架空戦記一気見:ドラゴンクエスト2DS

2013年01月29日(火) 23時44分


ランプキンPのこのシリーズを2日で一気にガッと見ました。

4~5時間くらい?




ドラクエ2は初見でしたがすごく面白かったですね。

主人公の3人のキャラが立ってるし、ドットや1枚絵もクオリティ高い。


まさしくRPGの王道、架空戦記の王道でもあるでしょう。ラストは胸が熱くなる演出です。

アイドルマスターシャイニーフェスタ ちょっとしたレビュー

2013年01月12日(土) 21時54分
2012年秋に発売されたアイドルマスターシャイニーフェスタ、最近めっきりプレイもしなくなってるのですが、ここいらでちょっと個人的に評価というか感想というか、そんなんを書いていこうと思います。


【私の立場】

私はそれなりのアイマスファンですので、まずそのスタート位置を知っておいてもらいたいと思います。
基本的にアイマスのキャラ出てればわりとなんでも楽しく思う人なので、ちょっと評価は水増し気味になるかと思います。
もちろん客観的にやりたいんですけどね。

そこまでアイマスに興味ないよって人は2割引くらいの気持ちで読んでください。

【ゲーム概要】

アイドルマスターの音ゲーです。このゲーム用に書き下ろされた30分アニメや新曲もあります。
詳しくは公式サイト他で調べてください。


【プレイ状況】

3本のうち、ハニーサウンドとファンキーノートを購入しプレイ。ファンキーノートは最高難度もそれなりにプレイしました。
音ゲー経験はDSの応援団のやつを1周、ミクの初代DIVAを多少、その程度のド素人レベルです。



では本題へ

【良かった点】

○書き下ろしアニメ
アニメアイドルマスターが大好きな身として、30分の新作アニメが収録されているというのは凄い魅力です。アニメのストーリーそのものは特別どうというほどのこともないんですが、挿入される新曲とPVが凄く良くて結構感動します。
アニメファンはこれだけで結構満足するかも。

○映像
それなりに賛否ある場所だと思いますが、個人的には高評価。VITAで出してもっと高画質でたのむ、というのもわかるんですが、はっきりいって普通に楽しむには充分ですね。普段ニコニコ動画レベルで普通に満足してるレベルなら問題ありません。
ゲームのバックに流れるPVに関しては各曲2種類用意されてあって充実してますし、今までなかったアングルやエフェクトのかかったステージ映像なんかはすごく素敵です。

○楽曲
新曲がどれもすごく好きです。主題歌のmusic♪はなんか感動すら覚えます。
他にも今までゲームでは収録されなかった曲やアイドルマスター2ではない曲もあって、旧来のファンにはいいですね。

○プレイサポート
ボタンを押したときの音、カーソルの種類、カーソルの速度、そういったものがいろいろ自分の好みで選択できて親切です。
慣れない人用にお手本プレイのようなものもあって凄く役に立ちました。



【良くなかった点】

○ロード時間
結構長いです。曲選択して始まるまで、終わったあとなど、ちょくちょく長めのロードが入るので気になる人は気になると思います。
特に気になるケースは、1曲プレイしてもう1回やりなおしたい時。「もう一度プレイする」という項目がないため、また曲選択からになりロードがストレスです。対応としては、スコアが伸びないと分かっていれば途中でリトライすることですね。1回プレイしきらないうちならスムーズにリトライできますので。
あとアイマス民的にいえば、ロード時間でモバマスをポチポチできるので、まあなんとかなります。

○ボリューム
1本あたりの収録曲数がちょっと少ないかなーと思います。3本で考えると充分な量なんだろうとは思いますけどね。
やりこみ要素も微妙です。アイテム関係のコレクションはプレイしてたらそんなに苦労なく揃うので、結局は腕を上げるだけになります。まあそれが音ゲーの普通なんでしょうけど。


【その他微妙な点】

○難易度
一般的なアイマスファンの感覚として「思ったより難しい」と感じた人が多いようです。私もそうでした。左右のボタン2つでできるのでぬるいのかと思ったら、意外とそうじゃありませんでした。
厄介なのが長押しです。例えば左のボタンを長押ししながら右でリズムを刻む。これが結構難しい。慣れるまで時間がかかります。(まあシステムの抜け道やアイテムを使ってかなり楽にできることはできます)
あと、難易度は4段階なのですが、一番簡単な難易度とその上の難易度に開きがありすぎてびっくりします。
逆に高難易度は一部はかなり上級者向けな部分もありますが、かなりのゲーム下手な私でも結構高得点にできるので、腕の良い音ゲーマーにはちょっとヌルいかもですね。




【総評】

全体としてそれなりにちゃんとしたゲーム、という印象です。キャラクターゲームのスピンオフ作品といえば地雷になりやすいかと思いますが、そこはさすが(?)アイマス、しっかり遊べるものになってます。
アニメ・グラフィック・楽曲・システムどれも上々なんじゃないでしょうか。
ファン目線から見ると、ファングッズとして非情にクオリティの高いもの、だと言えるかと思います。
従来からのアイマスファン、アニメやモバマスから興味を持った人、それぞれに勧められるものであるともいえます。
音ゲーはちょっとなぁ、という人でもそれなりに遊ぶことのできるレベルですし、興味あるなら是非やってもらいたいですね。



【あえて点数化】

77点

スピンオフの軽い作品ということでベタ褒めとはいきませんが、しっかり楽しめるのでそこそこ高得点です。

2012年下半期ニコマス20選とサムネ1選(校了)

2013年01月04日(金) 23時22分
さー今期もやってきましたこの季節。

これを書いているたった今、「楽しい地獄」の第一階層(20個選ぶこと)を終えたばかりで、疲労やらなにやらで妙なテンションです。

いやー辛かった、楽しかった。今までで一番悩んだんじゃないかな。これ毎回言ってる気がするけどねw

まあそれはさておき、レギュレーションの確認からいきましょう。


―――――――――――ここから――――――――――――――
基本レギュレーション
・対象は2012年下半期(7月1日〜12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります
―――――――――――ここまで――――――――――――――
ポータルはコチラ→ニコマス20選投票所



では、私の20選をご紹介します。例によってコメントやスクショは随時追加していきます。


集計用マイリスト版






01
GetuP

魔王エンジェルの麗華を題材にしたストーリーPV。
漫画のrelationsを知っているならこれを見て何か感じざるをえないでしょう。

麗華の心象をここまで象徴的に表現する力が素晴らしい。


この動画で私が1番好きなシーンはここです。


(2:50〜3:00)
麗華が蹴飛ばした椅子を春香が何度も立て直すシーン

relationのマンガ内では麗華と春香の絡みなんてないんですよね。
じゃあなんでここで春香なのか、作者の意図は知らないけど、これは春香であり「みんな」なんだと思ってます。
もちろん765プロのみんなだけじゃない、ユニットの2人をはじめ登場人物みんな、視聴者のみんな、そして作者、その「もう一度やりなおそう。あなたにはそれができる」そういう思いがこのシーン、春香さんとなって現れたんじゃないか、そう思ってます。



拒絶していた過去の自分を飲み込み、もう一度光さすほうへ、その目が凄く綺麗



そして貴方には仲間もいる。

魔王エンジェルはまだ始まったばかりなのだ。







02
むきリンP

「みんな幸せな幸せな気持ちで一年中のお祝い事」

この動画が何でできてるかって、「幸せ」の一つに尽きる。
心の底から幸せな気持ちになるんだ。









このスクショみてもらえればわかるんですけど、お祝いされてるあずささんよりも他のみんながすっごく笑顔の良い表情なんですよ。

そういうところもやっぱりあずささんだなーって。




そしてこのサムネ一枚絵

みんなが幸せ、自分も幸せ。

最高に幸せな動画でした。






03
CDSR+島村卯月氏


この作品の曲である「S(mile)ING!」のニコニコ大百科の項をそのまま引用したい
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
本曲は、2012年8月8日発売のCD「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 010 島村卯月」に収録されている。歌は「島村卯月」。

「アイドルマスター シンデレラガールズ」が始まってから最も最初に多くの人々に認知され、今もなお「シンデレラガールズの顔」としてのイメージが強いであろう彼女が歌うのは、『アイドルに憧れていた過去の自分、そしてその憧れの更に上の存在である「トップアイドル」を目指す自分』。
「憧れ」から始まり、「夢」へとひた走る彼女の姿を歌ったこの曲は、正に「シンデレラストーリー」に相応しい曲と言えるだろう。

笑って、歌って、踊って。これから起こる出来事全てに期待し、たくさんの夢を見る。
それらはみんな自分の未来のために。彼女のシンデレラストーリーはまだ始まったばかりなのだ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
引用ここまで





765プロのアイドルが育てた樹は大きく育ち、無数の種子を撒いた。
その種子がいま芽を出した瞬間に私たちは立ち会っている。




その大きな一歩をここで見ることができる。
有料ではあるが、この生放送をまだ見ていない人は絶対に見るべきだ。決して高くない。保証する。



誰かが、プロデューサーとは「一番そばで女の子を応援する人」ということを言っていた。

私は彼女たちも全力で応援したい。






04
赤ペンP

赤ぺんさん?  凄いよね。







構成、演出、ダンス、隙が無いと思うよ。

だけど、愛も負けないよ。


えー、あどぅさ、   あずささんが躍動するこの動画を、みなさんに見て欲しいね。




はい。

まースモスリと悩みましたね。
どっちが力こもってるかっていったらあっちなんでしょうねきっと。

もちろん両方好きなんですけども、あえて言うならそうですね、ややこしいことたくさん考えるよりも好きな女性のことを考えてるほうが人間輝いてみえるのかなーって。
あくまで個人的な勝手な感想です。



すごくキラキラウフフなあずささんがちょ→素敵だった、って書けば済む話ですね。






05
泥水氏

前半いろんなギミック使って、全ては2:20からのために。



会いたかった・・・・やっと会えた!

その気持ちがいやというほど分かる。

とにかく愛おしい。

もう君なしでは生きていけないんだ。

そう思ってしまいました。



たまらない。






06
DAT3P

わからない。

自分がこの動画の何が好きなのかわからない。

しいていうなら0:26〜1:00あたりに惚れてしまったというしかない。

ただそれだけだし、実際に20選の候補から一時は外しもした。しかし戻ってきた。
一度外した候補が舞い戻るのは、去年のうしわかPのワンダーフォーゲル以来2回目だが、その時とはまた違う。あの時は説明できていた。


卓球Pの言葉を借りるなら、自分にとってこの動画は魔法がかかっている、そう言うしかない。

だれか教えてください。








07
セプタムP

この動画もなんていうか、幸せに満ちてるというかね。なんかいいですね。
特別じゃなく当たり前にある幸福、そんな作品。

もうセプタムP作品のダンスシンクロを褒めるとかそんな段階じゃない。当たり前にシンクロして、当たり前に出来上がって、当たり前に幸せになる。
特別なんだけど、当たり前なんですね。



レッツゴー→律子 という小ネタを拾う茶目っ気も好きです。






08
ribonP



あなたは忘れていませんか



16歳の春香さんの存在を



何度も何度も見てきた光景



どこにもいっていません



春香さんはそこにいます



彼女がいたから、私たちがいまここにいるんです。






09
mit氏

「耳が幸せ」

ニコニコではしばしば使う表現だけど、本当に耳が幸せだと感じるMADっていうのは1年に1本出会うかどうか、そんな感じです。

そんな作品がこれです。


0:52〜の「チャ、チャ、チャ、スッチャチャ」がもうたまらなく可愛いですよね。異論は認めません。

あ〜楓さんと一緒に温泉旅行行きたいよぉ






10
渡り鳥P

プロデュースする、ということをここまで体現しているPは他にいるだろうか。

この一言に私の思いの全てを込めることにする。






11
艦長P

圧巻の6分。ただ単に6分間ものすごいダンスを組んだだけではない。
この動画に響の全てが詰まっていると言ってもいいのかもしれない。



ダンス衣装は格好良さを



ボーカル衣装は可憐さを



ビジュアル衣装は可愛さ、あどけなさを



そしてフェアリー衣装は彼女が抱える環境と過去を


これが我那覇響である。

込められた全てを見て、今改めて我々は何を思うのか。






12
介党鱈P

ぷよm@sを選出するのはたぶん初めて。

パート1から約4年、第31回まできました。さすがに投稿ペースは落ちてますけども・・・

色あせない、どころではない。今まさに大炎が燃え盛ってる。
ニコマスにこのシリーズがあるっていうのは、凄いことだと思うよほんと。


誰かニコマス初心者に動画を勧めるとする、そんな時私はこのシリーズを薦めます。
自身を持って薦めることができる、そういうシリーズですこれは。





13
アゥP

20個目の枠に滑り込んだのがこの動画ですね。

テクニカルなカメラワークは今随一だと思ってます。好きです。




最後のサビの世界が開ける輝き、ここが選んだ決め手です。


超上質のステージPVなんですが



『ずっと抱えた想いは ずっと抱えたメッセージは そうかわがままでもいいよね 「ここだよ」』



アゥP渾身のアニマスMADだとも思ってます。違う?違うかも。






14
終わり詩P

世界を創る。このPが最初からやってきたことであり、ここに1つの到達点を見出したと言える。

これが終わり詩プロデュース『Create』であり、私はその一ファンとして最高の喜びを得たのだ。


今年はいくつか選曲面で意外性があった。演出の幅はどんどん広がっていった。

この原点ともいう場所に戻ってきたときにそれら全てが繋がり大樹と成した、そんな印象だ。





0:40

このワンカットで「あ、これは凄い動画だ」と一瞬で納得させる。もうあとは身を任せるのみ。






15
ジェットP

画面の中のアイドルがいつも以上に輝いてみえるということは往々にしてある。
しかしこの動画は、動画ファイルそのものが輝きを放っている、そう感じた。そんな経験過去にあっただろうか。

溢れている。溢れまくっている。




「あんたがこっちへ来ないのなら、私がそっちへ行ってあげる。」

そんな声が聞こえてきそうだ。





16
ホッペ君P

一時期界隈で「疾走感」という言葉が流行ったりなんかしましたけどね、その一言では現せない走りっぷりでしょうこれは。

まー私の数少ない引き出しから引用するなら、この走りっぷりでしょうか。



激しさ、力強さ、そして絶妙のバランス感覚、言葉にしづらい怪走、エンジン音が聞こえてきそうな傑作。




こんな光が出せるのがうらやましい。






17
たろうP

まあこんな私も今まで数千だか数万だかのニコマス作品をみてきたわけです。
好きな作品は山ほどあります。
好きなPもたくさんいます。
ああいうのが作れたらいいなーという憧れを持つこともあります。
こういうニコマスPになりたい、という人もいますし、こうはなれないなーと雲の上の存在に思う人も少しいます。

ただ、こんなアイドルのプロデューサーでありたい、そう思うのはたろうPが唯一です。


アイドルと同じ歩幅で歩き、常に雪歩を笑顔で見つめ、時に叫ぶ。



アイドルの一番そばで、一番大きな声で、アイドルを応援する存在。

それが私からみたたろうPであり、私がありたいと思う存在です。




ずっと見つめていたら、いつかこう目が逢うものです。








18
リンP

豆腐の角に時速765万マイルで頭をぶつけたら、死ぬ。




この動画を横アリ病患者にぶつけると、泣く。






どこかで俺も跳ねている




今さっき撮影した、謎の力によって捨てることが出来ないでいるあの日のサイリウム






19
先駆者P

選んだあとに削除されてしまいました。自薦です。

削除に関しては予想していたので・・・権利者様ごめんなさいとしか言えません。大好きな曲です。


個別記事があるので、詳しくはこちらへ http://yaplog.jp/senkusya/archive/335


今の自分の全力を出して、満足とはいかないまでも納得できるものを作ることが出来ました。
あんまり伸びなかったけども、見てくださった方に最大限の感謝を。




このシーンが最初に頭に浮かんで、そこから始まりました。これが全てかもしれません。




20
狡猾全裸富竹P



愛ちゃんきゃわわわ



もっと見下して!



そう!もっと!



はぅあぁ



ふゅわぁ



ながしめ!



半目わっほい!



く☆び☆れ



2012年下半身20選



じっとりとぉぉ!



グラップラーWAKI



首筋のマッサージ!



愛ちゃんいっつもグーしか出さないからパーだしたのに負けた!



ここの涼ちんに自分の顔をコラする遊びが今年のトレンドになるね



ヒジをクイっと、クチはパっと、めんたまはパチーー



それ以上の成長はやめるんだーー!



ジョーーースタァァァァァァァーーー!!!



きゃわわわわわわわわわわわわわわ







以上

続いてサムネ1選




メカP・蝉丸P・くるわP・SerikaP

20選本編に心底入れたかった。

笑いと数字のためにならゲロっちゃうような作業工程もやり抜く。メカPはネタ師の鑑。素晴らしい。

まあ、ガチもいいんでそっちももっとやってもらいたいっていう気持ちもあります。
どっちのメカPも今後期待しています(ぷれっしゃああああ





そして、すごく20選に入れることができなかったけど、どうしても紹介したい次点作品




次点1
アワビP

なんかね、すきなのこれ。
アワビPの前の伊織作品とかの影響もあって、こういうコールとかが凄く好きになりました。
もちろんアイマスライブでもコール打ちますし。
みんなで楽しくなるっていいですよね。




次点2
ブラッキーP

今活動してるPの中でもブラッキーPはシンクロがピカイチだと思ってます。
シンクロは結構個人の好みあるんであれですが、すごく私の感覚にフィットしたダンスをしてくれるみたいですね。
何回見ても飽きない。気持ち良い。

できればフルで見たい!w




次点3
ハムオP

なんかもう感動して泣いちゃうんですこれ。
響がんばれーーー!ってなっちゃってほんと、涙腺緩くてかなわんね。

魂こもった大傑作だと思いますよ。





次点4
しょじょんP

しょじょんPがプロデュースする千早のファンなんです。最高にかわいいよこの子





次点5
リベロP

MBFのふりつけってこんな魅力的だったのか。今更そんなことを確認できた作品です。
光の加減もすごく好み。





次点6
つばめP

いいプロデュースだった。

何を考えこのユニットのプロデュースに至ったかは私は知らないけども、心打たれたのもまた事実。

想い、動き、やり抜く。それが簡単にできれば苦労しないよ。



つばめPに最大限の賞賛を。



↓2012年下半期総括↓

はい、20選を無事書き終わりました。

なんか勝手な思いなのかもしれないけど、「満ちたりた幸せな動画」ってのが多かった気がします。

アイマス界隈が「充実」してる雰囲気といいますかね。

7thライブを大成功に納め、シャイニーフェスタも好評、モバマスはなんか毎日祭りみたいに遊んでる。

そりゃ個人個人がもつ不満ってのはあるんだけど、全体として充実してる。

そんな気持ちが私の中にもあるし、ニコマスの動画からも見え隠れしてるんじゃないかな。


すごくいい半年だったと思います。



新年早々ぷちますは早くも生活の一部となり、冬ライブも近い。

ますますアイマスが充実していくと素敵ですね。

P R
Loading
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:先駆者P
  • アイコン画像 現住所:奈良県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・インターネット-見る専+P÷2.5くらい。連絡先→@senkusya
    ・ゲーム
読者になる
2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像先駆者P
» 2011年下半期ニコマス20選(校了) (2012年01月11日)
アイコン画像ふらうぷ
» 2011年下半期ニコマス20選(校了) (2012年01月11日)
アイコン画像先駆者P
» みんな、しわっす!4はじまるよーー (2011年12月26日)
アイコン画像発光ダイオード
» みんな、しわっす!4はじまるよーー (2011年12月26日)
アイコン画像1年半前に150コマ抜いて力尽きたペンタP
» PS3で愛ちゃんが買えry   自分の新作紹介 (2011年12月21日)
アイコン画像先駆者P
» わぁい!リスペクトだってー (2011年09月18日)
アイコン画像アルマジロP
» わぁい!リスペクトだってー (2011年09月17日)
アイコン画像先駆者P
» 真誕生日おめでとー (2011年08月30日)
アイコン画像raydive
» 真誕生日おめでとー (2011年08月29日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる