玉敷の都にひらり雪螢

2013年01月08日(火) 1時26分
12月1日(土)料理の日を決め込んで、ブリのしゃぶ風を作る。ブリの生臭さを如何に消すかがポイントである。
2日(日)諸事を行なう。宮崎のガス、電力、水道料金の支払いをコンビニエンス・ストアで済ます。また久し振りにクリーニング店に行く。
3日(月)俳友Nさんと下鴨神社で待ち合せる。鴨長明「方丈記800年記念展」の招待券が手に入ったとのことで吟行と相成った。下鴨神社へ行く途中に私は鴨川の川原に降りて置石の亀石を渡った。元の水かどうかは分からないが、流れが早くしかも深い。Nさんと会い、まず河合神社へ行く。ここに方丈庵が再現されているが中々昨日的で真ん中の囲炉裏も心地よい。折りたたみ式で何処へでも持ち運び可能となっている。木漏れ日の美しい糺の森を通って下鴨神社境内へ行く。そこでスタジオジブリ「定家と長明」原画展をじっくり見る。大炊所、御所車を見て、同研修所の「方丈記・式年遷宮特別展」を観覧する。方丈記を堪能して下鴨神社を後にした。食事は四条烏丸近くの「前田珈琲本店」に行く。スパゲティを頼みそして私はビールを別に頼む。店内には異国からのサンタクロースがいてお客さんと記念撮影などをやっている。面白い光景である。場所を近くのCafe VELOCEに変え俳句バトルに移る。Nさんと携帯メールを使い交互に作句してゆく。スタートは4時5分、エンドは5時半。双方20句づつ計40句が完成したところでNさんと別れた。
4日(火)終日家にいる。5日(水)書道教室へ行く。習い始めてもう9ヶ月ほど過ぎた。
6日(木)宮崎での直子の結婚披露宴のため帰郷する。バスで市内まで行き、行きつけの天婦羅「江戸ッ子」で食事をする。主人としみじみ話しているところへ新たなお客が加わり随分話し込んだ。互いの子供のことなどで盛り上がる。
7日(金)直子、大輔君、彼の母上を迎えに宮崎空港に行く。レンタカーを借り大輔君の運転で日南海岸を観光してゆく。堀切峠に感激して貰い、鵜戸神宮へ参拝した。運玉を岩穴に投げ入れ無事入ると幸運が得られるのだが見事大輔君の母上が命中した。神戸から来られた甲斐があった。昼食を「港あおしま」で取る。伊勢エビの刺身を注文して勘定は彼の母上が払ってくれた。満足して自宅へ戻る。披露宴会場である「神宮会館」に二人は向い母上はホテルに向かった。打ち合わせを終えた二人と母上が我が家に集まり、自宅で寛いだ戦場坂の後焼鳥「恵屋プラス」で夕食を取る。直子と母上は先に帰り、最後は大輔君と二人だけ残り飲み直す。私は「シダックス」に誘いカラオケを交互に歌い続けた。11時頃帰宅した。


  
糺の森            同              同
  • URL:https://yaplog.jp/shigeo6150821/archive/1577
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:枯秋庵
読者になる
2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像風信子
» 秋鯖や回遊といふ苦役あり (2012年09月26日)
アイコン画像枯秋庵
» 阿羅漢になれぬ浮塵子を見つめをり (2011年10月27日)
アイコン画像吟遊詩人
» 阿羅漢になれぬ浮塵子を見つめをり (2011年10月26日)
アイコン画像枯秋庵
» 足元に助けてみよと蟋蟀が (2011年09月30日)
アイコン画像吟遊詩人
» 足元に助けてみよと蟋蟀が (2011年09月20日)
アイコン画像枯秋庵
» 梅雨茸が薬指から生えてくる (2011年06月16日)
アイコン画像裕香
» 梅雨茸が薬指から生えてくる (2011年06月16日)
アイコン画像枯秋庵
» 川中に我を誘ふや水馬 (2011年06月08日)
アイコン画像吟遊詩人
» 川中に我を誘ふや水馬 (2011年06月08日)
Yapme!一覧
読者になる