島根県鹿足郡津和野町 岡熊臣旧宅

June 08 [Sat], 2019, 7:00
津和野城下を流れる津和野川上流の山間部の山下村に、
津和野藩校養老館の初代国学教授岡熊臣の旧宅があります。


電柱が無ければ江戸時代と全く同じであったであろう風景。
中央の建物が岡熊臣の旧宅。

岡は山下村の富長山八幡宮の神官岡忠英の子として生まれ、
幼少時より学問を好んで書物を読み漁り、
本居宣長を知って国学に傾向していったようです。
江戸へ出て本居宣長の門人村田春門の下で国学を学んだ後、
津和野に帰って日本書紀私伝三大考追考などを著しました。


岡熊臣私塾桜蔭館」碑。
岡は自宅で私塾を開き、国学を教えました。
この私塾が後の津和野藩の国学隆盛の礎となっています。


岡熊臣旧宅」。
宮大工によって建てられたもののようですが、
素人目からは当時の普通の農家建築のように見えます。
父の死後に神職を継ぎながら、ここで国学を教授しながら、
国学や和歌の研究、柿本人麿の伝記や兵書の著作を行いました。

津和野藩11代藩主亀井茲監による藩校の拡張の際、
国学教授として迎えられた岡は、学則の制定にも参加し、
儒学も教科に含まれる中で、
国学を教育の基本方針として掲げています。

すでに老齢となっていた岡は、嘉永4年に死去しますが、
養老館の国学は大国隆正らによって受け継がれました。
そうして国学が津和野藩全体の精神的支柱になり、
明治新政府に多くの人材を輩出する結果となった訳です。


↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
P R
https://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf