アイドルマスターDS レビュー

2011年01月09日(日) 14時20分
発売から1年と4か月、購入から1年余りということで、今更ながらもアイドルマスターDSのレビューでも書いてみようかと思います。

3キャラともベストEDまでクリア済み。愛ちゃんに関しては2週目で全EDを見ました。

良い点、悪い点を挙げて、それぞれできるだけ詳しくみていきたいと思います。

【良い点】
a.シナリが魅力的
b.メインキャラ、サブキャラともにキャラが立ってて愛着がもてる。
c.曲のクオリティは流石
d..ボリューム

【悪い点】
a.レッスンやオーディションが無実化
b.操作テンポが悪い
c.ダンスエディットやカメラエディットの使い勝手が悪い


【評価し辛い点】
a.映像のクオリティ
b.多人数プレイ


それでは良い点から具体的に

【良い点】
a.シナリオが魅力的
 DSはノベルゲーと言っていいほど今作一番の見どころはやっぱりストーリーでしょう。プロデューサーではなくアイドル視点で、常に主人公と一体となってトップを目指します。
今までのアイマスと違うところは、活動週に制限がないためコミュをほぼ全て見ることができる点です。というか必須コミュを経ないと前に進まないので、ストーリーの大筋は必然的に見させられることになります。
 そしてそのシナリオはなかなか熱い。山あり谷ありで、シナリオ後半になってくるとアイドルが目に見えて劇的に成長する姿には感動です。765プロのアイドル達もしっかりストーリーに絡んできて、それぞれいい仕事をしてくれます。
 マンガにするだけあってそれに見合うシナリオをしっかり組んでくれていますね。

b.メインキャラ、サブキャラともにキャラが立ってて愛着がもてる
 もうご存じかもしれませんが、キャラが個性的です。ゲームキャラっていい加減飽和状態なんじゃないかなーと思ってたんですが、彼女たちはそれぞれ唯一無二の個性を放っています。そう、僕だ。
 個性満点なんですが、それでいて嫌なキャラっていないんですよね。個人的に尾崎さんがちょっと鬱陶しいと思ってしまったくらいで(嫌いじゃないよ)、みんな熱いものをもってそれぞれ活躍してくれます。3人のヒロインじゃなくてサブキャラの中に一番好きなキャラがいるって人も多いんじゃないでしょうか。

c.曲のクオリティは流石
 作中に登場する新曲は4つ、テーマ曲のHELLO!!と各キャラの持ち歌1曲。ほかは前の曲いくつかピックアップして使いまわされています。収録曲はちょっと少ないので、そこは不満といえば不満でしょうか。攻略上困るということはありません。
 それぞれ持ち歌は今までもありましたが、今作はまさに持ち歌です。シナリオ中ではそのキャラしか歌うことはありません。それもシナリオ後半にそれぞれ縁あって手にする曲が今作の持ち歌です。アイドルと曲が出会うドラマチックな展開には感動します。それぞれ曲単体でみてもすごく良い曲が揃ってると思います。

d.ボリューム
 アイドルが3人ということでボリュームが少ないんじゃないかという心配がありましたが、そんなことはありませんでした。1人のキャラでシナリオのラストまで、普通にプレイすると10時間は越えてくるはず。それが3人分なのでとりあえず3人クリアするだけで30時間以上です。私はもっとゆっくりプレイしてるので4周分で50時間は突破してるはず。
 まあ、無駄に時間がかかるという側面もあるのですが。
 

【悪い点】
a.レッスンやオーディションが無実化

 活動週に制限がないので、イメージレベルはいくらでも上げることができます(ランクごとに上限はあるっぽいですが)。なのでレッスンを真剣にクリアする必要はなく、適当にやってもいつかは成長します。つまりは時間がかかるかどうかの違い。
 そしてレッスンさぼったからといってオーディション受からないわけではなく、ちょっと受かり辛くなる程度です。
 はっきり言うとオーディションはストーリー上置いてあるだけ、レッスンは雰囲気上おいてあるだけ。今までのアイマスと違ってストーリーを見せたいゲームなのに、アイマスという体にこだわってしまったせいで中途半端な中身のないシステムになっています。もうちょっとなんとかならんかったのか。
 ちなみにレッスンをするとダンスエディットに使えるパネルが貰えます。一応コレクター向けのやりこみ要素ということですが、4周分してまだ6割程度しか集まっていません。被りで手に入ることもあるので、いつになったらコンプできるのやら。コンプする気力はさすがにもうありません。
 
b.操作テンポが悪い
 ボタン押した後の反応というか、次の画面への切り替わりが少し遅いです。アイマス的にはこんなものなのかもしれませんが、ノベル系のゲームとしてみると遅いです。
 特に2周目になるとぱっぱっと進みたいのにテンポが上がらなくてたるい感じ。むしろ既読スキップくらいあったほうがよかった。

c.ダンスエディットやカメラエディットの使い勝手が悪い
 こういう機能があると知ってちょっと触ってみましたが、あまりの使いにくさにすぐ投げ捨てました。私の場合はその後、MADを作る時に活用していますが、ごく少数派な使い方ですのでほとんどの人は2度と触らないで終わるでしょう。使いこなせばおもしろいのかもしれませんが、操作がイマイチなので頑張る気にならない。


【評価し辛い点】
a.映像のクオリティ

 箱の画質に慣れた人からすると、見るに堪えないという声も多いですね。私は大丈夫でした。DSとしては頑張ってると思うし、これはこれで可愛いと思えました。もちろん、HDで彼女たちの姿を見たいという願望は募りましたが。
 画質が命というわけではない人は、ここで最初から切るべきではないですね。

b.多人数プレイ
 多人数で集まることがないのでやったことがありません。ステージモードでいっぱい集まって応援プレイができるようですが、そういうシチュエーションは今となってはほとんど成立しないでしょうねえ。



【総評】
 秀逸なシナリオとキャラクター、良曲を擁して秀ゲーになる要素はあったものの、システム面でアイマスっぽさに囚われて自滅してしまった印象。逆に言えばシステムの悪さを除いてみると、高く評価してもいいかと思います。
 多少の根気と広い心がある方、旧来のアイマスファンだけどちょっと敬遠してる方、DS持ってるならやって損なレベルではないでしょう。まあDS買ってまでやるほどのものとは言えませんけども。


【採点】
 あえて点数化してみましょう。
 ズバリ「68点」 中途半端ですね。50点切るとクソゲーレベルと思ってもらえばいいですが、そこまで悪くはないです。ただ、いろいろもったいなかったゲームではあります。
 



こんなところでしょうかね。

2010年下半期ニコマス20選 

2011年01月02日(日) 2時08分
今期もやってきました。ニコマス20選

レギュレーションはこちら

2010年7月1日〜2010年12月31日の間に投稿されたニコマス新作
1人のPにつき1本ずつ
20本以内をブログやマイリストで公開して参加エントリー
※分かる範囲でP名を表記していただけると助かります


--------------------------------------------------------------------------------

ではいきましょう。



平蜘蛛P

蒼天航路好きなんです。素材になっているシーンは本編中でも有数の名シーンであります。
どこを静止画で切り抜いてもネタにしかならないのに、完全なるガチ作品なんですよ。それも魂こもったものです。
これがアーケード時代からの紳士の姿かと、納得させられてしまう。
アーケードのオフラインという、一つの時代の終わりがきてしまったけど、どうかこれからもともに歩んでほしい。そう思います。
ちなみにこれを見て蒼天航路全巻読み直してしまいました。




西岡P

分岐点がその時あった。縁あって共に歩んでいたが、別れるときがやってきた。永遠じゃないとわかっていても、それを素直に受け入れることはとても難しいものなのだ。
でもそこで立ち止まることなく、歩いていかなくちゃいけない。
またいつか会いましょう。
これから別々になるからといって、共に歩んだ事実は覆ることはないんだから。
この動画の解説なんてものはできません。辛い事実を見つめ、それでも前へ進む姿に感動しました。



ぴっかりP

こんだけ無茶なことやっておきながら安心してみてられるってどういうことなの。作る度にさらにすごくなっていく。
いったいどれだけ努力を惜しまないんでしょう。
そしてもちろん、技術を見せつけるために作ってるんじゃない。見たい、見せたい彼女たちのステージがあるから作ってるんでしょう。
まさに夢の空間がここにあります。




合作

これ初見の時はびっくりしましたねえ。すごいのが来るという話は聞いてたんですが、想像の上でした。
あーこれは20選入れちゃいそう、とその時思ったものです。最後で揺れましたが結局入れちゃいました。
何度見ても飽きないくらい情報量多いし、ぼーっと見ても綺麗だし。これはいいものです。




patoP

見るたびにため息が出る。ハルカニ一番の衝撃作でした。これ見て制作中の動画の仮組を投げ捨てようかと思いましたよ。
なんだろう、広いステージなんだけど春香さんがこの一帯の空気を丸ごと包み込んでる感じ。
そして緩急の使い方がうまい。緩から急になるときに震えがくる。
ノリだけに頼らないこんなダンスをいつか組んでみたい。
あとこんなじっくりたっぷり大胆にステージの構造を映したものってあったかなあ。ちょっとパクったんですがイマイチぱくりきれなかった。





シラカワP

本編中では描かれることのない学生生活。高校卒業という人生の節目に立ち会う律子にも、きっと何等かの学園ドラマがあったことだろう。
根拠のない制作者の妄想話、でもなんとなく素直に呑み込める。そういう上手さがあるんだろうなあと思います。




アワビP

あの、ライブに切り替わるシーン、もう心の中で「うおおおおおおおおおお」と叫びますよ。何度でも。
もちろん他のシーンも丁寧で手が込んでるんですが、なんといってもあのシーン。今期一番の興奮でした。




どきゆりP

間がすごい。伊織がうだってて、雪歩がジュースもってきて、伊織がこぼして、雪歩が拭く。それだけなのになんなのこれ。
今にも死にそうな伊織、よくこんな表情描けるなあ。
こんなシュールな内容でここまで人を引き付ける、見れば納得でしょう。
うpされた頃もほんとに暑い時でしたから、そのへんの共感みたいなのもありましたね。
コップをこかすシーンで大爆笑でした。





たろうP

ありがとう。本当にありがとう。本当なら私のような、比較的ダメージが少なくて冷静に見れる側の人が作らなくちゃいけなかった。
でもあの渦中、私は表面上クールでありつつも、本当の意味で冷静にいることはできませんでした。動揺したりショックを受けてる人を疎ましく思っていたりもしました。
でもそれは間違ってた。
アイマス2をdisってる人も、その多くはアイマスが好きなんだ、嫌いになりたくないんだ、そういう叫びだということに全く気付けなかった。座り込む人を睨むんじゃなく、手を差し伸べてともに立ち上がって前を向こう、そうするべきだったんだろう。
よもやたろうPにそれを気付かされるとは思っていませんでした。
いつも楽しそうなことに定評のあるたろうP、それは気楽なんじゃない、常に人を思い前を向いてるからなんでしょう。
本当にありがとう。
願わくは、これから始まる世界には一人でも多くの人と一緒に線を描いていきたい。




ガテラー星人P

ニコマスにおいてDSが市民権を得ることに最大級貢献したのがガテラー星人Pといっても過言ではないでしょう。
この動画をもってニコマスからは離れるということで、まさしく集大成という作品でした。
なんと生き生きとしたアイドル達だろう。
そう、彼女たちはDSで、SPで、そこで生きている。それが紛れもない事実ということがこれを見ればわかります。




under79氏

おもしろい。何度見てもおもしろい。
初見の時はずっとアップではじめ退屈な印象もあったんですが、見れば見るほどダンスのチョイスが面白くて目が離せなくなっていきました。
何百回とみてきたダンスのはずなのに、ただその組み合わせだけでまだまだこんな面白いものが作れるんですねえ。
何も誤魔化すことはない、ダンス面白いから見とけ!作者のそういう意気込みを感じました。




ジェットP

この人本当に私たちと同じ世界を見ているんだろうか。
なにがどうなって、他人の作品組み合わせてこうなるのか全く分からない。圧倒されました。
私みたいな、ちょっと思いついたので作ったとかそんなレベルじゃない。
一度脳味噌借りて、何がみえているのか体験してみたいです。




合作

企画OPとしてこれ以上ないものと言っていいでしょう。
いい、ほんと良いです。
The world is all one!!



わたまきさんP

完璧です。ゆったりめのダンスシンクロ、絶妙な替え歌、宴会芸っぽいステージと画質。そして、そこそこ似てる物真似。
絶妙に安っぽく完成されています。これはもうこれ以上どうすることもできないですね。
わたまきさんPは凄い動画いくつも出してるので迷ったんですが、とにかくこれは心地よくて大好きです。





カルミナP

千早かわいい!これ以上特に言うことがありませんw
私的に今季一番かわいい千早です。久しぶりに萌え死ぬかと思いました。




合作

0711Pはいつも楽しそうでいいなw
綺麗にまとめてくる合作が多いなか、このカオス感、これぞ0711Pでしょう。
カオスなんだけど、きれいなところはきれいだし完成度も高い。SPキャラも自然に組み込んでくるのも素敵です。
作る側も楽しそうだし、見る人が楽しめるようがんばってるし、素晴らしいですねえ。
あと、最近新作のなかった方とかもいて、そういうのも嬉しかったです。





金のP

なんちゅうものを作ってくれるんですか。もっともっと見られて欲しい。
みんな平和で楽しく過ごせる未来を切に願います。
それ以上何も語ることはできない。




赤ペンP

前向いて頑張る人が私は好きです。
彼女たちは一歩ずつ進んでる。それを見ると、追いかけなきゃなと思いますね。




さいふぉんP

8分間アイドルたちが自信満々に踊っている。精悍で凛々しい彼女たちを見ていると思わず謎の涙があふれてきます。
とにかく8分間釘づけ。まったく目が離せない。凄まじい作品です。




ドリ音P、RidgerP

もうこれはおかしい。完成前から何度も見てきましたが、何度みても飽きない。
人力ボカロって普通は声に違和感あるから何度も見るのは辛いものなんですが、これはおかしい。
何度見てもすごいし、見れば見るほどすごい。これ以上言えることはありません。


サムネ1選


NamcaP

今期現れた天才です。サムネ1選じゃなくてもよかったんですが、サムネとタイトルでまずふいたのでこちらに。
楽しい。この発想が欲しい。


以上です。

最後にマイリストも貼っておきます。

年の納めに新作も作りました

2011年01月01日(土) 0時40分



元旦からジェバンニしてた2010年、60分のやっつけ仕事で終えるのもいいだろう ということで夕方あたりから作ってみました


3時間くらいかかってしまいましたがw


小町のPVを数日前に落として、何かつくれないかなーといじってたのですがボツにしていました。

一度小町で作っておきたかったんですがどうもうまくいかなかった。

ちょっと重たいもの作ろうとしすぎだったんですね。

そういうことは年明けてから考えようということで、2010年の私らしく、HDDのフォルダから適当に引っ張り出した曲でさっくりと


まあまあ、中盤あたりはやっつけなりに納得の出来。序盤と終盤はいまいちかな。



さて、今年はジョバンニ系は控えて、ゆっくりじっくり作っていくとしますかな

あけおめです! そして12月のセレクション

2011年01月01日(土) 0時32分
あけましておめでとうございます。


今年もがんばっていきましょう。

とりあえず近日、SPを買う予定です。



それはさておき、12月のニコマスセレクションですよー





100件とかちょっと・・・


今月はすごすぎたね・・・
P R
Loading
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:先駆者P
  • アイコン画像 現住所:奈良県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・インターネット-見る専+P÷2.5くらい。連絡先→@senkusya
    ・ゲーム
読者になる
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像先駆者P
» 2011年下半期ニコマス20選(校了) (2012年01月11日)
アイコン画像ふらうぷ
» 2011年下半期ニコマス20選(校了) (2012年01月11日)
アイコン画像先駆者P
» みんな、しわっす!4はじまるよーー (2011年12月26日)
アイコン画像発光ダイオード
» みんな、しわっす!4はじまるよーー (2011年12月26日)
アイコン画像1年半前に150コマ抜いて力尽きたペンタP
» PS3で愛ちゃんが買えry   自分の新作紹介 (2011年12月21日)
アイコン画像先駆者P
» わぁい!リスペクトだってー (2011年09月18日)
アイコン画像アルマジロP
» わぁい!リスペクトだってー (2011年09月17日)
アイコン画像先駆者P
» 真誕生日おめでとー (2011年08月30日)
アイコン画像raydive
» 真誕生日おめでとー (2011年08月29日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる