いらした

March 31 [Thu], 2011, 6:52
せっかくいらしたのに。

ルール不明

March 27 [Sun], 2011, 3:59
5・7・5なのか。

迫田・伊藤ペア

March 23 [Wed], 2011, 16:38
迫田への異常なまでの軽視。

March 13 [Sun], 2011, 21:22
被災地の現状をただただテレビで見守る日々。


東京ももちろん地震による影響は出たけど、東北地方の惨状を目の当たりにすると絶句する。


あっと言う間に津波に飲まれていく町。
まるでオモチャのように次々に流されていく民家や車、生活のあと。


普段何をしてもビクともしそうにない建物が、水の流れだけでもろくも崩れ去っていく。
その水の勢いは、テレビ画面からは想像できないほどの威力なんだろう。



無くなった自分の街を見て呆然と立ちつくす人の姿。

この人の生きてきた一番大切な場所が、変わり果てた姿で目の前にあるとということを考えると、思わず目を背けたくなってしまう。




対称的に、「助けて!」と架空の住所を入れるなど、ネットなどの個人的な悪意ある誤報。
その無神経さに怒りを覚えながらも、人間というものを考えさせられる。





そんな中、家族や友人からの「だいじょーぶだった?」のメールや電話。
こんな時、頭に思い浮かぶ人の安否を確かめるということが、当たり前のようだけどホントはとてもありがたい気持ちだということに気付かされる。





さっき新宿の街を歩いた。
いつもより明らかに暗い。

それは人がではなく、いろんな店が来たる電力不足に備えて節電を開始しているから。



みんなが今、自分にできることを考えて行動しようとしている。


いつもより緊張感を持ち生活している中、みんなの生きようという力と助け合う心を感じる。





被災地は今だ電気も通らず、安否不明者がたくさんいる。
そうでなくてもかなり厳しい状況にあるのは間違いない。






どうかみんな無事で。



そして1人1人が今、自分にできることを。






「日本に生まれてきて良かった」


そう改めて思える未来のために。

かり

March 08 [Tue], 2011, 20:21
変り。

キャベツボタン

March 05 [Sat], 2011, 13:59
押したが注文を聞かれた。

March 03 [Thu], 2011, 1:08
何やら物騒な名前の牛乳。
俳優 長野県出身   1983年3月15日生まれ O型