vol.4528 湯殿山BC

February 28 [Thu], 2019, 21:55
昨日出向いて来ました山行のレポートとなります
雪深いことで有名な月山・湯殿山エリア…冬場に訪れるのは初めてなので、かなりワクワクしてますが、単独行のBC初心者としては、やはりお初のコースは不安でいっぱいですしかし、幸い先行者がいらっしゃったので、トレースを辿りスタートから安心して歩けました


夏場、遥か頭上に位置する案内板が手の届くところに
みちのく笑い話のひとつですが「とあるメンバーが豪雪の雪国で散歩中、丁度いいベンチがあった!と腰かけて休憩していたところ…やけに眼下の車のドライバーからの視線を感じるなぁ、と思って座ったベンチを確認してみると…なんと信号機の上に腰かけていた(笑)」…まさにそれに近い感覚です。


こんな体験、滅多にできませんので、もちろんタッチしました


月山自然博物園まで来ました。ここから本格的な入山…と言った感じですね。
こちらの建物は一般住宅より遥かに背のある2階建てですが、いったい何メーター積もってるんだ!!…って驚くほどの積雪量ですね


木々の間から、遥か向こうに湯殿山が望めました片道5qだけど、結構遠いなぁ〜…。


初めに追い付いた先行者の方2名。この方々はルートから逸れて西の方角へ…。どちらのお山へ向かわれたのか…このあと登頂して下山するまでスライドしませんでした…。


序盤は比較的平らで歩きやすかったです。今回は下りだけでなく、登りもスキー(シールを貼り付けて)のバックカントリー(BC)です⛷


2組目の先行者に追い付きました。スキー1名、ボード4名、計5名のグループで、賑やかに登られていました。


さすがに斜度が増すと、スキーのシールも役不足となり外すことに…(思わずスキーアイゼンが欲しくなっちゃいました)。念の為スノーシューも背負って来ましたが、雪面が硬く少し沈む程度で歩けるのでツボ足で進みます。後方からは、先ほどのお兄さん達グループの賑やかな声(おたけび)が聞こえます


終盤に長〜く続く急斜面…なかなかシビレました〜


スタートから2時間15分掛けて、湯殿山山頂へ到着しました
冬限定で(湯殿山は神様が宿る山ですから夏道がないのです)登頂できる稀少なルートへ来れて、疲労も一機に吹き飛びました


月山〜姥ヶ岳方面…真っ白シロ助ですね(笑)


微妙な雲で、山座同定できないのが惜しい…。


大朝日岳は望めませんでしたが…


やはり雪山の眺めは格別です。BC始めて良かった…と思えた瞬間でした


風もさほど強くなく、良いコンディションの日に来れてラッキーでした


山頂でもあまり寒くありませんでしたので珍しくのんびりしていましたが、暫くすると賑やかお兄さん達のグループも登頂間近となりましたので、ここら辺でスキーを履いてお先することに…。
画像はお笑いシュプールです(笑)いやぁ〜、でも気分は最高(滑りは最低)


先週末には結構な方が滑られたハズですが、トレースが全くありません…。
地形が今ひとつ分からないので、随時スマホ山岳地図アプリでルートを確認しながら滑り降りました。斜度の緩やかなツリーランコースもイイ感じです。
因みに、滑りは決して人にお見せできるものではありません


途中で、登って来たルートへと合流しました。もう脚がプルプルです〜


ふと見上げれば太陽のリング世代的にドリカムの曲を思い出しちゃいます


自然博物園まで戻って来ました。今回も様々な雪質がたいへん難しく、とても良い勉強になりました 気持ちよく滑っていると、いきなり前へ放り出されそうになるストップ雪にはまいりました〜


昼前に無事にゴールできました。因みに今回も(下山も)歩いた方が速かったタイムでした(苦笑)…でも、まだまだ登って滑ってBC修行を続けるぞ〜ッと


『晴れの湯殿山』…ありがとうございました


ササッと片付けて帰途に着きました。雪の壁もイイ感じでした〜


R112へ降りる直前、最後の最後に…大朝日岳(右上)かな霞んでいてハッキリと確認できませんでした 今回で5回のBCが終了しました。雪山はいつも堪能できていますが、山スキーの難しさに毎回やっつけられています
















vol.4527 神が宿る山

February 27 [Wed], 2019, 23:59
先週は東京出張でお休み無し…2週間ぶりの本日のお休みは、神様が宿る湯殿山へバックカントリーしに出向いて来ました。レポートはまた改めまして


















vol.4526 今朝はお散歩トレイル!

February 26 [Tue], 2019, 20:32
今朝がた早朝は…K(@お散歩)トレイルをソロライドでした〜
前回よりスタート時間を10分早めて5:40amスタートにしてみましたが…時の移ろいはそれより早く…更にだいぶ夜明けが早まりました


お散歩コースは担ぎは皆無、バイクを押す様なキツい登りもなく、本当にまったりライドできますので、今の自分に取っては打って付けのコースです
最近はチョボチョボと新ルートを取り入れたり、ワンパターンにならないよう工夫もしています 朝日を浴びて…笑っておくれよ昔好きだった曲を思い出すなぁ


こちらに見えるはコースではありませんが、住宅街から近くとはとても思えない、意外と山深い場所もあったりします
啓蟄を一週間後に控えた本日は、夜明が早まったせいか、前回までのライド中には見掛ける事も少なかったウォーキングの方の数も、今朝は結構多く見掛けました。所詮、人も虫と同じ生き物である…と言った証でしょうか





















vol.4525 CHALLENGEチューブラー

February 25 [Mon], 2019, 20:48
☆CHALLENGE・ELITE TUBULAR!!☆
「エリート」は毎日のトレーニングと快適なライディングのためにハンドメイドされた、耐久性が高く、コストパフォーマンスを追及したチューブラータイヤです。≪¥3,660+税≫
 Challenge(チャレンジ)は伝説のハンドメイドタイヤメーカー「Clement(クレメン)」の流れを汲むブランド。世界でも2〜3しかないハンドメイドでチューブラータイヤの生産ができるチャレンジ社は、多くの有名メーカーのレース用高級チューブラータイヤのOEM生産も手がけています。それはClementの生産設備、技術、職人をすべて引き継いでいるチャレンジ社の性能と品質を世界中が認めている証ともいえます。

先日、超古参メンバー・ABSさんへお取り付け/納品させて頂きましたチャレンジのトレーニング向けチューブラーですしかし、装着する為の手作業だからこそ分かる、価格以上の品質…ただ単に安いだけのチューブラーとは一線を画す作りですチャレンジ製品は基本的にお手配品となりますが、送料は無料にてお取り寄せ可能ですので、御入用のお客様はぜひ御指名ください


















vol.4524 天空トレイルライドリポート@FUKUさん

February 24 [Sun], 2019, 19:23
「店長!フルサスMTB、1台オーダーお願いします!!」と、〇やさんからの心の声が聞こえた今朝方は、久しぶりに天空トレイルライドが開催されました


本日の参加者はSM木さん・鉄やさん・コーチ・H山さん・FUKUさんの5名


「天気よし!路面コンディションよし!雑談よし(笑)の最高に楽しい天空ロングコースライドでした」とは鉄やさんからの一言


走られた皆様、MTB日和な晴れ空の下、楽しめた様で何よりでした
本日もたいへんお疲れ様でした〜ッ



「今日のイベントも大変楽しかったのですがやはりトレイルライドとなりますと店長さんがいないと何か寂しく思いました」と、FUKUさんから有難いメッセージを頂戴しましたありがとうございます


個人的に夕べ所用により遅かったのと、昼に2台の納車がありましたので、今週も参加を見送らせて頂き失礼致しましたが、次回は大丈夫なハズですので、皆様またよろしくお願いしま〜す



















vol.4523 S様P号OH完了

February 23 [Sat], 2019, 19:17
OH及びパーツ交換作業が完了しまして、本日お引き取り頂きました大崎市にお住まいの超御常連S様PANASONICランドナー号…OH前Beforeの画です


まずは毎度の通り分解しまして普段手の入れられない部分まで磨き上げです‼


その後回転部は全てグリスアップを済ませて、ワイヤー類/チェーン等消耗品は新しいものへと交換しながら再組上げです。そして今回は、S様の御要望によりドロップハンドルからストレートハンドルへと交換しました。「少しオフロードも走れるように…」との御希望でしたので、お任せでセレクトさせて頂いたのは狭過ぎず広過ぎずの『NITTO・B853AA(580o幅)』です。それと併せてシフターも、Wレバーから(御希望の)MicroShift・SL-A08サムシフターへ交換しました。ワンポイントで赤のアルマイトカラーがイイ感じですね


最後に、剥がれ掛けていた当店のステッカーも新しくさせて頂きました


全ての作業が完了しまして、完成形がこちら…Afterの画です
ガラッと印象が変わり、まるで黎明期のMTBのようなルックスへと生まれ変わりましたS様が妄想されていらっしゃる通り、林道・河川敷やちょっとしたオフロードで取り回し良く走れる仕様に仕上がりました
S様…この度もたいへんありがとうございました明日は今日より少し穏やかで暖かくなりそうですので爽快にシェイクダウン!!と言った所でしょうか























vol.4522 今朝はソロにてトレイルライド

February 22 [Fri], 2019, 21:34
某様某号の長時間カスタム作業を終えようと頑張りましたが、最後の最後に不具合が見つかり煮詰まりつつ終了した昨夜閉店後でしたが…何かと運動不足な昨今、今朝は奮起して何とか起床…ストレス発散させる為、楽しく下れるHトレイルへソロライドしに出向いて来ました
運動してないのに体がダルく(苦笑)必然的にペースはスーパースローですが、寒過ぎない僅かに氷点下程度の気温が個人的に好きなので、走ってしまえばとても心地よいものですそんな感じで下の画像の様に霜が降りた早朝のトレイルを独り占めして開店に臨んだ本日でしたそして今日はニャンコの日ですね!

という訳で当店の愛猫…左はナナちゃん@♀右は巨体のマロ君@♂です






















vol.4521 鉄板ROADタイヤ

February 21 [Thu], 2019, 21:46
☆SPECIALIZED・S-WORKS TURBO&TURBO COTTON
SPECIALIZEDの鉄板ROADタイヤでありますS-WORKSのTURBO(¥6,000+税)とTURBO COTTON(¥9,200+税)…ともに24Cにて大好評販売中です
どちらも常時在庫を欠かさない様にしておりますので、是非お試し下さい
ひと昔前ですと、現在主流の24Cや25Cでさえ太いと考えられていましたが…SPECIALIZEDは(S-WORKS完成車に装着されているサイズからも分かる様に)今後『26C』をスタンダードサイズと位置付けして行く模様です
「リムの幅が太く、タイヤも太い、けど走りは軽い」のが現代流ですね

















vol.4520 SPECIALIZED early launch

February 20 [Wed], 2019, 20:25
本日は年に数度しかない出張で、東京は秋葉原へ出向いて来ました画像は早朝出発時、夜が明けたばかりの店近辺ピンク色の雲が印象的でした


今回は2月にしては珍しく作業が詰まっており余裕がありませんでしたので、往復とも楽して新幹線を利用しての旅でした🚅仙台から片道たった1時間半で、あッと言う間に東京へ行けちゃうので、全く便利になったものです


さてさて本題ですが…秋葉原の某ビル研修センターにて、午前中は希望店向けの『ROCKSHOX製リアブレインユニット講習会』が開催されました。ワタクシの乗っているS-WORKS EPIC29FSRにも装着されているユニットですので、たいへん勉強になりました専用ツール等揃い次第、当店でも『同ユニット(ROCKSHOX製限定)50時間乗車後点検/作業』が可能となります


一旦、昼休みを挟んで…


午後からは『EARLY LAUNCH』という、所謂ところのバイク/パーツNEWモデルの説明会がありました。情報解禁日が暫く先の商品を含め、お伝えしたいのは山々ですが、お知らせ出来ないものがたくさんありますまずは、早いものでは来週に情報解禁となるものがあります。どれも楽しみな商品ばかりで今後もSPECIALIZEDから目が離せません画像のS-WORKS TARMACはお伝えしてもOKな『S-WORKS TARMAC SL6 DISC ETAP』12速化を果たしたSRAMのNEW eTAP AXSが搭載された2020年先行NEWモデルですね
まぁ、今回は今後の方向性も見えましたし、出向いて来て良かったです


帰路の車窓から〜吾妻連峰〜@新幹線
今回は秋葉原という土地柄、黒いマスクを付けた海外の観光客がやたら多く、仙台ではあまり見かけない光景な事もあり、なんだか違和感がありました。
…と言うか、都会はやはり自分の居るべき場所ではないのだなぁ〜…、と車内で1本だけやっつけて、感傷にふけりながら帰途についたのでありました


























vol.4519 泉ヶ岳BC

February 19 [Tue], 2019, 20:37
明日は滅多にない出張が入ってしまい、今週はまさかのお休み無し…
という事で、今朝方はMTBトレイルライドにするか登山にするか迷いましたが、近場の泉ヶ岳が『てんきとくらす』で今の季節珍しくAクラスでしたので、悩んだ結果BCスキーへ出向く事にしました
前回泉ヶ岳へ登ったのはほぼひと月前の1月15日…今朝もスタート時刻はその時と同じ6:00amでしたが、だいぶ夜が明けるのが早くなりましたね〜
ヘッドランプ不要で泉ヶ岳スキー場大駐車場をスタトしたのでありました


水神様に着いた頃には、空もすっかり明るくなりました。
前回は登山靴に軽アイゼン。今回はスキー板にも使用できる兼用靴(と呼ばれているある程度は登山にも使える限りなくスキーブーツに近い靴)でしたので足首の可動域や重量により歩くスピードが全く異なります(つまり遅い)。


大岩を通過し、さいの河原まで来ました。


後白髪山や船形山方面は、ほぼ全容が見渡せました


蔵王方面は、ゴキゲンななめでした…


7:15am泉ヶ岳山頂に到着しました。前回より20分も余計に掛かってしまいました…ガックシてんくらAとは言え、山頂はさすがに風が強く、瞬く間に体が冷えるので、そそくさとスキーを履いて下山開始です…。


今回の復路は、初めてとなります滑降コースを行きます
Yu-kiさんから「(スキーでは)急過ぎませんかねぇ?!」とアドバイスを頂いていたとおり、頂上直下から暫くはとても急でした(笑)。幸い斜面が急な箇所は雪質が悪くなかったので、斜め〜斜めの初心者スベリで何とか下れました


傾斜が緩むとホッとします(笑)。天気も予想ほど宜しくありませんでした


見返平より、山頂を振り返った画
この後ツリーランとなりますが、雪質が悪く(半アイスバーン状態)初心者スベリからへっぴり腰スベリへと形態を換え(笑)何とかかんとか下り切りました。
上達する為には、試練に向き合わないといけませんから〜ッ


結局ゴールしたのは8:16am頃でした(所要時間2時間20分)。前回1時間42分ほどでゴール出来た事を考えると、歩いた方が速かった感が否めません(笑)。
今回で4回目となりましたBC(バックカントリー)スキー…まだまだ勉強中の身ですが、少しは雪山のイロハが分かって来たかなぁ…と言った感じです
予定より時間を要してしまいましたので、帰宅し開店までバタバタでした

























プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:M店長
  • アイコン画像 現住所:宮城県
  • アイコン画像 趣味:
    ・自転車-ROAD&MTBレース・ツーリング・トレイル/古道/DHライド
    ・アウトドア-山登り・古道巡り・
    ・音楽-鑑賞・アマチュアバンド活動   ☆Favorite artist:syrup16g☆
読者になる
ROAD&MTBレース/ツーリング/そして独自の山岳サイクリング活動を続ける“SEKICYCLE”のM店長です
【Keep On Riding】と【Happy BikeLife】をテーマに営業しております
気の合う仲間が集うチームも持ち、自転車のある楽しい人生を推奨してます
=2013頸椎ヘルニア手術を受けたのを機に、レース活動は細々と…マイワールドな趣味の山走り等を中心に活動中=
2019年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
Yapme!一覧