長崎県南松浦郡 続代官所跡

September 26 [Wed], 2018, 7:00
仕事で年に数度上五島へ行きますが、上五島を含む五島列島は、
全て福江藩領かその支藩格の富江領かと思っていましたが、
平戸藩領もあったようです。


南松浦郡新上五島町青方・浜ノ浦周辺(続代官所跡の場所)
中通島の西側にある道土井、続、浜ノ浦、飯ノ野瀬戸と、
折島、柏島、串島の三島が平戸藩領でした。
南松浦郡という地名もそういうところに由来するのでしょう。
続代官所はこれらの領地を支配していました。


上五島国家石油備蓄基地が望める続浜ノ浦に続代官所はあります。
上五島は案内標識や説明板が至る所に設置されていますので、
迷う事は少ないですね。



続代官所跡」。
石段を登ると荒れ果てた木造の屋敷が現れます。
一見、田舎の山にあるだだの古い空き家の様で、
新上五島町の文化財とのことですが、全くの手つかずのようでした。


中もかなり荒れていて崩壊寸前といった感じ。
テレビなんかもあるので、人が住んでいた模様。
廃藩置県後に払い下げられて民家になっていたものが、
人が住まなくなって廃墟となったのでしょう。
よく見ると武家屋敷だとわかる造りの家です。


タンスの上にが!
他にも江戸時代に作られたであろう物が無造作に放置されています。
こういうのって価値ないのかな?
でも何らかの手を加えるべきだと思いますね。
五島列島で唯一の現存する代官所の建物らしいので。

平戸松浦家は、元々は松浦党と呼ばれる水軍で、
頭領たる主家がいるわけではなく、
領主達の共同体のようなものだったようで、
その中で力を付けた下松浦党平戸家が、
松浦党を統一して平戸氏から松浦氏と改めて戦国大名となったようです。

この上五島の平戸領は、松浦党が統一されていない頃の鎌倉時代
五島列島にまで進出していた松浦党の一族が、
地元の青方氏と領地を争っていたもので、
それを南北朝時代に福江藩五島家の祖先である宇久氏が仲裁して、
中通島の西側が松浦党の所領となりました。
以後、松浦党の一族がこの地を治めましたが、
松浦党が統一された後はそのまま平戸松浦家の所領となり、
江戸時代の入っても安堵されて約500年間、
続代官所がこの地の行政を行っています。

かなり由緒正しい代官所のようですが、
現在の様子は無残としか言いようが無い。
今は潜伏キリシタン関連の遺跡の整備に力を入れているのでしょうけど、
手遅れにならないうちになんらかの手を入れるべきでしょうね。


↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
P R
https://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf