滋賀県近江市 山上陣屋跡

August 18 [Sun], 2019, 7:00
山上近江国伊賀国を結ぶ要所で、
江戸時代中期まで譜代の安藤家の領地でした。

元禄8年に安藤家が備中松山藩に転封となった後、
大身旗本の稲垣重定が加増されて大名となり、
所領が常陸から近江に移り、山上に藩庁を置いて山上藩が立藩。
重定は領内で奉行制度を確立させて藩政の基礎を作ります。

譜代である山上稲垣家は、代々藩主が幕閣の要職を歴任したことから、
出費が多かったとされ、それに加え火災や飢饉などの災害も相次ぎ、
藩の財政は火の車でした。


山上陣屋跡」。
愛知川と支流の和南川の合流点の西側に、
山上陣屋は建てられていました。
遺構はほとんど無いようで、周辺の石垣なんかも、
陣屋遺構ではなくその後に建てられた民家の基礎のようです。
愛知川沿いには、樹齢150年以上だろうと思われる木が立っており、
藩政時代にもそこにあったのでは?と想像するより仕方ありません。


元天神社鎮座地」と陣屋の説明板
鎮座地ということですから、廃藩後に天神社が建てられたということでしょうか?
その後、その天神社がどこに行ったのか、調べてもよくわかりませんでした。
近隣に天神社、天満宮などは見当たらない・・。
まず、説明板がかすれていて全く読めない。
もう少しどうにかならないものだろうか?

山上藩稲垣家は定府大名でしたので、江戸期にここには帰りませんでしたが、
版籍奉還後の明治2年に、8代藩主稲垣太清が初めて自領に帰り、
陣屋に御殿がないので、近隣の安養寺に居住して政務を行っています。


↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
P R
https://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf