鳥取県鳥取市 東御館跡〜東館新田藩

November 16 [Fri], 2018, 7:00
鳥取藩の支藩鳥取東館新田藩は、鳥取藩が自領で打ち出した新田を、
鳥取藩初代藩主池田光仲の二男の池田仲澄に分知すること願い出て、
幕府に認められて立藩した藩です。

特定の領地はなく、鳥取藩の蔵米を支給される形式で、
藩政と呼べるようなものはありません。
分家を諸侯に列しさせるための方便のような藩でした。
同じく支藩の鳥取西館新田藩も同様です。

藩庁・・・と呼んで良いのか微妙ですが、
この東館新田藩主である仲澄流池田家の屋敷が、
鳥取城下にありました。

鳥取県知事公邸(東御館跡)」。
現在、仲澄流池田家の屋敷である東御館の跡は、
県知事の公邸となっていました。

幕末の藩主9代池田仲建は、幕命による京都出兵に反対し、
本家の鳥取藩主池田慶徳と対立します。
出兵における財政負担や藩内防備の手薄化が反対の理由でした。
慶徳はこれを聞き入れず、仲建は抗議のために自害しています。

維新後、東館新田藩は鹿奴(鹿野)に藩庁を置いたとされますが、
それは間違いです。
ネットではほとんどのサイトでそう説明されていますが、
実際は鹿奴に藩庁を置いた形跡はありません。

実は鳥取藩の2つの支藩は、新政府は認めていませんでした。
その理由については明らかではありませんが、
新政府側の資料にも2つの支藩の記載はありません。
維新後に鳥取藩内でのみで名付けられた呼称だったようで、
藩内文書にはそれぞれ「鹿野藩主」「若桜藩主」と記されていましたが、
新政府宛の文書には「池田従五位徳定」「池田従五位徳澄」と記され、
藩主という呼称は使用されていません。

新政府は方便だけの新田藩主を諸侯とは認めませんでしたが、
鳥取藩としては今更この両藩主を家老なりに格下げすることはできません。
そこで「鹿野藩主」「若桜藩主」と藩内のみで呼称したわけです。
つまり両支藩は、維新後も今までどおり蔵米支給の新田藩で、
カタチだけの存在も曖昧な藩でした。

ではなぜ、「鹿野藩」「若桜藩」と名付けられたのかというと、
内向きでも藩名としてふさわしいのは、旧城地であった場所。
大名として城があった土地を藩名にすることでした。
因幡国内において、城があった場所は、「鳥取」、「若桜」、「鹿野」、「浦富」です。
本城のある「鳥取」を除くと、「若桜」、「鹿野」、「浦富」となりますが、
「浦富」はすでに家老の鵜殿家の領地でしたので、
必然的に「若桜」と「鹿野」だけになります。

どちらを「若桜藩」と「鹿野藩」とするかというと、
江戸時代初期に若桜鬼ヶ城を藩庁とした若桜藩山崎家3万石の大名で、
同じく鹿野城を藩庁としていた鹿野藩亀井家4万3000石の大名。
両支藩の家格としては、東館新田藩>西館新田藩でしたので、
東館新田藩が石高の多かった「鹿野藩」に、
西館新田藩が石高の少なかった「若桜藩」にあてがわれたというわけ。

そういうわけで、ネットの情報はウソなのですが、
ネットなんてほとんどがコピペなんでね。
仕方ないといえば仕方ないんでしょうか?


↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
P R
https://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf