佐賀県小城市 小城陣屋跡

March 21 [Wed], 2018, 7:00
小城藩は、佐賀(肥後)の支藩。
初代佐賀藩主鍋島勝茂の長男鍋島元茂が、
領内の佐嘉郡・小城郡・松浦郡の7万3千石を与えられて立藩します。
元茂は勝茂の長男でしたが、勝茂の後妻の子で四男の忠直が継嗣となっています。
※忠直は早世しますが、その長男光茂が第2代佐賀藩主となりました。

2代藩主鍋島直能の頃に、小城に陣屋を構え藩庁としました。
7万3千石という石高を持つ中堅大名ながら、支藩であるため無城大名です。
歴代藩主の多くは、幕府より公家や朝鮮通信使の接待役を任じられました。
それゆえに宗家の佐賀藩からの独立を模索しますが、
宗家の反対で実現してません。


小城藩邸正門前の石橋」。
小城陣屋は、現在の佐賀県立小城高等学校小城公園の一帯。
遺構は堀や土塁や石垣、そしてこの正門前の石橋くらいです。

石橋を渡ると陣屋敷地内ですが、
振り返った後ろ側には、藩校の跡地がありました。

藩校興譲館跡」。
藩校興譲館の跡地は、現在小城市立桜岡小学校になっています。
生徒は藩士子弟のみで、嫡子は15歳から24歳まで寄宿舎に入り、
文武の授業が行われました。
成績が悪いと拘置や減食の罰があり、優秀であると賞品が貰えたようです。


鳥森稲荷神社(二の鳥居)」。
陣屋敷地内の中央には、桜岡と呼ばれる小丘があります。
3代藩主鍋島元武によって創建された神社で、
江戸屋敷内に奉祀されていた「烏森稲荷」を遷宮し、
宮島武蔵によって勧請されたもののようです。


鳥森稲荷神社 拝殿」。
石段を上った丘の山頂付近にある拝殿。
稲荷特融の朱の鳥居が連なっていますね。


鳥森稲荷神社の北側には、お約束のように忠魂碑がありますが、
その両側には小城出身の政治家松田正久の碑と、
何故か聖徳太子の像が・・・、


松田男爵之碑」。
松田正久は、小城藩士横尾只七の次男として生まれ、
同小城藩士の松田勇七の養子となります。
藩校興譲館で学び、維新後は昌平学校に入学しますが、
間もなく廃止されてしまった為に、沼津兵学校に入学しました。
頭取であった西周の推薦によって陸軍省に出仕し、
明治5年に兵学研究のためにフランスに留学しますが、
帰国後に陸軍省を辞職して帰郷。自由民権運動に参加しています。

明治8年、無量寺を本拠に政治結社「自明社」設立。
長崎県議会議員衆議院議員を務め、
大蔵大臣文部大臣司法大臣衆議院議長を歴任しました。


鐘撞堂跡」。
忠魂碑の裏手にある石垣は、鐘撞堂の跡で数少ない遺構のひとつ。


甲戌烈士之碑」。
佐賀の乱において戦死した旧小城藩士13名の慰霊碑。
旧小城藩の士族は、元家老の田尻種博ら三個小隊が反乱に参加しました。
留守経昌牟田官太野口兵庫深江春柳鐘ヶ江善太郎
成松浅次郎山田為次郎中山熊太郎高園熊吉
中島作一北島九八東島平太中村儀三の13名が戦死し、
乱後に隊長の田尻が懲役10年、その他30人が有罪となっています。
この碑は明治23年に、同志達によって建設されたもの。
毎年4月上旬頃に、碑前で慰霊祭が行われている様です。


元小城藩館跡」。
現在の佐賀県立小城高等学校が、藩庁の御殿があった場所です。
比較的新しい石碑ですが、「」と付けているので「」はいらないと思う。


梧竹退筆塚」。
明治の三筆のひとりと称される書家中林梧竹は、元小城藩士。
藩命により江戸に留学し、山内香雪市河米庵らに書を学びました。
明治10年に清国の余元眉から、碑版法帖の提供を受け六朝書を研究。
明治15年には、余元眉とともに清国に渡り、
余元眉の師である潘存のもとで古碑や拓本を研究します。
明治24年、王羲之十七帖の臨書を明治天皇に献上。
大正2年に死去しましたが、その翌年にこの碑が建てられ、
追悼法会及び除幕式が盛大に執り行われたようです。

退筆塚より南へ進み、岡山神社へ。

江副道治碑」。
幕末の三剣士のひとり大石進の門人江副兵部左衛門の石碑。
大石神影流剣術の他、天神真揚流体術八天舞相流棒縄術を体得した人物。


岡山神社」。
初代藩主鍋島元茂及び2代藩主鍋島直能を祀る神社。
元茂は剣術にも長けており、柳生宗矩に兵法を学んで武神と崇めらました。
はじめ國武社と称していましたが、安政5年に岡山神社と改称しています。

この岡山神社の境内には、あの剣豪2人の祠が・・・

玉成社(右)」と「武正社(左)」。
柳生宗矩を祀る玉成社と、柳生十兵衛(三厳)を祀る武正社。
初代元茂と2代直能は、この2人に剣術を教わっていました。
小城藩で剣術が盛んであった事が窺えますね。
鍋島家の伝承によると、十兵衛が宗矩に勘当されたので、
柳生新陰流の一子相伝の秘技は、直能に伝授されたという話もあります。

幕末の小城藩は、宗家と共に長崎警固などを担当。
万延元年遣米使節に藩士を派遣したり、
洋式軍備による兵制改革を行ったり、蘭方医を藩医とするなど、
積極的な洋式化に取り組んでいます。
戊辰戦争では、アームストロング砲を装備した藩兵600名が出陣し、
その威力により新政府軍の勝利に大いに貢献しました。


↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2018年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
P R
https://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf