三重県桑名市 長島城跡

August 10 [Thu], 2017, 7:00
長島藩は、木曽三川の河口部にある長島を領した藩で、
4代将軍徳川家綱の生母宝樹院の縁者である増山家が治めました。

増山家以前は、久松松平家が治めていましたが、
藩主の松平忠充が暗君で、重臣3人を切腹させ、
その重臣の子4人を死罪にするなど暴挙を行ったため、
幕府から乱心であると判断されて改易させられた経緯があります。

長島藩の藩庁である長島城は、鎌倉時代より始まる古い城で、
一向一揆の拠点となったり、滝川一益織田信雄の居城となりました。

長島町周辺(長島城の場所)

現在、長島城の跡地は、長島中部小学校長島中学校になっており、
遺構はほとんど残っていません。

長島中学校正門」。
瓦屋根が、ここが城であったと象徴しています。
・・が、中学校側には、なんら遺構な残っていません。


元長島藩有志」と刻まれた石碑。
城跡の碑。小学校の校庭に建っています。


長島の大松」。
樹齢300年のクロマツで、長島城本丸の南西にあったようです。
300年前といえば大岡越前が活躍した頃ですかね。

さて、長島城の現存する建造物ですが、
近くの蓮生寺に大手門が移築されています。

蓮生寺山門(長島城大手門)」。
明治9年に払い下げられてここに移築されています。
大手門にしてはあまりにもこじんまりしていると思ったら、
どうも小さく作り変えているようです。
増山家の増山雁金の家紋も見受けられました。

幕末の藩主増山正修は、佐幕の姿勢を貫こうとしますが、
伊勢の諸藩が次々に新政府へ恭順していったため、
泣く泣く新政府に従います。
この増山正修、実は庄内藩からの養子で、
幕末の庄内藩主酒井忠篤は、甥(兄の子)にあたります。
恭順後は、藩兵を奥羽越に送らねばならず辛かったでしょうね。

また赤報隊により、3千両を強奪されるという災難にも遭っています。



↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
P R
https://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf