小河次郎館

September 04 [Tue], 2018, 1:01
小河次郎館

『別名』
なし

『所在地』
埼玉県比企郡小川町大塚470(大梅寺)

『城主』
小河次郎

『遺構』
なし

『城郭形態』


『駐車場』
あり(大梅寺)

『歴史』
小河次郎館についての詳しい場所と歴史は不詳ですが場所については『埼玉の館城跡』の備考欄に、大梅寺と書かれています。


大梅寺

解説板

  • URL:https://yaplog.jp/shetland/archive/345
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
初めてご連絡させて頂きました。
私、株式会社スプリックスの飯坂と申します。
突然のご連絡で大変失礼致します。

管理者様の記事を拝読させて頂きました。
城館巡りの記事が多くとても歴史好きということが伝わってきます。
行かれたお城や館など様々な情報が記事に記載されており、読むことに夢中になっていました。

弊社では、学校の先生方向けに授業準備のための無料情報サイト
「フォレスタネット」を運営しております。
この度、貴ブログに投稿されている記事の数々を拝見し、
是非私共にお力をお貸し頂けないかと思いご連絡致しました。

「フォレスタネット」は全国の先生方が実践等を共有し合うことで
先生方の授業準備をご支援するサイトです。
総数10万点以上の教材や実践例等の情報を掲載させて頂いております。
他にも、授業内で使える小噺、小ネタも掲載しております。

しかし、全国の先生をご支援する為に
より多くの情報を揃えていきたいと思っております。
つきましては、貴ブログにございます記事について、
是非フォレスタネットへ掲載させて頂けませんでしょうか。
掲載作業の一切は全て我々の方で進めさせて頂き、管理人様のお手間はとらせません。
また、記事を掲載する際の名義は管理人様の名義のまま掲載させて頂きます。
歴史の授業は暗記科目と呼ばれたり、教科書通りの授業進行になりがちだといわれます。
そんな中、歴史の人物にスポットを当てたり、教科書だけでは知り得ない場面を
取り上げる事で、歴史に思いをはせる子ども達が多くなっていくはずです。


ご不明な点も多々あるかと存じますので、何なりとご質問頂ければと存じます。
この度は突然の不躾なお願いとなり、大変申し訳ございません。
ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

ご連絡いただける際は下記のメールアドレスまでお願い致します。
m.iisaka@sprix.jp
September 22 [Sat], 2018, 19:47
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイ
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽、波乗り、城攻め、読書、映画鑑賞
    ・神社仏閣巡り、御朱印集め、史跡巡り
読者になる
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像iisaka
» 小河次郎館 (2018年09月22日)
アイコン画像ダイ
» 壬生城 (2018年03月12日)
アイコン画像knikko
» 壬生城 (2018年03月12日)
アイコン画像武蔵
» 赤山城(赤山陣屋) (2017年02月12日)
アイコン画像武蔵
» 赤山城(赤山陣屋) (2017年02月01日)
アイコン画像武蔵
» 太田窪堀之内館 (2017年02月01日)
アイコン画像武蔵
» 金子山城 (2017年02月01日)
アイコン画像ダイ
» 柏原城 (2017年01月02日)
アイコン画像福島太郎
» 柏原城 (2017年01月01日)
アイコン画像ダイ
» 杉山城 (2016年11月28日)
ヤプミー!一覧
読者になる