第5回支倉丁・支倉坂(達人/木村浩二さん)
2018.09.26 [Wed] 20:24

第5回 支倉丁・支倉坂 
9月23日(日)
10:00〜14:00
達人/木村浩二さん
一般参加者/10名

「支倉丁・支倉坂」まち歩きルート

仙台市営地下鉄「国際センター駅」に集合。抜けるような青空の元、まち歩きをスタート。
今回はカワラバンさんにご協力いただき、広瀬川の対岸にボートで渡り、コンセキを発掘するという企画。しかし、前日までの雨で水量が多く、実施できるかどうか、カワラバンさんに現地での状況を確認してもらいつつ、ということになった。




国際センター駅から北方面、宮城県美術館・二高へ向かう。
最初の目的地は、「仙台みそ発祥の地」。仲の瀬橋西側にその石碑があり、「仙台みそ」は伊達政宗公が花壇で作らせたこと、火事で焼失しここに再建されたこと、などの表記がされており、江戸時代の地図には確かに「御塩噌蔵」と書かれている。




「川内大工町」を北へ。
「川内」とは川の内側であり、仙台藩にとって広瀬川は内堀の役割もあったため、川内は「城内」となっていた。
二高の外周の石積みは、そのコンセキ。石の形が途中で変わり、作られた年代が違うことがわかる。
東側を見ると、地形はぐっと下がり、河岸段丘がつくった高低差を感じることができる。

「川内大工町」 大正元年発行地図(所蔵/風の時編集部)

太宰さんからは、「大工町」とは大工だけが住んでいたわけではなく、いろいろな仕事を引き受けていた人、鉱山で働く人などが住むところも大工町と呼ばれていた、というお話しが。





そのまま直進、「川内明神横丁」に入る。このあたりは細い通りごとに町名が変わる。参加者の方が「昔この辺りに住んでいたんだよね」と懐かしそうに語る。「明神横丁ってことは、明神さまがあるのかなぁ」と大正時代の地図を見ると、なるほど、突き当たりに明神祠の表記があった。

「明神ヨコチョウ(横丁)」と「明神祠」 大正元年発行地図(所蔵/風の時編集部)

突き当たると、仙台赤門自動車学校、そして広瀬川の河川敷。ここで、木村塾長が今回ここをコンセキ発掘することとなったきっかけを聞く。
「五釐卦絵図」に坂と橋の描き込みがあること、「正保絵図」に支倉坂の表記があること、などから、今はない橋がここに架けられていたのではないか、そのコンセキは残っていないのか、今はなき支倉橋への妄想は膨らむばかり。今いる場所から支倉橋が架かっていたと仮定して対岸に渡り、支倉坂から支倉通りへ−−−−参加者のみなさんも一緒に、思いを馳せた。

 

広瀬川の河川敷に降りて、カワラバンさんと合流。ボートで対岸に安全に渡るにはあと10cm水位が高く、足元もかなり悪い、ということで、残念ながら今回は川渡りを断念。川岸まで降りて、対岸を見渡す。支倉坂があると思われる場所は雑草の茂みで見えず。あの辺りから、こっち側に橋が架かって、後方の通りとつながって…と想像を巡らす




ここで、ランチタイム。
持参したお弁当を広げ、さながらピクニック気分。参加者同士の交流が深まり、まち歩きだけでは得られない楽しい時間となった。塾長の周りには自然と皆が集まり、明治元年の絵図を見ながらの古地図談義に。



 
午後からは、対岸に渡れないため別ルートで支倉丁へ。支倉橋が洪水で流され、変わって架けられたと思われる「澱橋」へ。今の橋より上流側に架けられていた、明治時代の橋のコンセキを見る。





澱町からへくり沢の谷底を通り、土橋を登り、新坂通りから北四番丁通りに出て凸凹地形を実感したところで、30分を残し休憩がてらひとまず中締め。





去年まで実施していた振り返りの時間をもった。秋晴れの1日、特にまち歩きが初めてという方たちから「楽しかった」との声が上がり、仙台のまちの魅力を体感する方が増えているのを実感した。対岸に渡れなかったのは残念だったが、「またリベンジしたい!」という声が多く上がった振り返りだった。



ここからは、番外編。
有志たちで支倉通り・支倉丁へ。辻標には支倉橋があったとの記載が。フェンスの先、おそらくこの辺りからは支倉橋がかかっていたと思われる場所を覗くが、残念ながらコンセキは見つけられなかった。


 

昨年度の「せんだいコンセキ発掘塾」振り返りで使わせてもらった、宮城県知事公館へ立ち寄る。
管理者の方のご厚意で庭を見学させてもらった。冬とはまた違った装いで、美しい。




萩がキレイに咲く新坂を下り、澱橋へ戻ってきたところで、解散。思わぬ贅沢な番外編となった。





コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:せんだいコンセキ発掘塾
読者になる
2018年09月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ