日々のチャレンジから心のつぶやきまでを気づいたときに不定期掲載。最近は、ハーレーとミニが相棒。

2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sekkii
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« ハーレー☆GET! | Main | 夢のかけら »
無骨なハーレー乗り。 / 2005年09月28日(水)
無骨なハーレー乗り。

いつからハーレーが気になりだしたのか・・・。

それは、初夏前に伊豆にツーリングに行ったときのこと。
確か、伊豆スカイラインの料金所で順番待ちをしていたら、背後で大爆音が・・・。

ドドドッ、ドドドッ、ドドドッ。

みると、寝袋やテントなど大量の荷物を積んだ、すごく古そうな旧車のハーレーが8台。
そこにまたがっていたのは、無表情な顔にサングラス、日焼けして引き締まった体とタンクトップ、そして手には皮のグローブをはめた8人のハーレー乗りでした。

同じくバイクをとったばかりの友人とハーレーを真近にし、キャーキャー騒いでも一切無表情な彼ら。これでシビレました(笑)!
でも、その後、私たちが先に出ることになり、彼らは後ろに見えなくなってしまったのです。

しかし、その次の日。
伊豆半島の反対側の県道で休憩をしていたら、遠くから地面が鳴る音が。

あっ、と思ったら目の前を彼らが走り去って行く。

夢中で彼らの背中に手を振ったら、はじめ一人が気付いてくれて大きく手を振ってくれ、そのあと気付いた人も大きく足を上げてサインをくれたのです。
私も友人も夢中で手を振りました。

昨日は他人だったのが、一瞬でも思いが交差した瞬間。
昨日の厳つかった彼らと、今日の彼らのギャップ。

私の“ハーレー乗り”のイメージは、この体験によって大きく決定付けられたのでした。

もし、私が男だったら間違いなく、こんなカッコウをして乗っていると思います(笑)。

Posted at 00:56 / ハーレーな気分☆ / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/sekkii/archive/163
   
Powered by yaplog!