下関市長府 長府陣屋

March 31 [Sat], 2018, 7:00
全国の藩邸陣屋跡には、ほとんど「○○陣屋跡」などの石碑があります。
ですが長府陣屋に関しては、そのようなものは無い。
長府陣屋が櫛崎城の三の丸に建てられたものなので、
「櫛崎城址」碑だけで良いという事でしょうか?
でも、櫛崎城と長府陣屋は別物なので、
「長府陣屋跡」又は「長府藩邸跡」碑の建立をお願いしたいものです。

跡地が高校になったからというのは理由にはならないでしょう。
全国の陣屋のほとんどが学校になっており、
それでもそのほとんどに石碑や案内板が建てられているのですから。

長府陣屋の跡地は、山口県立豊浦高等学校。
遺構はほとんど残っていませんが、外壁を陣屋風の土塀にしています。

「豊浦高等学校正門」。
母校ではありませんので、内部の事はよくわかりません。
今回、豊校(地元ではこう呼ぶ)の門に、
変わった名が付けられていると知ったので確かめに行ってみました。
写真がちょっとナナメになってしまってます。


「松原門」。
正門向かって左手にある門。
長府の古地図を見ると、陣屋の西側に松林があったようですので、
そこから付けられた名称でしょうか?

「松原門」の表札。

長府古地図から察するにこの「御門」でしょうか?


北側の角の壁になんだか門があったような跡が・・
表札が張られてたっぽい跡もあります。

もしかしてこの「御門」の跡?

北側の外壁側の門へ。

「四王司門」。
名の由来は長府の北側にそびえる四王司山からでしょう。
こういう名付け方は城門らしいですね。

「四王司門」の表札。

先ほどの例からすると、この「御門」でしょう。

四王司門から東に歩いた先のもうひとつの門。

「櫛崎門」。
名の由来は城のあった櫛崎からでしょう。
ただ、この門は古地図には見当たりません。
櫛崎城の遺構である三の丸北西角の石垣に近いから名付けられたもの?

「櫛崎門」の表札。

これらの門は遺構ではありませんが、
陣屋の門の位置と同様の場所に設置された門のようですね。

↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2018年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
P R
https://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf