行く。更に下って貴船神社に辿り着く。バスと電車で河原町まで戻り「ミュンヘン」にてビールで疲れを癒す。その後私の家で飲み直す。心地よい疲れを味わった。
7日(日)大学時代の同窓会を大阪お初天神の「ミュンヘン」(昨日と同じやんか!)で行なう。先輩の山〇氏、齋〇氏、横〇氏、藤〇氏、同年の田中さん(昨日に引き続き)の6名である。和気藹々と語らう。年に1回くらいの割合で会っている。楽しい会であった。
10日(木)昼食は書道教室の先生と仲間(ご婦人達)と一緒に七条中央卸売売り場傍の「すし市場」に行く。和やかに歓談しながら市場からの新鮮な寿司ネタを堪能する。その後「角屋」を見学する。今回も二階まで見ることができた。その後美術展を見に行く。夜は直子と待合せて、茨木の焼肉店「和幸亭」に行く。ここは私が会社に勤務していた当時たまに来ていた店である。
12日(金)直子の結婚式に参列するためにハワイに行く。ホノルル空港で唯史と待合せて、宿のコンドミニアムへ行く。モーニングを借りる。夜は二人でそば「松玄」でおでん、蕎麦で一杯やる。
13日(土)は結婚式である。「Honu Kai Lani」という人気の式場である。ヴァージンロードを直子と二人で歩いた。和やかな雰囲気の中で結婚式を終えることができた。終了後、昨日に引き続き「そば松玄」に行く。14日(日)は唯史と「アラモアナセンター」へ行く。唯史に衣服をプレゼントする。昼食は海鮮中華料理の店にする。美味であった。夜は新婚夫妻が婚式参列者全員を招待してくれてレストランで食事をする。夕陽が美しかった。
15日(月)唯史を空港に見送る。その後「ビショップ美術館」にタクシーで行く。ハワイ王国の歴史を学ぶ。この美術館は見どころが多かった。溶岩の実演まであった。帰りはバスでワイキキまで帰る。2ドル50セントとリーズナブルであった。夕食はステーキ「Suntory」でステーキとオマール海老の鉄板焼きを食す。美味しいけれども一人では楽しめないな、などと思う。16日(火)帰国につき日本へは17日(水)に着く。
10月21日(日)京都国立近代美術館に「高橋由一」展を見に行く。鮭の絵が有名だが近代洋画の黎明期の息吹を感じる作品であった。
27日(土)錦句会に参加する。・修羅道へ堕ちてみやうか夕紅葉、など8句を出句する。
30日(火)は直子と高校時代の友人であるゆきちゃんと烏丸「美濃吉」で食事する。11月17日直子の友人達で行なう結婚祝賀会にサプライズとして私の手紙を発表するとのことで、直子への手紙を幹事役のゆきちゃんに直子が席を外した瞬間に手渡した。三人で和気藹々と食事をした。美濃吉大橋さんの計らいで結婚祝として料理長から鯛の御頭を頂いた。心憎いばかりの気配りを美濃吉さんはしてくれる。
31日(水)書道の先生の都合で教室が休みとなり私は多忙だった10月の疲れを癒すために「やまとの湯」へ行きゆっくり寛いだ。来月は福岡に行くことになっている。


 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:枯秋庵
読者になる
2012年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像風信子
» 秋鯖や回遊といふ苦役あり (2012年09月26日)
アイコン画像枯秋庵
» 阿羅漢になれぬ浮塵子を見つめをり (2011年10月27日)
アイコン画像吟遊詩人
» 阿羅漢になれぬ浮塵子を見つめをり (2011年10月26日)
アイコン画像枯秋庵
» 足元に助けてみよと蟋蟀が (2011年09月30日)
アイコン画像吟遊詩人
» 足元に助けてみよと蟋蟀が (2011年09月20日)
アイコン画像枯秋庵
» 梅雨茸が薬指から生えてくる (2011年06月16日)
アイコン画像裕香
» 梅雨茸が薬指から生えてくる (2011年06月16日)
アイコン画像枯秋庵
» 川中に我を誘ふや水馬 (2011年06月08日)
アイコン画像吟遊詩人
» 川中に我を誘ふや水馬 (2011年06月08日)
Yapme!一覧
読者になる